HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●新しい出発~最適の居所を見つけた!

★★★【まぐまぐ殿堂入りメールマガジン:通常、毎週一回発行】★★★
メルマガ「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」410号 2015/5/6
・読者21,000 (Mg2心身健康部門ベスト10)  2003/2/21創刊後13年
・ベストセラー,ミリオンセラー著者(拙著書:脳力up分野46冊,115万部)
・自己啓発,自立自尊,人生成功応援メルマガ(中庸,無イデオロギー)
・四大視点(聖書・シュタイナー・カトリック・医科学)から世界を観る。
**********************************

   【目次】

◆1)今週の論文
●新しい出発~最適の居所を見つけた!
【目次】
★1) 今週の論文 上記テーマ
★2)カトリック箕面教会(2015年4月より、妻と私が会員となった教会)
★3)私の読書生活~聖書とシュタイナー
★4)聖書の言葉「アブラハムは、出て行けとの召しをこうむった時、それに従
い、行く先を知らないで出て行った。」
******************

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット
 定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコース等

◆3)私のFacebook、ホームページ、ブログなど

◆4)メルマガ概要

────────────────────────────────

◆1)今日の論文556号

●新しい出発~最適の居所を見つけた!

ようやく住民3000人の自治会長として、全体総会を無事に終了し、新しい旅
に出発することとなった。お陰様で住民の皆さまの暖かい賛同とご協力を頂く
ことが出来た。振り返ってみると、これまで3年間、自分の住んでいる地域が
より住みやすくなるにはどうしたらいいか、地域の福利厚生のためボランティ
ア活動を行ってきたが、自治会や管理組合と言う社会の縮図、ミニ社会の中で、
様々な苦労、失敗、改革など悲喜こもごもの体験を経験した。これは一つの社
会、ミニ社会、ドイツ語で言えば、「ゲゼルシャフト」(制度的な社会)の中で生
きてきたと思われる。これらの体験は、苦労は多かったが、今後、何かで役立
ってくるだろう。

これからは、カトリック教会という「ゲマインシャフト」(目的を同じくする共
同体)の中で活動することとなる。
もちろん、カトリック教会と言えども、生きた人間の集まりだから、完全なも
のではなく、一つの高い目標を目指す、発展途上の共同体であり、私にとって
は、一歩、理想に近づいた憧れのゲマインシャフト(共同体)ということになる。

何が憧れかと言えば、毎週日曜日、同好の士、目的を同じくする友人たちと一
緒にミサに参加し、会って話が出来るということだ。思えば、20代、30代の
私は、プロテスタントの教会に行き、同様の素晴らしい交流を持ったが、40代、
50代、60代は、そのような交流を憧れつつ、自分たちに最適の共同体を探す
ことが出来ず、ついに、70代になって、ようやく、このような自分達の身の丈
に合った最適の共同体(言わば、居所)に出会ったと言うことが出来る。だか
らとても嬉しい。妻と語り合っている。「人生の終盤になって、ようやく、素晴
らしい場所にたどり着いたね。今度のカトリック教会は今生での最終の居所と
なるようにしようね」と妻と語り合っている。

★2)カトリック箕面教会(2015年4月より、妻と私が会員となった教会)
http://homepage3.nifty.com/catholic_minoo/index.html
https://www.facebook.com/Minoh.Church

私は肝に銘じている。この世で生きている間は、この共同体に属し、 愛の実践
をして行こうと。愛こそは、すべての中で、最高のものだからである。教会で
は、愛を受けるものにではなく、愛を提供するものとなって行きたい。かくて、
この共同体こそは、今生の中で、天国へのかけはしとなるのではないだろうか。
そのような理想を目指して歩んでいきたいと思っている。

★3)私の読書生活~聖書とシュタイナー

ところで、現在の私の読書と思索生活は主に次のようなものだ。
1)旧約聖書とその解説、毎日一章、30分
2)新約聖書とその解説、毎日一章、30分
3)シュタイナー文献、その1、30分
4)シュタイナー文献、その2、30分
(注1)私が聖書と共にシュタイナーを研究している大きな理由の一つは、西
洋と東洋の宗教や哲学に詳しいシュタイナーを通して、世界の中の日本人の可
能性を探究しているからだ
(注2)聖書の解説は下記を使用している。無料なので助かっている。
旧約聖書の解説⇒ http://www.logos-ministries.org/old_b.html
新約聖書の解説⇒ http://www.logos-ministries.org/new_b.html

弊メルマガでは、上記の読書と思索生活の中から、私が最も感銘を受け、読者
にもお役に立てるのではなかろうかと思った点を書くようにしている。

今回は、旧約聖書を毎日一章を読んでいる中でそのような点を述べていたいと
思う。
創世記12章~36章は、信仰の先輩、アブラハム、その子イサク、その子ヤ
コブの三代に亘る生活、生き様が書いてある。
(アブラハムは、言わば、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教と言う世界の三
大宗教の創始者)。
Wikipedia辞典によれば、2006年現在、アブラハムの宗教の信者数は約34億
人と推計されている(うちキリスト教約21億人、イスラム教約13億人、ユダ
ヤ教約1500万人)。

何しろ、アブラハムは紀元前20世紀の人物なので、いまから、4000年以上も
前のことなので、非常に昔の古い話ではあるか、しかし、実際にこの世で生き
た人々の生き様、失敗、成功談が書かれている。これらを読むと実際にこの時
代に生活した人々の生き生きとした生き様がイメージ出来、とても面白い。

例えば、アブラハムは、神から、この町を出て行けと言われた時に、すべての
生活をつけて捨てて、行く先も知らず、出て行った。

確かに、人生の中には、何かしら、直感的に、上の方から、ここから出て行き
なさいと言われるような事がある。その時に、行く先も知らずに出て行かざる
を得ない。そこには何があるか分らないのだから、不安も恐れもある。しかし、
それを実行する時、祝福されるだろう。

また、アブラハムの子、イサクの場合、この時にとどまれといわれて、忍耐を
もって、その時に長い間とどまるという場合もある。

上からの命令、アドバイス、これを召命と言うが、あるときにはこの地をいで
よ、あるときには、その時にとどまれといわれるが、その時の召命に応じて、
これを聞き分け、それに従うことが祝福の原因となると思われる。

★4)聖書の言葉「信仰によって、アブラハムは、受け継ぐべき地に出て行けと
の召しをこうむった時、それに従い、行く先を知らないで出て行った。」
(新約聖書 へブル人への手紙11章8節 )

────────────────────────────────

[まぐまぐ!かんたんクリック投票]今号はいかがでしたか? 
興味ある、同感、役に立ったと思った方はワンクリックをお願いします!
著者に励ましを与え、読者との暖かい繋がりが生まれます。
 http://clap.mag2.com/giodialiop
投票だけもできます。必要なら著者へのメールもここから送れます。
メッセージやご質問も歓迎します。
このメルマガへ返信しても著者にメールできます。

────────────────────────────────

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット

定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコースなど

★Dコース(世界・日本名作文学作品朗読100)
★EV1(速読セミナー映像・自宅研修コース):
フォトリーディング゙を超えた第4世代!
★EV2(ブレインマッピングセミナー映像・自宅研修コース):
マインドマップを超えた!
★EV1(速読)+EV2(マップ)割引セット
★B1-B2コース超聴き10倍速
★B4コース英語超聴き

詳しくは、下記健康英知研究所ホームページ(左枠)参照
http://esaitou.c.ooco.jp/

────────────────────────────────

◆3)私のFacebook、ホームページ、ブログなど

●Facebook ⇒ http://www.facebook.com/eiji.saitou.391
(Facebook登録をされている読者の方で、私、斉藤英治に友達リクエストをし
て頂ければ、喜んで承認させて頂きます。)
●ホームページ(ベース基地)⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/
●ブログ(アメブロ) ⇒ http://ameblo.jp/harmony777/
●人生パートナー(斉藤作子)のブログ「私の小さな歩み」
     ⇒ http://watasinoayumi.cocolog-nifty.com/blog/
────────────────────────────────

【メルマガ概要】 「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」
・主筆:斉藤英治(心身健康・脳力開発関係著書 累計45冊、113万部)
・Mg2創作メルマガ全国2位入賞 http://www.saitohope.com

────────────────────────────────
●【解除や登録、配信先の変更】(本号は、第1無料メルマガ)
配信先の解除や読者登録はこちらからお願い致します。
★マグマグの場合:http://www.mag2.com/m/0000146702.html
★このメルマガは携帯でも読めるようになりました。携帯からの登録
http://mobile.mag2.com/mm/0000146702.html
◎心と脳力upの健康医学 by Dr.斉藤英治
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000146702/index.html




HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治 
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html