HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html


●シュタイナーからスエーデンボルグへ
~人生マラソンの伴走者のバトンタッチ


★★★【まぐまぐ殿堂入りメールマガジン:通常、毎週一回発行】★★★
メルマガ「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」411号 2015/8/27
・読者19,950 (Mg2心身健康部門ベスト10)  2003/2/21創刊後13年
・ベストセラー,ミリオンセラー著者(拙著書:脳力up分野46冊,115万部)
・自己啓発,自立自尊,人生成功応援メルマガ(中庸,無イデオロギー)
・四大視点(聖書・カトリック・スエーデンボルグ・医学科学)から世界を観る。
**********************************

   【目次】

◆1)今週の論文
●シュタイナーからスエーデンボルグへ
~人生マラソンの伴走者のバトンタッチ
【目次】
★1) 今週の論文 上記テーマ
★2)スエーデンボルグの紹介(私の愛読書の著者)
★3)聖書の言葉「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これら
のものはすべて添えて与えられるであろう。」(マタイ6-33)
******************

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット
 定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコース等

◆3)私や妻のFacebook、ホームページ、ブログなど

◆4)愛する日本を守ろう!そのため推薦したい無料メルマガ、ブログ

────────────────────────────────

◆1)今日の論文557号

●シュタイナーからスエーデンボルグへ
~人生マラソンの伴走者のバトンタッチ

カトリック教会もようやく馴染んできた。若干、余裕も出てきたので、弊メル
マガも、月一回から、2週間に一度か、最終的には、週一回に戻していこうと
思っている。

考えて見れば、我が人生をマラソンとすれば、神の恵みにより、いつも、私を
助けてくれる伴走者が天使や妻とともに、伴ってくださったようである。
もちろん、妻も私にとってとても有難い伴走者となってくれたが、同時に、
下記の伴走者が入れ替わり立ち代わりに、私の人生マラソンで、私を助けてく
れているようだ。

20代、30代のプロテスタント教会時代には、神の言葉である聖書が最高の伴
走者(指針)となった。
その後、40代以降は、無教会主義の内村鑑三の全集約50巻などが伴走者とな
って頂き、教会には行かず独立、自立精神で、自分で聖書や多くの著書を学び、
それらが伴走者となってくれた。

そして、3年前にシュタイナーに出会い、伴走者になって頂き、カトリック教
会に導かれた。(3年間の間に、シュタイナー関連訳書、152冊を熟読・速読し
た)そして、本年4月にカトリック教会に入ると共に、不思議にも、シュタイ
ナーは、安心したかのように、私と妻から去って行った。

シュタイナーは、私の伴走者として、次の人にバトンを渡してくれたようだ。
次の伴走者として、バトンを受けてくれたのは、なんと、スエーデンの偉大な
科学者・神学者・聖書研究家のスエーデンボルグだったのである。不思議な神
の御業と恵みと言うほかない。

シュタイナーとスエーデンボルグ、そして、私とのつながりについては、間違
いなく、つながりの糸の中心は、聖書(神の言葉)である。具体的には、次の
通りである。ゲーテ研究者として知られるシュタイナーや、ゲーテや、そして、
以前、私の伴走者、前述の内村鑑三、国際仏教学者の鈴木大拙(スエーデンボ
ルグを日本に紹介)、ヘレン・ケラーなどが、スエーデンボルグから多大な影響
を受けたようである。

私にとっては、人生の終盤期の75歳になって、ようやく、カトリック教会に
たどり着いた訳だが、私の見る範囲では、地上では、カトリック教会は、最高
の集会の部類に入ると思っているが、この地上のカトリック教会といえども、
人間の集まりであり、発展途上の段階と言える。私と同様、まだまだ理想的と
は言えず、様々な問題もある。

もちろん、私にとって、カトリック教会も私の生活の一部ではあるが、すべて
ではない。激動する世界、日本、地域社会で生き抜いていかねばならない。こ
のような時に、頼りない私に、スエーデンボルグと言う強力な伴走者をつけて
頂いたという感じだ。誠に感謝の他ない。(幸い、不思議にも、妻も同様の道を
歩んでいる)

そのような中で、神の恵みによって、聖書とともに、スエーデンボルグの著書
(訳書)を現在、67冊が与えられた。(購入し、もう、約30冊、追加取り寄せ
中なので、蔵書は、約100冊になるだろう)。この三カ月の間に、妻と共に、
猛勉強を始めている。私がいままで知らなかった大切なことを日々教えられ、
毎日、その教えに驚嘆し、目が開かれる思いで、感動している。
日記によれば、本年5月20日、スエーデンボルグ書研究開始となっているか
ら、もう3か月経過している。
膨大なスエーデンボルグ著書の全巻を翻訳された柳瀬芳意氏の翻訳書(静思社)
が最高である。柳瀬芳意氏のご尽力とご貢献に満腔の感謝と敬意をささげる。

弊メルマガでは、追々、偉大な聖書研究家であるスエーデンボルグの珠玉のよ
うな文章を聖書と共に紹介して行こうと思っている。その初めに当たり、予告
編として、今回のメルマガでは、スエーデンボルグとはどんな人物だったのか
紹介をしておきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★2)スエーデンボルグの紹介(私の愛読書の著者)

膨大なスエーデンボルグ書の中の代表作の一つ『天界の秘儀』(アルカナ出版、
長島達也訳)の表紙裏に書かれている紹介文の抜粋は下記の通り。

「スエーデンボルグ (1688 ~1772) は、18世紀のレオナルド・ ダ
ヴィンチと言われるほど、博学多才なスウェ-デンの科学者である。 しかし一
方では、「北欧のプッダ」と綽名されるほど、宗教界と思想界に影響を及ぼした
神学者でもあった。

ルーテル派系国教会司教の次男として生まれ、ウプサラ大学で教育をうけ、英、
蘭、仏、独を巡り、啓蒙期の学者と親交をもち、数学と天文学を学んだ後、皇
帝カール十二世により王室鉱山局監視官に任命され、国会議員として国政に)
も参画、自らは最先端科学の研究に没頭した。 数ある発明発見の中には、蒸気
機関、潜水艦、飛行機などがあり、現在米国のスミソニアン博物館に、かれが
考案した飛行機の設計図が展示保管されている 。 著書も多く、中には、現代
の核物理学に近似の理論、ビッグバンを予測させる感星誕生の星雲説がある。

また解剖学、生理学に研究を広げ、人間の霊魂を肉体の中に究める中、脳脊髄
分泌液の実体、脳の運動と肺臓との同調、大脳皮質と身体の運動間の対応など
を発見している。 現在常識になっているが、左脳と右脳の理論もかれの発見に
よるものである。

しかし、その名を不朽にしたのは、宗教の分野だった。 聖書研究に転向する際、
凄ざまじい内心の葛藤があり、科学者としての功績と名誉を大切にするよう友
人に警告されながらも、真摯な学究精神に、謙虚な求道心が加わり、苦しい改
心経験を経ることで霊眼が開かれ、この世にありながら霊の世界をおとずれ、
膨大な見聞録を残し、ほとんどすべて匿名で出版した。

ただ従来の神秘家と異なるところは、特殊な修行によらず、普段の生活の中で
霊界を体験している点であり、 また従来の神学者と違うのは、科学者であった
ためか、神学上の理論的整合性を、実証科学と哲学で支えている点である。

被造物は、神の愛と知恵によって生まれたが、物質界は、それに相応する量的
実体が前提となる。 聖書は、神の霊感が源で、霊界との相応で記され、記録は
表象的、語句は含意的であると言う。一連の<みことば> の解明は、宗教上の
真理と宇宙的理法を統合するもので、宗教と科学の共存を目指す新時代の到来
を垣間見させてくれる 。

鈴木大拙によって初めて日本に紹介された「天界と地獄」は、英語版からの重
訳ではあるが、なじみ深い名著である。
今回12巻完結の 「天界の秘義  Arcana Caelestiaは、かれの畢生の代表的
大著で、内容は、旧約聖書の創世記と出エジプト記をへブル語原典から説き起
こし、霊的意味にしたがって啓き示したもので、その内容は自らの頭脳の産物
でなく、神よりのものであると言う。

三重苦の聖女と謳われたヘレン・ ケラー は、その自伝に、スヴェーデンボル
イの著書から生命の光を受けたと記している。 その他、エマソン、カーライル、
C・ユング、C・ドイルH・ジェームス、ブレイク、バルザック、ドストェフス
キー、ゲーテを始め、またわが国では内村鑑三、賀川豊彦など、宗教界、思想
界に及ぼした影響は、計り知れないものがある.

────────────────────────────────
★3)聖書の言葉「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これら
のものはすべて添えて与えられるであろう。」(マタイ6-33)

この聖書の言葉は、スエーデンボルグが愛した言葉で、スエーデンボルグ書
の中の代表作の一つ『天界の秘儀』の最初に書いている。

────────────────────────────────

[まぐまぐ!かんたんクリック投票]今号はいかがでしたか? 
興味ある、同感、役に立ったと思った方はワンクリックをお願いします!
著者に励ましを与え、読者との暖かい繋がりが生まれます。
 http://clap.mag2.com/giodialiop
投票だけもできます。必要なら著者へのメールもここから送れます。
メッセージやご質問も歓迎します。
このメルマガへ返信しても著者にメールできます。

────────────────────────────────

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット

定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコースなど

★Dコース(世界・日本名作文学作品朗読100)
★EV1(速読セミナー映像・自宅研修コース):
フォトリーディング゙を超えた第4世代!
★EV2(ブレインマッピングセミナー映像・自宅研修コース):
マインドマップを超えた!
★EV1(速読)+EV2(マップ)割引セット
★B1-B2コース超聴き10倍速
★B4コース英語超聴き

詳しくは、下記健康英知研究所ホームページ(左枠)参照
http://esaitou.c.ooco.jp/

────────────────────────────────

◆3)私や妻のFacebook、ホームページ、ブログなど

●人生パートナー(斉藤作子)のブログ「私の小さな歩み」
     ⇒ http://watasinoayumi.cocolog-nifty.com/blog/
●Facebook ⇒ http://www.facebook.com/eiji.saitou.391
(Facebook登録をされている読者の方で、私、斉藤英治に友達リクエストをし
て頂ければ、喜んで承認させて頂きます。)
●ホームページ(ベース基地)⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/
●ブログ(アメブロ) ⇒ http://ameblo.jp/harmony777/

────────────────────────────────
◆4)愛する日本を守ろう!そのため推薦したい無料メルマガ、ブログ

日本の大マスコミ(新聞、テレビ)の多くは、残念ながら、国民の利益と
自尊心を無視し、国民を自虐化し、左傾化しているように見受けられます。
これを中庸に戻し、国民の利益と自尊心、自信を取り戻すような下記メルマガ、
ブログを推薦します。これらを読んで、愛する日本を守りましょう。

【日本国民のための経済学は】
★1)無料メルマガ 三橋貴明の「新」日本経済新聞
⇒ http://www.mag2.com/m/0001007984.html
★2)ブログ 新世紀のビッグブラザーへ(三橋貴明)
⇒ http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/
上記のメルマガ、ブログは、ネット界のトップの人気ブロガーであり、ベスト
セラー作家、ご存知の三橋貴明氏の発行する無料メルマガとブログです。この
ブログのアクセス数は、一日なんと10万人とも言われています。特に従来にな
い国民のための新しい経済学を説いております。
両方とも読者登録をお勧めしたいです。(ブログの読者登録をすれば、
ブログ更新ごとに教えてくれます。)

★3)私が毎日、チェックするニュース満載のブログ【産経ニュース】
新聞社のニュースブログの中で、最もまともな、日本のことを考えてくれる。
⇒ http://www.sankei.com/

★4)人気ブログランキング:社会、経済編
ここに登録されている約8,200のブログのうち、上位1~10位を読むだけでも
圧巻です。⇒ http://blog.with2.net/rank1500-0.html

★5)【日本から】Japan on the Globe-国際派日本人養成講座
まぐまぐ殿堂入り。政治・外交・文化・歴史等、国際感覚を磨く標準、定番。
⇒  http://archive.mag2.com/0000000699/index.html

★6)【中国・日本から】「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」独自の情報網
と現地取材を駆使し世界のニュースの舞台裏を分析。様々な視点からの読者
意見欄も有益。 ⇒ http://www.melma.com/backnumber_45206/

★7)【ロシアから】「ロシア政治経済ジャーナル」北野 幸伯氏(モスクワ)
世界情勢を、わかりやすく解説。まぐまぐ大賞ニュース・情報源部門一位!
⇒   http://www.mag2.com/m/0000012950.htm


★8)【欧州ドイツから】「クライン孝子の日記」クライン孝子氏(ドイツ)。
日本の危ない現状を心から心配し、有用情報を毎日のように送ってくれます。
⇒ http://archive.mag2.com/0000098767/index.html

★9)【日本人魂が呼びかける】「政治の本質」 
このメルマガにおける評論は、政治や社会、経済の本質を突いており、将来が
嘱望される新進気鋭の論者。
http://archive.mag2.com/0000288345/index.html

★10)【日本から】「頂門の一針」気骨ある元NHK記者が編集、主宰。様々な
論者が、政治、経済、社会、放送、出版などについて様々な視点から論じる。
⇒ http://www.melma.com/backnumber_108241/

★11)「チャンネル桜」 日本を愛し日本人のためのテレビ番組を無料で
ご覧いただけます。特に討論番組は圧巻。
⇒ http://jp.youtube.com/user/SakuraSoTV
⇒ http://www.ch-sakura.jp/

────────────────────────────────
【メルマガ概要】 「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」
・主筆:斉藤英治(心身健康・脳力開発関係著書 累計46冊、115万部)
・Mg2創作メルマガ全国2位入賞

★【著者:斉藤英治プロフィール】健康英知研究所所長。
東北大卒。脳・精神科学専攻。武田薬品工業でビタミンと脳科学の学術、
研究開発を経て現職。日本綜合医学会常任理事、日本健康科学学会理事を
夫々20年間務める。IMGS大学院大学教授【学校法人エール学園・国際メンター
(教育指導者)修士養成大学院】を歴任。

────────────────────────────────
●【解除や登録、配信先の変更】(本号は、第1無料メルマガ)
配信先の解除や読者登録はこちらからお願い致します。
★マグマグの場合:⇒ http://www.mag2.com/m/0000146702.html
★このメルマガは携帯でも読めるようになりました。携帯からの登録
http://mobile.mag2.com/mm/0000146702.html

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎心と脳力upの健康医学 by Dr.斉藤英治
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000146702/index.html


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治 
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html