HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●神の導きによって

皆様。こんにちは!斉藤英治です。前号で述べた通り、私は、これから、3年間、
充電・蓄積・勉強の後、新しいテーマで発信するとしておりましたが、人生の共
同研究者の妻の方が、そろそろ発信の準備ができたようですので、妻のブログの
紹介を中心にこのメルマガを再開したいと思います。

我が家の場合、いつも妻の方が先行しています。それは、彼女は若い時から熟達
した知的な読書家であり、実践家でしたから。私から言うのもおかしいですが、
私は、妻から、これまで(キリスト教会で結婚式を挙げて以来)50年間、ずい
ぶん助けられました。私が真理探究の道程で、ここまで到達できたのも、神が妻
を私にお遣わしになり、私を導いて下さったと思い、神と妻に深く感謝していま
す。
従って、出来るだけ、妻のブログを紹介し、読者の皆様にも私が神から頂いた恩
恵の一端をお分け致したいと思います。

神のお導きとは、具体的に、どのようなものかを実感している不思議な私共(妻
と私)の体験の一つをご紹介します。のろけ話ではありません。本当の話です。
50年程前、当時27才の私は真剣に神に祈っていました。「(私の使命を達成す
るため)、私を助ける人を私に与えてください」
一方、大阪にいる私が全く知らない遠く離れた地(鳥取県倉吉市)で、彼女(当
時24才)は次のように真剣に祈っていたそうです。「私が助けることが出来る
人を私に与えてください」
そして、数年後、神は不思議な方法で彼女を大阪に送り、私と出会わせ、教会で
神の祝福の元で結婚式を挙げ、以来50年になります。(昨年金婚式を迎えまし
た)。

つまり、妻と私は、互いに助け合い、私共の使命を達成するため結婚して、いま
ここにいるのです。私どもの使命とは、メルマガ、著書などを通して、人を助け、
人のお役に立つことです。

従って、妻と私、そして、このメルマガ、著書などを継続して読んでくださって
いる皆様も、神の祝福と恩恵、導きの内にあることを確信しております。

それでは、妻のブログ最近号をご紹介します。神のお導き(これを聖霊と言いま
す)が具体的にどのように働くかその一端を知ることが出来ると思います。

///////////////////////////////////////////////////////

私の小さな歩みのブログ     斉藤作子(なおこ)

トップページ⇒  http://watasinoayumi.cocolog-nifty.com/

下記の文章 No.270

http://watasinoayumi.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-c59388.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No.270. 神の導きによって

私は決して、いわゆる「かかあ天下」ではありません。
けれども、何かが頭に強烈に閃くのは、いつも夫より私の方なのです。
そうして、閃くと同時に行動に移すのが、私なのです。
夫は、私が行動に移した後、2-3か月してから、同じ方向に歩きだすのです。
それは、私が決意したら、もう動かないと思うからかもしれません。
けれども、最近夫は2-3か月ではなく、一週間もしくは、2-3日で同じ方向
になります。

夫・・「どうしてアウグスティヌスに辿り着いたのだ?」
私・・「岩下壮一師が教えてくれたのよ」

夫・・「岩下壮一師をどうして知ったの?」
私・・「澤田昭夫教授の本よ」

夫・・「澤田昭夫をどうして知ったのか?」
私・・「現代カトリックの大きな問題点を調べていたら、澤田昭夫教授の論文を
見つけたの。ネットでね。その問題点について、詳細に書いてあったの」

私たち夫婦は、こうした会話をしました。
この会話の一連の流れが、アウグスティヌスまで到達するには、約二年かかりま
した。
この私の大きな問題、大きな疑問が、最終的に真理へのゴールに導きました。
私はこの問題点に少し触れましょう。
今ではこのことは、かなり克服し、自分で正しいとされるものを学んでいるので、
大きな疑惑に近づいても、前ほどおたおたしなくなりました。

私は、現在のカトリックの教えとあり方に、かなり悩みました。
けれども、アウグスティヌスのいうように、この世の教会は、天と地の要素が混
在していて、地球の終わりの日まで、それは続くのだということを納得し、受け
入れることができました。
*天は天の国で、神を信じる、清められた善き霊の存在するところ、地はこの世
のことで、欲望のままに生きる肉なる生き方を表す。善き霊と悪の霊の混在する
所、

教会はこの世においては、決して完全に聖なる場所ではなく、私も含めて、キリ
スト信者の心の中も、天なるものと地なるものが混在し、戦っているのだという
ことです。
また、それを許されているのは神であり、戦いの中でこそ、真実なるものが鍛え
られるからです。

現在のカトリックは公教要理を教えません。
岩下神父はこの公教要理について、詳細なる本を遺しました。
1000ページもある、「カトリックの信仰」です。
私は、公教要理は、カトリックの要であり、柱だと思っていたのですが。
これなくして、カトリックの信仰がわかるのでしょうかと私は思いますが。
教会が教えなければ、自分で学べばいいというのが、今の私の生き方です。
そのための資料や書籍は、カトリックの書店にいつもおかれているのですから。

アウグスティヌスの天の国、地の国は「神の国」と題して出されています。
邦訳で1巻から5巻まであります。
アウグスティヌスの厖大な書籍の中から、「神の国」が一番学びやすいように思
えます。
私はアウグスティヌスの書簡、キリスト教の教え、告白、ヨハネによる福音書説
教、共観福音書説教、初期哲学論、神学論、神の国の3巻、4巻、5巻を読みま
したが、やはり神の国から読んでみるのがいいと、私には思われます。
沢山の項目別があり、それぞれ説明されているので、
読みたいところを読む方法もありますが、私はだいたい通して読みます。
ときどき、少しづつ、学んで私なりに考えたことを書いてみたいと思います。

神、悪魔、天使、人間と人類の創造、神の永遠の約束、死の起源について、
自由意志による堕落、楽園における生活等々・・あらゆる方面に及んでいます。

なお、澤田昭夫教授著「革新的保守主義のすすめ」PHP研究所発行も、
とても参考になりました。

/////////////////////////////////////////////////////

***【メルマガ概要】****************

【まぐまぐ殿堂入りメールマガジン:通常、毎月数回発行】
メルマガ「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」 
・読者16,000 (まぐまぐ 心身健康部門ベスト10) 2003/2/21創刊後17
 登録・解除は ⇒ http://www.mag2.com/m/0000146702.html
・ベストセラー,ミリオンセラー(拙著:健康・脳力開発分野,累計120万部)
・自己啓発,自立自尊,人生成功応援メルマガ(中庸,無イデオロギー)
●私のFacebook ⇒ http://www.facebook.com/eiji.saitou.391
●私のホームページ⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/
●人生パートナー(斉藤作子)のブログ「私の小さな歩み」
     ⇒ http://watasinoayumi.cocolog-nifty.com/blog/

●斉藤英治の紹介(ネットWikipedia辞典)⇒

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%89%E8%97%A4%E8%8B%B1%E6%B2%BB

 


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治 
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html