HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html


●会社卒業後、作家、大学教授を経て、現在、煉獄前期(天国への王道)に突入!

以前、このメルマガで、現在80歳の私は、終活期の一環として、次の新しいテーマ
に向けて、充電中とお知らせしておりましたが、その後の経緯について、中間報告い
たします。
★1.長年勤務した会社への最終報告とご挨拶

現在、80歳の私は、以前、長年勤務した会社(武田薬品)の同窓会会報にて次のよ
うに近況報告(一部改訂)をしました。これが会社同窓の皆さんへの最終報告とご挨
拶のつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会社同窓の皆さんへ

私は、武田薬品を卒業後、作家、研修・講演家を目指して、現在、著書累計120万
部(健康・脳力開発関係)と受講者累計一万人を達成できました。おまけとして、あ
る大学の学長・理事長の推薦により、大学教授にもなることが出来ました。これも、
武田薬品時代に皆様から種々ご薫陶を頂いたお蔭様です。誠にありがとうございまし
た。

私の研究テーマは、従来の「脳力・健康開発」から、今後は、私の年齢も考え、終活
として、「こころの能力・健康開発」にシフトしてきています。皆様のご健康にお役に
立てるよう、更なるベスト・セラーを目指しています。

このため、勉強面では、私が独自に開発した「時間管理・勉強術・仕事術」(いずれ著
書にするつもり)により、毎日、毎週の計画、カリキュラム、ノルマを決め、約20
種の勉強・編集・著述・翻訳・運動(散歩・ラジオ体操ダンベルなど)・趣味(ギター・
マラカス)を楽しみながら、行っております。
また、休養面では、毎日、睡眠時間8時間、食事・新聞・テレビ3.5時間、ネットは
1.5時間(書斎にパソコン4台を設置)、妻とのコーヒー歓談1時間などを確保してい
ます。
なお、ネットで、私の名前で検索すると、Wikipedia辞典に、いつの間にか、私が掲
載されており驚いております。(「斉藤英治」で検索)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★2.その後の経緯~現在、煉獄前期(天国への王道)に突入!

上記のように充電中に、沢山の本を読んだ中で、終活期の目標として、長い間念願し
ていた天国入国への道が開けてきました。それはカトリック公認の聖人で教会博士の
十字架の聖ヨハネの名著「暗夜」の後半を読んでいる時、私は現在、煉獄前期の道に
入っていることを確信したのです。

世界最大の単一宗教であるカトリックにおける「煉獄(れんごく):Purgatory」とは、
「天国」に入る前に浄化する期間と場所のことです。通常は、身体が死んだ後、霊魂
は、浄化を受けるため煉獄に行くものです。(よほどの聖人でなければ、直接、天国に
行くことはできません)。上記の本を読んで、身体が生きている時でも心構え次第で
煉獄に行けることが分かりました。従って、身体が生きている時の煉獄と言う意味で、
この期間を「煉獄前期」と私は名付けました。(同様に、死んだ後、霊魂が通過する道
を「煉獄後期」と私は名付けました。)

いざ、私が煉獄前期に入って見ると、そこは、ダンテの神曲で描かれている「煉獄」
のような暗く苦しいイメージではなく、むしろ、至福のパラダイス天国に向かって進
む希望ある快く充実した道であることを実感しています。もちろん、煉獄は天国に行
く前の浄化、訓練の時期なので、オリンピック候補選手がオリンピックに出場するた
めに厳しいトレーニングがあると同じように、天国を目指す人にとって、厳しい浄化
訓練を受けて行かなければなりません。

聖十字架のヨハネは、著書「暗夜」の中で、聖ベルナルドと聖トマスに従い、煉獄の
中の「神的愛の神秘の梯子、10段階」を昇らねばならないと言っています。
これらの天国に通じる煉獄の道は、カトリック2000年の歴史の中で(旧約聖書時
代を入れればユダヤ教、キリスト教、イスラム教の始祖アブラハム以来の歴史)、これ
らの聖人たちや聖書によって踏み固められた「天国への王道」です。

カトリックのすごいところは、その教義や秘儀(煉獄、天国、地獄、永遠の命、聖人
の認定など)については、長い歴史の中で、検証に検証を重ねて、認定されていると
言う点です。ちなみに、現代学問の基礎を築いた欧州の大学や図書館の多くは、カト
リックの修道院から生まれてきたものです。

著書「暗夜」の中で、今、私が読んでいる場所は、10段階中の6段階目で、この段
階における状態は、次のようになっています。私はまだまだこの段階には到達してい
ませんが、いずれそのようになると言う希望を持って進んでいます。

「主に望みを置くものは力を新たにし、鷲のように翼を買って飛翔し、力おとろえる
ことなく走り、疲れることもない。」(聖書イザヤ書40・31)

★3.「煉獄前期」で見えてくる世界、日本の光景

煉獄期とは、天国に昇っていく途中の道ですから、ちょうど、飛行機に乗って上昇す
る時のように、視界は広くなり、この世界の光景は、日々変化しています。
つまり、聖アウグスティヌス著「神の国」によれば、この世界は、神の国と地の国の
交錯したところとのことで、これまでは、地の国しか見えなかったものが、いままで、
見えなかった、その背景、背後にある神の国まで見えてくる。つまり、神の国と地の
国が交錯する壮大な世界が見えてくると言うことです。

つまり、人間や国を動かす神や天使たち、悪魔や悪霊たちの意思や動きも見えてきま
す。もちろん、コロナウィルスのことも。
煉獄前期で訓練中の私からすれば、いままで地上で起こっている様々な現象(世界の
表半分)をしっかり観察しながら、その舞台裏(世界の残り裏半分)まで見え始めて
いると言った感じです。日々、新しい発見があり、ますます、現実に目覚めて、楽し
く、興味は尽きないところです。ほぼ同じ方向で進んでいる共同研究パートナーの妻
とも、それぞれの発見を語り合っています。

私に見えてきた壮大な世界や煉獄前期での私の体験などについては、充電が終わった
ら、(あと数年後?)、皆様にお知らせしていきたいと思っています。

以上、充電中(煉獄前期で訓練中)の私の中間報告です。

/////////////////////////////////////////////////////

●斉藤英治の紹介(ネットWikipedia辞典)⇒

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%89%E8%97%A4%E8%8B%B1%E6%B2%BB
***【メルマガ概要】****************
【まぐまぐ殿堂入りメールマガジン:通常、毎月数回発行】
メルマガ「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」 
・読者16,000 (まぐまぐ 心身健康部門ベスト10) 2003/2/21創刊後17年
 登録・解除は ⇒ http://www.mag2.com/m/0000146702.html
・ベストセラー,ミリオンセラー(拙著:健康・脳力開発分野,累計120万部)
・自己啓発,自立自尊,人生成功応援メルマガ(中庸,無イデオロギー)
●私のFacebook ⇒ http://www.facebook.com/eiji.saitou.391
●私のホームページ⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/

 


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治 
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html