HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●試練(苦しみ、悲しみ)の取扱説明書10の法則(改訂版)
~試練を通して人は成長、進化し、大きな収穫と喜びが待っている。


★★★【まぐまぐ殿堂入りメールマガジン:通常、毎週一回発行】★★★
メルマガ「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」397号 2014/12/16
・読者22,000 (Mg2心身健康部門ベスト10)  2003/2/21創刊12年
・ベストセラー,ミリオンセラー著者(拙著書:脳力up分野45冊,113万部)
・自己啓発,自立自尊,人生成功応援メルマガ(中庸,無イデオロギー)
・四つの視点(聖書・カトリック・シュタイナー・科学)から世界を観る。
**********************************

   【目次】

◆1)今週の論文541号

●試練(苦しみ、悲しみ)の取扱説明書10の法則(改訂版)
~試練を通して人は成長、進化し、大きな収穫と喜びが待っている。

【目次】
★1. 今週の論文 上記テーマ
★2.今週の聖書
 『鍛錬は当座は悲しいですが、後に、平和に満ちた実を結ばせる』
★3. 今週の心の歌・讃美歌「クリスマス おお!ベツレヘムの小さな町よ」
ウィーン少年合唱団
★4.今週の映像
「ていねいに生きる」(13分)シスター渡辺和子
(ノートルダム清心学園理事長)

・・・・・・

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット
 定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコース等

◆3)私のFacebook、ホームページ、ブログなど

◆4)メルマガ概要

────────────────────────────────

◆1)今日の論文542号

●試練(苦しみ、悲しみ)の取扱説明書10の法則(改訂版)
~試練を通して人は成長、進化し、大きな収穫と喜びが待っている。

先週紹介した下記弊論文について、弊メルマガの読者のかたから、

>いつもありがとうございます。10日のメルマガ
>★斉藤英治論文 「試練(苦しみ、悲しみ)の傾向と対策
>~試練の取り扱い説明書 8つの方法
>~試練を通して人は成長、進化し、大きな収穫と喜びが待っている。」
>⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/080927siren.html
>を読ませていただきました。
>法則3が抜けているのではないでしょうか。
>試練の取説、参考にできる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

と言う貴重なコメントを頂きました。ありがとうございます。

上記のご意見に基づき、法則3を補充しつつ、最近の研究結果を踏まえて改定
し、分かってきた新しい法則9、10も加え試練の取り扱い説明書 10の法則
(改定強化版)を下記の通り発表したいと思います。

*******************

●試練(苦しみ、悲しみ)の取扱説明書10の法則(改訂版)
~試練を通して人は成長、進化し、大きな収穫と喜びが待っている。

【はじめに】 人は何故苦しみ、悲しみのような試練に出会うのだろうか?こ
れは人間にとって永遠の深遠な疑問の一つだろう。試練は、辛いもので、でき
たら避けて通りたい。しかし、どうしてもやってきたら、このマニュアルを見
て、試練を上手に管理し、耐え忍ぼう。そうすれば、その後で、大きな喜びと
収穫がやってくる。

この疑問に対する解答が分からないために、一層深刻に苦しみ、悲しみ、挫折
したり、落胆したり、希望を失ったり、道を誤ったり、査察したり、また、最
悪の場合自殺したり、やけになって、犯罪や殺人を犯す人さえいる。この疑問
の解答を知らないために起こる悲劇と言わざるを得ない。(学校の先生や親が、
子供にこれを教えたら、かなりこのような悲劇は減るだろう)

試練には取り扱い説明書(8つの法則)があった!これを知れば、試練管理の
達人!
このように試練の意味と価値は、人間の進化、向上にとって、極めて重要な法
則であるから、ここで整理して、述べておきたい。

◆法則1.試練とは何か~人間の進化にとって必要欠くべからざる訓練

苦しみ、悲しみ、悩み、ストレスなどを、試練と捉えると、その処理と管理は
容易になる。
辞書を引くと、「試練とは、決心のかたさや実力などを厳しくためすこと。また、
その時に受ける苦難。用例:「厳しい試練を受ける」「試練に耐える」となって
いる。
英語では、trial(トライアル、試み)、test(テスト)、temptation(試み)、discipline
(訓練、鍛錬、修養)など。これだけ、多く用語があるということは、それだ
け、意味が深く広く、誰にでもあると言うことだ。
しれん【試練/試煉】 とは 、「試験」の試、「訓練」、「練習」の練、「煉獄」の
煉とあるようにみな同じような意味を持つ。

◆法則2.試練とは、自分を高めるため、与えられる訓練である。

つまり、試練とは、自分の理解と知恵を深めるため、自分を強くするために、
自分を進化させるため、与えられるものである。試練と言う体験を通して、人
はその分野の本当の理解を得ることが出来る。
人が、深く知らねばならないある特定分野A(その人にとってはKSF:鍵と
なる成功要因)を深く理解するためには、必ず、その分野に関して試練、困難
が与えられる。この困難、試練を通して、人は深く学び、一歩進化、前進する
のである。
また、試練は、同時に、一歩前進、軌道修正を示唆する暖かいアドバイス、警
告であるから、試練が来た場合は、注意深く、自己の思考、行動を点検し、反
省、改善すべき点があれば、軌道修正しなければならない。

◆法則3.したがって期待されている人ほど、厳しい試練が多く与えられる。
もし、あなたが試練を与えられているとしたら、それは期待されているのだ。
その覚悟で試練を訓練と受けとめて臨んだ方が良い。

逆に期待されなかったら、例えば、責任放棄した場合など自ら招く種のためだ
が、試練は与えられない。試練が与えられないほうがむしろ、本当は危険なの
である。なぜならば、試練が与えられないならば、それを克服する術も身につ
けることができず、それを進化に利用する術もつけることができず、それを自
分を強くする技術も身につけることができず、それを他人を助けるために利用
し、他人の進化を助ける事に結びつける技術も身につけることもできない。従
って、そのような人は強くもならず、凡庸で能天気の人間になってしまうから
である。

それは、丁度オリンピック選手のように、期待されている人ほど、厳しい訓練
が与えられるのと同じだ。オリンピック金メダル2個、二連覇の北島康介選手
のように、それを自覚し、その訓練の意味を自覚し、自ら進んで自己訓練を受
ける人ほど、強く、たくましくなり、自分だけでは、周りの人も助け、周りの
人に感動と勇気を与える人となるのである。

逆に、このような試練が与えられない人は、自分でその試練によって得る実を
獲得する機会も与えられないわけだから、自分を強くし進化することができず、
非常に進化の遅い凡庸な人間となってしまう。

◆法則4 試練は与えられている当座は苦しく、できれば避けたいと思うよう
な苦しみである。しかしそれを耐えた時、後からそれは間違いなく深い喜びが
やってくる。

オリンピックの時に感動を呼ぶのは、長年厳しい訓練を受け、自分を強くたく
ましくし成長させ、メダル、優勝のなどの栄誉を受けた時の感動が、人生と似
ているので、人は、それと自分の人生の重ね合わせ感動しているのであろう。
西洋の諺にあるように「地獄のような苦しみを味わわなければ、天国のような
喜びは味わうことができない」ということ。それだけ人生は味わい深いという
ことになる。
試練の後には、必ず喜びが来るというリズムがあること。試練(緊張)と喜び
くつろぎ慰め(弛緩、リラックス)、プラスとマイナスのバランスを取るために
両方とも必要だから。だから、緊張の連続では病気になる。思い切り、自分に
ご褒美を与えて楽しもう。
だから試練が来た時は、一喜一憂することなく、確実にそこから良い収穫を得
て行こう。試練の性質をよく知り、賢明な試練管理をしていこう。試練とは、
あくまでも、その人強くし、進化させる。貴重な機会、天使のようなものであ
るから。

◆法則5 その試練でマスターした人は、全く同じ試練は与えられない。

なぜならその人はそれをマスターしたから。同じような試練が与えられたと思
う場合は、よく見ると、ちょっと違った周辺の部分A´を固めるために与えら
れるか、またはそれを完全にマスターしていないためであるから、真剣にそれ
をマスターするように努める。試験に落ちたら再試験があるように、マスター
するまで繰り返し与えられるのだから。

◆法則6 耐えられないほどの試練は与えられず、与えられた試練には解決策
が必ず伴っている。

必ず解決できる、程度の試練が与えられる。またそれを逃れる道も与えられる。
つまり耐えられない試練は与えられないということ。一見、耐えられないよう
な試練が与えられるときには、同時にそれを逃れる道も与えられるということ。

試練には必ず、当面できる、短期対応解決策(応急処置)と長期対応解決策が
ある。だから、あわてずに、最初、すぐにできる応急措置をとり、次に長期に
根本を解決する長期対応策と練ってじっくり実行していく。名人宮本武蔵流に、
敵が十人向かってきたら、十人を一度に相手にせず、右か左にとび、右端か左
端の一人を倒す。そうすればエネルギーは10分の一で済み、10倍の力を発
揮できる。

◆法則7 若干、難解な法則だが、自分に与えられる試練は、実は、それは、
自分の深層の潜在意識(自分の本質、SQ)が望んでいたものである。

それが形を変えて与えられている。だから、耐え忍んで、試練の実を獲得すべ
きである。丁度オリンピック選手が心の中で厳しい訓練を望み、厳しい訓練を
耐え忍んで、栄誉を獲得するように。

◆法則8 試練は、何歳になっても訪れる。その度に試練は、洗練され、収穫、
喜びや自由も多くなり、精神も向上していく。

それは何歳になってもまだ学ぶべきことがある、最後の日まで学ぶことがある。
最後の日まで期待されているということだから、これに書いてその問題をとき
学ぶべきである。ただ、真剣に学んだ人はそれだけ落ち着いて、収穫も多くな
る。耐えられないことは与えられない。収穫も成熟し安定してくる。

こうして人は日々試練を通して深く学び進化向上していく。それはその人が期
待されているため、その試練を活用して、立派に強くたくましく明るくなって
いくためだ。
このような深い喜びと平安は、試練を訓練として、耐え忍び、厳しい訓練を受
け、鍛えられる者に与えられるご褒美であり、金メダルのような栄誉である。
そして、徐々に、着実に、平安度、成熟度、安らかさ、喜び、安定感は、上昇
し、晩年にピークに達する。
そして純粋な部分のみを持ったまま、死を迎え、次の再生まで睡眠をとり、整
理し、次の再生時は、これ以上からスタートできるのである。

◆法則9.原因と結果の法則(カルマの法則)により、試練(過去からの結果)
が与えられる時(現在)は、運命(未来)を形成する原因を創っている。

従って、いま(現在)を大切にし、過去にこだわることなく、いま(現在)の
時に、未来の運命づくりに励もう。つまり、過去を忘れ、未来に向けて、現在
の時間に最善を尽くすとき、苦しみや悲しみは流れ去り、新たな力が生まれて
くる。

◆法則10:原因と結果の法則(カルマの法則)を適用すれば、試練は、感情
を悲しみから喜びと慰めに変化させることができる。

いま受けている試練を単なる結果と考えれば、悲しく苦しい思いをするだけだ。
しかし、いま受けている試練を、これから起こる事柄の原因と見なすならば、
その考えは、自分の感情を、悲しみや苦しみから、喜びと、慰めに変化させる
ことができる。つまり、カルマの法則を理解することによって、感情を正常に
制御でき、感情のままに流されることはなくなる。

****************************

★シュタイナー論文から見た試練の意味と役割

以上が、試練(苦しみ、悲しみ)の取扱説明書10の法則(改訂版)であるが、この
中で、新たに追加した法則9、10の「原因と結果の法則(カルマの法則)」に
ついては、非常に奥深いものがあるので、カルマの法則にかけては、欧州で第
一級の研究者と考えられるルドルフ・シュタイナー(1861-1925)の、上記に
該当する原文(和訳)抜粋を直接、味わってみよう。

「シュタイナーのカルマ論」ルドルフ・シュタイナー著、高橋巌訳 春秋社p12

「運命の打撃に遭遇したことを単なる結果と考えるならば、悲しい思いをする
だけでしょう。 その打撃を後に起こる事柄の原因と見なすならば、たぶんそれ
を喜びと感じることさえできます。 なぜなら、ひとかどの人物になれたのは、
運命の打撃のおかげだったのですから。
このように、人生のある出来事を結果ではなく、原因であると見ることで、私
たちは感情を本質的に変化させることができます。 人生の出来事を、単なる結
果と見るか原因と見るかはどうでもいいことではありません。 もちろんつらい
出来事が生じた時点では、まだその結果を知ることができませんが、カルマの
法則を身につけることができていれば、そのカルマの法則そのものが私たちに
次のように語ってくれるでしょう。 「今の時点では、この出来事はつらいもの
であろうし、これまでのことの結果であるとしか思えないであろう。 しかしそ
れを未来への出発点にすることもできるはずだ」「この出発点はいろいろな結果
を生じさせるであろう。 その結果はこの出来事をまったく別の光の下に照らし
出すことになるであろう」と。 カルマの法則は、慰めの源泉になりうるのです。」

★2.今週の聖書『鍛錬は当座は悲しいですが、後に、平和に満ちた実を結ばせ
る』(抜粋)

新約聖書(新共同訳) ヘブライ人への手紙12-5

「わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。主から懲らしめられても、力を
落としてはいけない。なぜなら、主は愛する者を鍛え、子として受け入れる者
を皆、鞭打たれるからである。
あなたがたは、これを鍛錬として忍耐しなさい。神は、あなたがたを子として
取り扱っておられます。いったい、父から鍛えられない子があるでしょうか。
・・・およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと
思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に
満ちた実を結ばせるのです。だから、萎えた手と弱くなったひざをまっすぐに
しなさい。」

★3. 今週の心の歌、讃美歌 
ウィーン少年合唱団「クリスマス おお!ベツレヘムの小さな町よ」
Christmas- O Little Town of Bethlehem - Vienna Boys Choir

⇒ http://goo.gl/rXrQbs

★4.今週の映像
 「ていねいに生きる」(13分)
シスター渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)150万部のベストセラー著
者としても有名なシスター渡辺和子がやさしく語りかけます。
⇒ https://www.youtube.com/watch?v=1bbowVc7fsU
 
────────────────────────────────

[まぐまぐ!かんたんクリック投票]今号はいかがでしたか? 
興味ある、同感、役に立ったと思った方はワンクリックをお願いします!
著者に励ましを与え、読者との暖かい繋がりが生まれます。
 http://clap.mag2.com/giodialiop
投票だけもできます。必要なら著者へのメールもここから送れます。
メッセージやご質問も歓迎します。
このメルマガへ返信しても著者にメールできます。

────────────────────────────────

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット

定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコースなど

★Dコース(世界・日本名作文学作品朗読100)
★EV1(速読セミナー映像・自宅研修コース):
フォトリーディング゙を超えた第4世代!
★EV2(ブレインマッピングセミナー映像・自宅研修コース):
マインドマップを超えた!
★EV1(速読)+EV2(マップ)割引セット
★B1-B2コース超聴き10倍速
★B4コース英語超聴き

詳しくは、下記健康英知研究所ホームページ(左枠)参照
http://esaitou.c.ooco.jp/

────────────────────────────────

◆3)私のFacebook、ホームページ、ブログなど

●Facebook ⇒ http://www.facebook.com/eiji.saitou.391
(Facebook登録をされている読者の方で、私、斉藤英治に友達リクエストをし
て頂ければ、喜んで承認させて頂きます。)
●ホームページ(ベース基地)⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/
●ブログ(アメブロ) ⇒ http://ameblo.jp/harmony777/
●人生パートナー(斉藤作子)のブログ「私の小さな歩み」
     ⇒ http://watasinoayumi.cocolog-nifty.com/blog/
────────────────────────────────

【メルマガ概要】 「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」
・主筆:斉藤英治(心身健康・脳力開発関係著書 累計45冊、113万部)
・Mg2創作メルマガ全国2位入賞 http://www.saitohope.com

────────────────────────────────
●【解除や登録、配信先の変更】(本号は、第1無料メルマガ)
配信先の解除や読者登録はこちらからお願い致します。
★マグマグの場合:http://www.mag2.com/m/0000146702.html
★このメルマガは携帯でも読めるようになりました。携帯からの登録
http://mobile.mag2.com/mm/0000146702.html
◎心と脳力upの健康医学 by Dr.斉藤英治
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000146702/index.html

HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治 
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html