HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●人生の四大苦(生老病死)を根本的に解決

★★★【まぐまぐ殿堂入りメールマガジン:通常、毎週日曜発行】★★★
メルマガ「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」391号 2014/10/27
・読者22,000 (Mg2心身健康部門ベスト10)  2003/2/21創刊12年
・ベストセラー,ミリオンセラー著者(拙著書:脳力up分野45冊,113万部)
・自己啓発,自立自尊,人生成功応援メルマガ(中庸,無イデオロギー)
**********************************

   【目次】

◆1)今日の論文535号

●人生の四大苦(生老病死)を根本的に解決

【目次】
★1.はじめに・これまでの経緯
★2.これからは、聖書・カトリック・シュタイナーの三大研究で行く
★3.人生の四大苦(生・老・病・死)を解決する
★4.今週の聖書
★5.今週の聖歌・讃美歌・私の心に響いた歌

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット

 定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコース等

◆3)私のFacebook、ホームページ、ブログなど

◆4)メルマガ概要

────────────────────────────────

◆1)今日の論文535号

●人生の四大苦(生老病死)を根本的に解決

目次
★1.はじめに・これまでの経緯
★2.これからは、聖書・カトリック・シュタイナーの三大研究で行く
★3.人生の四大苦(生・老・病・死)を解決する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★1. はじめに・これまでの経緯
弊メルマガを二週間ほど休んだので、心配して下さった読者の方からメールを
頂いたので、下記のようにご返事しました。
「ご心配頂きありがとうございます。お陰様で私は大変元気です。ただ少し住
民3000人の自治会長の責務(かなり激務です)を果たすために、また、46冊
目の著書の最終校正に忙しいので、メルマガを書く時間がないので、メルマガ
を二週間ほど休みましたが、来週は書く予定です。ご安心ください。ありがと
うございます。」

これまでの経緯
<既述の通り、私は、20代・30代の20年間は、キリスト教会(プロテスタン
ト系)に行き、教会学校の教師や聖書研究会を主宰していた。

その後、40代・50代・60代の30年間は、なぜか、キリスト教会を離れ、
無宗教の世界を旅した。(この間、無教会の内村鑑三、中村天風、インド・
アユルベーダ、日本の禅、精神医学者カール・ユングなどの書籍に出会う。

そして、最後に出会ったゲーテ研究家シュタイナーの研究によって、再び、
聖書の研究とキリスト教会(カトリック系)に引き戻された。>

★2. これからは、聖書・カトリック・シュタイナーの三大研究で行く

2014/10/10付の日記より、「再び、シュタイナーの研究に戻る。これからは、
キリスト教の代表カトリック教会、基本文献としての聖書。聖書の奥行き、
立体構造、未来を見るシュタイナーの三本柱で研究していきたい。カトリック
教会も現在、試行錯誤で発展途上の感。この三本柱で、いまの生き方、未来の
見方を考えていきたい。」・・・この経緯を若干、詳述すると次の通りだ。

本年6月30日からカトリック教会に行き始めた。そして、本年7月30日に、
シュタイナーに限界を感じて、彼との決別宣言をしたつもりであった。しかし
我が人生は、後半期になっても、自分でも不思議に思うほど目まぐるしい展開
をしている。
10月10日から、再び、シュタイナーの本を読み始めた。読めば読むほど、
その奥深さが分かってきたからである。

かくて、今は、カトリック教会、聖書研究、シュタイナー研究の三本柱で進ん
でいる。私の理解では、カトリック教会については、現在の宗教の中でも、最
も整った完成したスタイルの世界最大級、最高級の宗教と考えている。とは言
え、1000年単位の長期スパンで見れば、カトリックと言えども、まだ、発展途
上、試行錯誤の段階であり、完成したスタイルに至っていない。

注)Wikipedia 事典によれば、世界の宗教の信者数は、キリスト教約20億人
(33.0%)(うちカトリック約10億人)、イスラム教(イスラーム)約11億9,000
万人(19.6%)、ヒンドゥー教約8億1,000万人(13.4%)、仏教約3億6,000万人
(5.9%)、ユダヤ教約1,400万人(0.2%)、その他の宗教約9億1,000万人(15.0%)、
無宗教約7億7,000万人(12.7%)である。

一方、聖書については、旧約聖書(約1900頁)、新約聖書(480頁)を含めれば、
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の原典の一つであり、これもまた、不思議
にも、世界最大級、最高級の書籍と言えようが、約2000年前までに書かれた
ものであり、合計2380頁の本の中に、真理のすべてが表現されているとは考
えられない。

私の現在の考えでは、それを補っているのが、シュタイナー本と言える。ドイ
ツ語原著約350巻、うち日本語訳約120冊。聖書が平面だとすれば、シュタイ
ナー本は、それに奥行きと幅、深さ、高さ、上下を与える立体構造とみている。
従って、聖書とシュタイナー本を並行して読むと、生き生きと私のこころの内
に、世界の真実が次第に日々よみがえって来るのである。

例えば、聖書には、仏教の事が書いてないが、その1900年後に書かれたシュ
タイナー本には、仏教の始祖、仏陀は、キリスト教の源流の一つであることが
分り、同様の日本に生まれた私としては、なぜか安らぎを感じるのである。

★3. 人生の四大苦(生・老・病・死)を解決する

以上の面から、仏教とキリスト教、そして、シュタイナー研究からその関連を
考えると、人生の四大苦(生・老・病・死)を根本的に解決する方法が、より明
解になってくる。

仏陀は人生の四大苦(生・老・病・死)を避けられない問題として悩み、釈迦族
の王子の地位を捨て、出家したようであるが、これについて、仏陀とキリスト
との関連をつなぐシュタイナーは、どのように述べているのであろうか。ここ
にシュタイナーの文献から抜粋して述べてみたい。

「シュタイナー キリスト論集」(ルドルフ・シュタイナー著、西川隆範訳)
p132

『(★生について)紀元前六世紀、物質界に歩み入ることは人々にとって苦痛で
あった。 ・・・ 仏陀が言うように、誕生は苦であろうか。 ・・・キリストと
の結び付きをとおして、心魂のなかに力が生じる。 この力をとおして、精神界
に上昇することができるのである。 そして、誕生は苦ではなく、救世主を見出
すための門である、という認識が生じる。 ・・・

(★病について)病気は苦ではない。 病気は、人間が自らの内でキリストの力
を発展させるために障害を克服する機会なのである。
(★老について)老衰についても、同じように明らかになるにちがいない。 身
体が弱っていくにつれて、私たちは精神において成長し、私たちのなかに棲む
キリストの力をとおして自らの支配者になることができるのである。
老いは苦ではない。 日々、私たちは精神界のなかに成長していくのである。
(★死について)おなじく、死も苦ではない。 死は復活によって克服されるか
らである。 ゴルゴタの.秘儀によって死は克服されたのである。
(★欲について)キリストとともにあれば、欲するものを得られないことは、
もはや苦ではない。 人間の感情・欲望はキリスト衝動をとおして純化されて高
貴なものになり、自分たちが得られるものしか欲しなくなる。 欠けているもの
に苦しむことは、もはやない。 なにかがなくて苦しんでいるときは、キリスト
の力は苦を浄化と感じる力を与える。 だから、それはもはや苦ではない。』

★4.今週の聖書

新約聖書(新共同訳) ヘブライ人への手紙 2-18

『事実、(キリスト)御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けて
いる人たちを助けることがおできになるのです。』

解説は、名著:黒崎幸吉著 註解新約聖書web版参照⇒  http://stonepillow.dee.cc/

★5.今週の聖歌・讃美歌・私の心に響いた歌

シューベルトのアヴェ・マリア【ラテン語・日本語訳】
https://www.youtube.com/watch?v=B45RklPTwY4

────────────────────────────────

[まぐまぐ!かんたんクリック投票]今号はいかがでしたか? 
興味ある、同感、役に立ったと思った方はワンクリックをお願いします!
著者に励ましを与え、読者との暖かい繋がりが生まれます。
 http://clap.mag2.com/giodialiop
投票だけもできます。必要なら著者へのメールもここから送れます。
メッセージやご質問も歓迎します。
このメルマガへ返信しても著者にメールできます。

────────────────────────────────

◆2)広報 弊研究所(健康英知研究所)研修セット

定評の世界・日本名作文学作品朗読100、速読コース、英語超聴きコースなど

★Dコース(世界・日本名作文学作品朗読100)

★EV1(速読セミナー映像・自宅研修コース):
フォトリーディング゙を超えた第4世代!
★EV2(ブレインマッピングセミナー映像・自宅研修コース):
マインドマップを超えた!
★EV1(速読)+EV2(マップ)割引セット
★B1-B2コース超聴き10倍速
★B4コース英語超聴き

詳しくは、下記健康英知研究所ホームページ(左枠)参照
http://esaitou.c.ooco.jp/

────────────────────────────────

◆3)私のFacebook、ホームページ、ブログなど

●Facebook ⇒ http://www.facebook.com/eiji.saitou.391
(Facebook登録をされている読者の方で、私、斉藤英治に友達リクエストをし
て頂ければ、喜んで承認させて頂きます。)
●ホームページ(ベース基地)⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/
●ブログ(アメブロ) ⇒ http://ameblo.jp/harmony777/
●人生パートナー(斉藤作子)のブログ「私の小さな歩み」
     ⇒ http://watasinoayumi.cocolog-nifty.com/blog/
────────────────────────────────

【メルマガ概要】 「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」
・主筆:斉藤英治(心身健康・脳力開発関係著書 累計45冊、113万部)
・Mg2創作メルマガ全国2位入賞 http://www.saitohope.com

────────────────────────────────
●【解除や登録、配信先の変更】(本号は、第1無料メルマガ)
配信先の解除や読者登録はこちらからお願い致します。
★マグマグの場合:http://www.mag2.com/m/0000146702.html
★このメルマガは携帯でも読めるようになりました。携帯からの登録
http://mobile.mag2.com/mm/0000146702.html


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治 
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html