HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●仏陀とキリストによる人類の進化と発展

★★★【まぐまぐ殿堂入りメールマガジン:通常、毎週日曜発行】★★★
メルマガ「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」394号 2014/11/17
・読者22,000 (Mg2心身健康部門ベスト10)  2003/2/21創刊12年
・ベストセラー,ミリオンセラー著者(拙著書:脳力up分野45冊,113万部)
・自己啓発,自立自尊,人生成功応援メルマガ(中庸,無イデオロギー)
**********************************

   【目次】

◆1)今週の論文538号

●仏陀とキリストによる人類の進化と発展
   ~ヘーゲル弁証法による表現と解決

【目次】
★はじめに・これまでの経緯
★1. 今週の論文 
  ●仏陀とキリストによる人類の進化と発展
   ~ヘーゲル弁証法による表現と解決
★2.今週の聖書
「あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分です。」
★3. 今週の心の歌 
「平和の祈り」(世界中で親しまれているアシジの聖フランシスコの祈り)
★4.今週の映像
「幸せのひけつ」(13分)シスター渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)
★5.今週のレビュー 「シュタイナー研究べんりノート」の復活
シュタイナーの研究・学習をして見たいと思われる方々のために

・・・・・・

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット
 定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコース等

◆3)私のFacebook、ホームページ、ブログなど

◆4)メルマガ概要

────────────────────────────────

◆1)今日の論文538号

【お知らせ】私は、毎週、日曜日は、カトリック教会に行っているため、弊メ
ルマガは、翌日の月曜日ごろになるのでご了承願いまず。

★ はじめに・これまでの経緯
<既述の通り、私は、20代・30代の20年間は、キリスト教会(プロテスタン
ト系)に行き、教会学校の教師や聖書研究会を主宰していた。

その後、40代・50代・60代の30年間は、なぜか、キリスト教会を離れ、無
教会の世界を旅した。(この間、無教会の内村鑑三、中村天風、インド・アユル
ベーダ、日本の禅、精神医学者カール・ユングなどの書籍に出会う。

そして、最後に出会ったゲーテ研究家シュタイナーの研究によって、再び、聖
書の研究とキリスト教会(カトリック系)に引き戻された。>

・・・

論文538号 
●仏陀とキリストによる人類の進化と発展
   ~ヘーゲル弁証法による表現と解決

以前、弊論文535号で、述べたように、仏陀(仏教の開祖ブッダ:紀元前約500
年頃)は、人生の四大苦、「生・老・病・死は苦である」と説いた。つまり、生
きること・老いること・病気になること・死ぬことは、苦しみである、と述べ
た。

その後、約500年経過して、キリスト(紀元・元年)、これらの苦しみは、キリ
ストの実際行動(十字架刑による死と復活)によって、これらのすべての苦しみ
から、癒され、救済される事を、キリストご自身の行動によって実現した。

このように、地球上に生きた二大偉人、仏陀とキリストの教えは、対立するも
のであろうか。または、仏陀の教えは、キリストの教えによって、無効になっ
たのであろうか。
または、人類の進化と発展に、寄与したのであろうか。

この問題について、ゲーテ研究者・哲学者のルドルフ・シュタイナー
(1861-1925)は、その約50年前に生きた哲学者ヘーゲル(1770-1831)によ
って確立された「ヘーゲル弁証法」による「止揚する」と言う言葉を使って、
見事に、表現し、解決している。また、この問題は、シュタイナーのように、
人類の起源から深く理解しているのでなければ、解決出来ないだろう。

この問題を解決すれば、人類にとっての最大問題の一つ、宗教間の対立から、
救済され、進化と発展につなげる事が出来、その大いなる示唆、ヒントとなる
であろう。

従って、この問題について、読者と共に、シュタイナーの原文(和訳・抜粋)
と聖書に当たり、解決のヒントを読者と共に考えてみたい。そうすれば、自分
自身の問題だけでなく、今人類が抱えている最大問題の解決の糸口ともなると
思われるからである。

ちなみに、ヘーゲル弁証法とは、下記のとおりである。

Wikipedia辞典より
「止揚(しよう、独: aufheben、アウフヘーベン)は、ドイツの哲学者である
ヘーゲルが弁証法の中で提唱した概念。
ドイツ語の aufheben には、廃棄する・否定するという意味と保存する・高め
るという二様の意味があり、ヘーゲルはこの言葉を用いて弁証法的発展を説明
した。つまり、古いものが否定されて新しいものが現れる際、古いものが全面
的に捨て去られるのでなく、古いものが持っている内容のうち積極的な要素が
新しく高い段階として保持される。
このように、弁証法では、否定を発展の契機としてとらえており、・・・「否定
の否定の法則」あるいは「らせん的発展」として自然や社会・思考の発展の過
程で広く作用していると唱えられるようになった。
国語辞典などでは、違った考え方を持ち寄って議論を行い、そこからそれまで
の考え方とは異なる新しい考え方を統合させてゆくこと、という説明がなされ
ることがある。」

ルドルフ・シュタイナー著、西川隆範訳「シュタイナー霊的宇宙論」p12

一仏陀の教えとキリストの福音一

「偉大なる仏陀が人生の苦しみについての偉大な真実を、内なる悟りを通して
請観したことは、すべて真実である。 最後の一点一画にいたるまで真実である。
何ひとつ例外はない。 すべてその通りだ。 すべてがその通りだからこそ、誕
生が苦であり、病気が苦であり、老化が苦であり、死が苦であるからこそ、キ
リスト衝動が私たちにとって力強く、偉大なる救済手段になる。 どんな偉大な
衝動も、世界をそこから引き上げてはくれず、苦悩が存在しつづけていること
が真実であるからこそ、キリストはこの苦しみを止揚する存在なのだ」

なぜキリストは地上で福音を語ったのでしょうか。 なぜなら仏陀が真実を語っ
たからです。 根源の宇宙叡智が純粋に働いている霊界の高みから、人類は地上
に下降するように導かれました。 独立した自由な存在になるために、人類は物
質界で生きるように導かれねばなりませんでした。

そしてそれと共に、人生は苦となり、病気は苦となったのです。 しかしそれと
同様に、この不可避の現実に対する偉大な救済手段が、進化発展の過程で生じ
なければなりませんでした。 「確かにこの世の現実について言われたことは真
実だ。 しかしこの真実を通して表現されている事柄を、健全な方向に発展させ
るための救済手段もまた私たちに与えられている」

 そう語る人は、一 体何らかの現実を否定しようとしているでしょうか。 そん
なことはありません。 私たちがこれから探求しようとする霊界のヒェラルキア
においては、仏教対キリスト教、キリスト教対仏教という対立は存在しません。
仏陀はキリストに、キリストは仏陀に手をさしのべています。 しかし人類の進
化を否定することは、私たち地上の進化におけるキリストの救済行為を否定す
ることです。」

★2.今週の聖書「あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部
分です。」

今回のテーマについて、思い浮かんだのは、次の聖書の箇所です。
私は、全人類を含む地球・宇宙全体を一つの生命体、キリストのからだ、と考
えているからだ。

新約聖書(新共同訳) コリントの使徒への手紙1第12章

『体は一つでも、多くの部分から成り、体のすべての部分の数は多くても、体
は一つであるように、キリストの場合も同様である。・・・足が、「わたしは手
ではないから、体の一部ではない」と言ったところで、体の一部でなくなるで
しょうか。耳が、「わたしは目ではないから、体の一部ではない」と言ったとこ
ろで、体の一部でなくなるでしょうか。・・・あなたがたはキリストの体であり、
また、一人一人はその部分です。』

★3. 今週の心の歌 「平和の祈り」(世界中で親しまれているアシジの聖フラ
ンシスコの祈り)
修道院のチャペルでのシスターたちの祈りの歌です。写真は全て、アシジ(イ
タリア)の風景です。

⇒ https://www.youtube.com/watch?v=OQmiujJxGJQ

「平和の祈り」はアシジの聖フランシスコの祈りとして広まり、世界中で親し
まれています。マザーテレサも大切にした祈りです。日本でもすでに名作曲家
の手による素晴らしい合唱曲が数曲ありますが、全ての人の幸せと平和な世界
を願い、祈りながら歌にしました。

★4.今週の映像
 「幸せのひけつ」(13分)シスター渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)
   ベストセラー著者としても有名なシスター渡辺和子がやさしく語りかけま
す。

⇒ https://www.youtube.com/watch?v=Lme0avC6344

★5.今週のレビュー 「シュタイナー研究べんりノート」の復活

シュタイナーの研究・学習をして見たいと思われる方々のためにシュタイナー
論文一覧表(日・独・英文対比)など、シュタイナーを研究、学習する時にべ
んりな「シュタイナー研究べんりノート」を弊ホームページ上で復活しました。

⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/022steiner-benri-note2.html

これは、弊ホームページのトップページの右枠内から入れます。
(⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/  )

────────────────────────────────

[まぐまぐ!かんたんクリック投票]今号はいかがでしたか? 
興味ある、同感、役に立ったと思った方はワンクリックをお願いします!
著者に励ましを与え、読者との暖かい繋がりが生まれます。
 http://clap.mag2.com/giodialiop
投票だけもできます。必要なら著者へのメールもここから送れます。
メッセージやご質問も歓迎します。
このメルマガへ返信しても著者にメールできます。

────────────────────────────────

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット

定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコースなど

★Dコース(世界・日本名作文学作品朗読100)

★EV1(速読セミナー映像・自宅研修コース):
フォトリーディング゙を超えた第4世代!
★EV2(ブレインマッピングセミナー映像・自宅研修コース):
マインドマップを超えた!
★EV1(速読)+EV2(マップ)割引セット
★B1-B2コース超聴き10倍速
★B4コース英語超聴き

詳しくは、下記健康英知研究所ホームページ(左枠)参照
http://esaitou.c.ooco.jp/

────────────────────────────────

◆3)私のFacebook、ホームページ、ブログなど

●Facebook ⇒ http://www.facebook.com/eiji.saitou.391
(Facebook登録をされている読者の方で、私、斉藤英治に友達リクエストをし
て頂ければ、喜んで承認させて頂きます。)
●ホームページ(ベース基地)⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/
●ブログ(アメブロ) ⇒ http://ameblo.jp/harmony777/
●人生パートナー(斉藤作子)のブログ「私の小さな歩み」
     ⇒ http://watasinoayumi.cocolog-nifty.com/blog/
────────────────────────────────

【メルマガ概要】 「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」
・主筆:斉藤英治(心身健康・脳力開発関係著書 累計45冊、113万部)
・Mg2創作メルマガ全国2位入賞 http://www.saitohope.com

────────────────────────────────
●【解除や登録、配信先の変更】(本号は、第1無料メルマガ)
配信先の解除や読者登録はこちらからお願い致します。
★マグマグの場合:http://www.mag2.com/m/0000146702.html
★このメルマガは携帯でも読めるようになりました。携帯からの登録
http://mobile.mag2.com/mm/0000146702.html
◎心と脳力upの健康医学 by Dr.斉藤英治
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000146702/index.html


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治 
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html