HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

S211●脳細胞の活性化と認知症の予防

★★★【まぐまぐ殿堂入りメールマガジン:随時、又は、毎週発行】★★★
メルマガ「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」323号 2013/3/10
・読者26,983(Mg2心身健康部門ランキング全国1位) 2003/2/21創刊11年
・ベストセラー,ミリオンセラー著者(拙著書:脳力up分野44冊,110万部)
・自己啓発,自立自尊,人生成功応援メルマガ(中庸,無宗教,無イデオロギー)
**********************************

   【目次】

◆1)今日の論文【最強の思考術】シリーズ

  S211●脳細胞の活性化と認知症の予防

◆2)Facebook登録、友達リクエストのお勧め

◆3)推薦無料メルマガ、ブログ
   ~本年のメルマガ・ブログ大賞、ベストテン発表!

◆4)「人は、老年になっても、なお、花を咲かせることができる」

独和対訳論文で、精神科学の真髄を学ぼう!
今回のテーマは、
独和対訳論文B35「人は、老年になっても、なお、花を咲かせることができる」

精神科医師の二大巨頭フロイト、ユング、哲学者ニーチェを超えたと
私、斉藤が目し、尊敬する、世界最高峰の精神科学者、ビリー・エドアルド・
マイヤー(スイス)の珠玉のドイツ語原文と日本語対訳(斉藤英治翻訳)で
ドイツ語と精神科学の真髄を学ぼう!

────────────────────────────────

◆1)今日の論文【最強の思考術】シリーズ

S211●脳細胞の活性化と認知症の予防

このたび私は、「認知症の予防とケアについて」というテーマで、ある団体
から、講演を依頼された。弊メルマガでは、事前に、この講演で私が話した
い事の要点を、簡潔に述べておきたい。

★認知症の分類

認知症には、大きく分けて、
アルツハイマー病が6割
脳血管障害性が2割
レピー小体病が1割
その他の原因疾患による認知症が1割
となっている。
つまり、上記の上位3種類で、認知症全体の9割を占めるので、
上位3種類を3大認知症とも言っている。

★アルツハイマー病と脳血管障害性認知症を予防できるかで、8割はボケな
いかが決まる

つまり、認知症の8割を占めるこの二つの認知症の予防に重点を置くように
すれば良い訳である。

アルツハイマー病の原因はまだ特定されていないが、主に、老化などによる
脳機能の低下などによって、脳細胞の急激な委縮や脳構造の乱れを引き起こ
すためと考えられている。

脳血管性障害性認知症の場合は、脳血管が詰まったり、破れて出血すること
によって、その周辺の神経細胞がダメージを受けて引き起こされる。

以上のことから、この二つの認知症の予防法も、大まかに言えば、生活習慣
病の予防法との共通点が多い。

生活習慣病の予防法は、言うまでもなく、精神的な健康管理、食事・栄養の
管理、運動の管理などが、重要である。特に、精神的な健康管理面で、頭脳
の上手な使い方によって、脳細胞に血液と栄養と活気を与えて、脳細胞がい
きいきと活発になることが、認知症の予防の重要なカギとなると考えられる。

詳しくは、私の講演が終わってから、まとめて、認知症の予防法をお知らせ
しようとも思っているが、今回の弊メルマガでは、スイスで発表された下記
文献

B35「人は、老年になっても、なお、花を咲かせることができる」

が脳細胞の活性化に極めて良い影響を与えると思われるので、このドイツ語
文献を、私自身の言葉と思索で、日本語に翻訳し、このメルマガの下段、
◆第4項で読者に紹介することとするので、ご参照願いたい。

────────────────────────────────
[まぐまぐ!かんたんクリック投票]今号はいかがでしたか? 
興味ある、役に立ったと思った方はワンクリックをお願いします!
 http://clap.mag2.com/giodialiop
投票だけもできます。必要なら著者へのメールもここから送れます。
メッセージやご質問も歓迎します。
このメルマガへ返信しても著者にメールできます。
貴文を匿名にて、弊メルマガに紹介させて頂く場合もあります。
ご了承ください。

────────────────────────────────

◆2)Facebook登録、友達リクエストのお勧め

Facebookでの私、斉藤の個人ページのアドレスは下記です。
http://www.facebook.com/eiji.saitou.391

Facebook登録をされている読者の方で、私、斉藤英治に友達リクエストをし
て頂ければ、喜んで承認させて頂きます。

★facebookへの登録のお勧め
facebookへの登録が未だの方は、この機会に登録なさいませんか。
facebook登録者は日本で約1000万人、
世界で、10億人を突破(2012年9月末)
視界は一挙に広がりますよ。
私、斉藤英治に友達リクエストをして頂ければ、喜んで承認させて頂きます。

【貴方さまのfacebookアカウント登録の仕方】
上記facebookアドレスにアクセスし、
ページ上段の「アカウント登録」をクリックします。
その後は、様式に従い、様式に記入すれば、簡単に無料で登録できます。
そして、ご自分のアカウントと個人ページを持つことができます。
【友達申請の仕方】
上記facebookアドレスにアクセスし、
ページ中段の「友達になる」をクリックすれば
友達申請をすることができます。(アカウント登録後)
────────────────────────────────
●Facebook ⇒ http://www.facebook.com/eiji.saitou.391
●ホームページ(ベース基地)⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/
●ブログ(アメブロ) ⇒ http://ameblo.jp/harmony777/
●twitter ⇒ https://twitter.com/ITdaisuki
●Youtube ⇒ http://www.youtube.com/ (斉藤英治で検索)

────────────────────────────────

◆3)推薦無料メルマガ、ブログ
~本年のメルマガ・ブログ大賞・ベストテン発表

約3万誌を超えるメルマガの中から、厳選して、その中から、実際、私自身に
役立っている無料メルマガ、ブログをご紹介します。
【選考基準】いま、日本の大マスコミ(新聞、テレビ)は、残念ながら、あま
りに、国民の利益と自尊心を無視し、国民を自虐化し、左傾化しているように
見受けられますので、これを中庸に戻し、国民の利益と自尊心を取り戻すよう
なメルマガ、ブログを多く選んでいます。

【筆者が選んだ本年のメルマガ・ブログ大賞は】
★1)無料メルマガ 三橋貴明の「新」日本経済新聞
http://www.mag2.com/m/0001007984.html
★2)ブログ 新世紀のビッグブラザーへ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/

上記のメルマガ、ブログは、ネット界のトップの人気ブロガーであり、超売れ
っ子ベストセラー作家、ご存知の三橋貴明氏の発行する無料メルマガとブログ
です。当人のブログ「新世紀のビッグブラザーへ」の一日のアクセスユーザー
数は10万人を超え、推定ユーザ数は30万人に達している。
2012年12月現在、人気ブログランキングの「政治部門」1位、総合ラン
キング1位(参加ブログ総数は約98万件)である。
同氏の著書もたくさん書店に並んでいます。上記のメルマガ、ブログは今後の
日本の希望ある新しい方向を示していますので、宜しければ、両方とも読者登
録をお勧めしたいです。(ブログの読者登録をすれば、ブログ更新ごとに教えて
くれます。)

────────────────────────────────

【日本から】★2.Japan on the Globe-国際派日本人養成講座
まぐまぐ殿堂入り。政治・外交・文化・歴史等、国際感覚を磨く標準、定番。
合計39,000部 http://archive.mag2.com/0000000699/index.html

【中国・日本から】★3.「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」独自の情報網
と現地取材を駆使し世界のニュースの舞台裏を分析。様々な視点からの読者
意見欄も有益。読者19,626 ⇒ http://www.melma.com/backnumber_45206/

【ロシアから】★4.「ロシア政治経済ジャーナル」北野 幸伯氏(モスクワ)
世界情勢を、わかりやすく解説。まぐまぐ大賞ニュース・情報源部門一位!
発行部数34,919  http://www.mag2.com/m/0000012950.htm

【アメリカから】
★5.「日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信」
国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。情報・戦略の観点から、
また、リアリズムの視点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発
信してゆきます。読者数:4,704
http://www.mag2.com/m/0000110606.html

【欧州ドイツから】★5.「クライン孝子の日記」クライン孝子氏(ドイツ)。
日本の危ない現状を心から心配し、有用情報を毎日のように送ってくれます。
読者3,619、 http://archive.mag2.com/0000098767/index.html

【気骨ある日本人魂が呼びかける】★6.「政治の本質」 
このメルマガの筆者は、非常に有能、多才。このメルマガにおける評論は、
政治や社会、経済の本質を突いており、将来が嘱望される新進気鋭の論者の
一人です。 読者数 2,113
⇒ http://archive.mag2.com/0000288345/index.html

【沖縄から本当の沖縄人の声】★7.沖縄対策本部 読者数1,292
沖縄人からの本当の声が聞こえてきます。ぜひ応援してあげてください。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000287803.html

【日本から】
★8.「頂門の一針」読者数5,110。気骨ある元NHK記者が編集、主宰。様々
な論者が、政治、経済、社会、放送、出版、医療などについて様々な視点か
ら論じる。 http://www.melma.com/backnumber_108241/

★9.「日本を愛し日本人のための、無料で見れるテレビ、チャンネル桜」
チャンネル桜の番組の一部を無料でご覧いただけます。
⇒ http://jp.youtube.com/user/SakuraSoTV
無料メルマガ「桜・ニュース・ダイジェスト」
⇒ http://archive.mag2.com/0000210954/index.html

★10. 「My日本」日本に誇りを持つ仲間達のSNSネットワーク
『会員70,000人突破!参加費無料。誰でも匿名で参加できます。
ここは日本がすばらしい国であると気づいた人の集まりです。
調べてみると、日本はとても素晴らしい、誇らしい国でした。
そして日本を壊そうとしている人がいることもわかりました。
みなさん参加してみてください。』 ⇒  http://sns.mynippon.jp/

────────────────────────────────
【メルマガ概要】 「心と脳力upの健康医学by Dr.斉藤英治」
・主筆:斉藤英治(心身健康・脳力開発関係著書 累計43冊、105万部)
・Mg2創作メルマガ全国2位入賞 http://www.saitohope.com、

★【斉藤英治:論文背景.73年間の私的学習・真理探究の旅の軌跡】
1940年山形市生まれ(73歳)。20歳代から20年間、聖書研究(聖書はキリス
ト教、イスラム教、ユダヤ教の原典)、(聖書研究会主宰、日曜聖書学校教師、
キリスト教会役員として活動)、以降、宗教を完全卒業。無宗教となる。
40歳代10年間、日本・禅、武士道、インド・ヨガ、中国・太極拳等、東洋
哲学等の修養、心身鍛錬(太極拳師範、ヨガインストラクターの資格授与さ
れる)この間、中国に渡り、東洋医学(中国医学)の研修を経て、医学博士
学位(国際認定Ph.D)を取得。又、ビタミンC研究を通じて出会った米国、
L.ポーリング博士(ノーベル賞二度受賞、スタンフォード大教授、健康医学
の父)との握手に刺激され、健康科学専攻に進み、ニューヨーク大学N.B.
スミス教授(英語学)のスピードリーディング技術に出会い、独自の読書技術
の斉藤式速読法開発により多数の内外書籍、文献を読み内村鑑三、中村天風、
ドイツ、スイスの精神分析医、フロイト、ユングらの著書を経て、50歳代、
スイスの精神科学者、ビリー・エドアルド・マイヤー氏の著書に出会い、以
後20年間、マイヤー氏の膨大な著書の研究、検証を続け、マイヤー氏の著
書を、「21世紀最高の書」(人類の進化に寄与し、危機を防ぐ)と位置づけ、
その研究、検証を続けている。マイヤー氏のホームページは下記
⇒ http://www.figu.org/

★【著者:斉藤英治プロフィール】健康英知研究所所長。医学博士(Ph.D)
東北大卒。脳・精神科学専攻。武田薬品工業でビタミンと脳科学の学術、
研究開発を経て現職。日本綜合医学会常任理事、日本健康科学学会理事を
夫々20年間務める。IMGS大学院大学教授【学校法人エール学園・
国際メンター(教育指導者)修士養成大学院】を歴任。
【斉藤英治論文集380(バックナンバー)2012年9月迄】
http://esaitou.c.ooco.jp/0506zuisou-mokuji.htm
【斉藤英治論文ブログ集(バックナンバー)2012/10/1以降】
http://esaitou.c.ooco.jp/022mainichi-blog-mokuji.html


********************************

◆4)「人は、老年になっても、なお、花を咲かせることができる」

独和対訳論文で、精神科学の真髄を学ぼう!
今回のテーマは、
独和対訳論文B35「人は、老年になっても、なお、花を咲かせることができる」

精神科医師の二大巨頭フロイト、ユング、哲学者ニーチェを超えたと
私、斉藤が目し、尊敬する、世界最高峰の精神科学者、ビリー・エドアルド・
マイヤー(スイス)の珠玉のドイツ語原文と日本語対訳(斉藤英治翻訳)で
ドイツ語と精神科学の真髄を学ぼう!

下記は、私の旧友である最初の翻訳者のご好意により、その翻訳文を参考に、
斉藤英治が自分の思索と言葉で翻訳し、弊メルマガを通して、私の友人に
特別お送りするものです。

********************************

B35「人は、年を取っても、老年になっても、なお、花を咲かせることができ
る」
B35. Der Mensch kann auch im Altern und im Alter noch bluehen ...

2011年9月28日 ビリー

Menschen koennen auch im Altwerden und im Alter noch bluehen und frisch
bleiben sowie fruchtbar sein.
人は、年を取っても、老年になっても、なお、花咲き、元気で活気あり、実り
豊かであることができる。

Das aber bedingt, dass der Mensch im Leben verankert ist und sich keinen
Illusionen hingibt.
しかし、それは、人生(いのち)にしっかり根を下ろし、いかなる幻想(勘違
い)も抱かないことを前提としています。

Gegensaetzlich muss er in und mit der Wirklichkeit und deren Wahrheit
leben.
むしろ、彼は、真実とその真理の中で、真実とその真理と共に、生きなければ
なりません。


Im Altwerden und im Alter noch zu bluehen, frisch zu bleiben und fruchtbar
zu sein bedeutet,
人は、年を取っても、老年になっても、なお、花咲き、元気で活気あり、実り
豊かである、ということは、次の事を行うのと同じです。

in jeder erdenklichen Form bewusstseinsmaessig fit zu bleiben und
fruchtbare, gesunde Ideen, Gedanken und Gefuehle sowie in jeder
wertvollen Weise das Lernen und die Evolution zu pflegen.
つまり、各々のすべて考えられる限りの形で、意識して、元気で活気あり、そ
して実り豊かで、健全なアイデア、健全な思考、そして健全な感情が出来るよ
うに、手入れし(自分を世話し)、更に各々の価値ある方法で、自分の学びや進
化の世話をしていくことです。

Dies aber muss bewusst geschehen, denn nur dadurch koennen dem
Menschen neue Erkenntnisse und Einsichten zuwachsen.
このことは、しかし、意識的に行われなければなりません。なぜなら、そうし
てのみ、新しい認識と洞察が人に与えられるからです。

Fruchtbare, gesunde Ideen, Gedanken und Gefuehle sowie das bewusste
fortschrittliche Lernen bilden
実り多く、健全なアイデア、思考、感情、そして、意識的な、進歩的で前向き
な学びを形成すること、それは、

dabei die beste Hilfe und den besten Weg, um selbst ein drohend duerr und
belanglos werdendes Gefilde des Daseins wieder zum Bluehen bringen zu
koennen.
それによって、自分自身の、干からびた(乾燥した)、無意味な野原を、花盛り
にすることができる、最良な助けと最良の方法となります。

Das Geheimnis der Lebenskraft im Älterwerden und im Alter sind die
Aufmerksamkeit, bewusste Ideen, Gedanken und Gefuehle sowie eine rege
Taetigkeit, die dem Menschen auch im Alter zugestanden werden muss.
年を取って、老年期にあるときの活力の秘密(秘訣)は、注意深さ(注意力、
思いやり)、意識したアイデア、思考、感情、そして、活気のある活動です。そ
れらは、老年期にあっても、当然、与えられるべきものです。

Darin muss auch verankert sein, dass bewusste Gedanken und Gefuehle
gegeben sind,
それらの思考と感情を意識的に行うことによって、

die auf das Altern und das unausweichliche Altsein hinweisen,
老化と、避けられない老年期において、

dass jedoch das Altern und Altsein in fruchtbarem und gesundem Rahmen
geformt wird,
年を取った老化と老年期においても、実り豊かで、健全な生活を創り上げるこ
とができます。

damit kein Verbluehen und keine Fruchtlosigkeit entstehen.
それによって、花はしぼむことなく、実を結ばないことはない(花は咲き、実
り豊かになる)。

Also muss auch vermieden werden, dass im Altern und im Alter eine
Schwatzhaftigkeit entsteht, oder dass ueberall mitgeredet werden will, in
der Einbildung dessen, dass es notwendig sei,
そのために、避けなくてはならないのは、年とった老年期において、多弁が始
まること、あるいは、うぬぼれて、どこにでも口をはさむこと、

dauernd den Mitmenschen besserwisserische Anweisungen zu geben,
sie belehren und sie von einer anderen Meinung ueberzeugen zu wollen.

いつも仲間に、知ったかぶりの指示を与え、教えようとし、そして、他の異な
った意見で人を納得させようと望むことだ。これらは、避けなければならない。

Es darf aber auch nicht sein, dass staendig ein Einmischen in anderer
Menschen Angelegenheiten erfolgt, um diese fuer sie in Ordnung bringen zu
wollen.
また、自分なりの秩序や整理を与えようとして、他人の出来事に干渉したりし
てはなりません。

Geschieht das aber doch, dann wird das Altwerden oder das Alter zur Qual,
これらが起こったとすれば、その時は、年を取る事や、老年は、苦痛になって
くる。

weil die staendigen Einmischungen Feindschaft schaffen und
zwischenmenschliche Beziehungen zerstoeren.
何故なら、継続的な干渉は、敵意を生み出し、対人関係を破壊するからです。

Und gerade das ist im Altwerden und im Alter ein Faktor, der
Eigenbroetlerei, Unfrieden, Hass und Abgesondertheit erzeugt und viele
Freundschaften zerstoert.
そして、それは、正に、年を取ることで、或いは老年期に、仲間はずれ、不和、
憎しみや村八分の原因となり、多くの友好関係を破壊する要素となるのです。
・・・。

Doch gerade in der Zeit des Alterns und des Alters bedarf der Mensch
besonders guter Freunde,
しかしながら、まさに、年を取ったり、老年の時代には、人間は、特に良い友
人たちを必要とします。

um nicht allein zu sein, um wach, frisch und ideen-, gedanken- und
gefuehlsmaessig sowie lernend fruchtbar zu bleiben
それは、人は、孤独でいてはならないからです。目覚めて、元気に、アイデア
を出し、思考し、感情を生起し、実り豊かな学びを継続するためにも。

und also in bezug auf sich selbst in jeder Beziehung entwickelnd zu sein.
そして、自分自身で、自分を成長させるためにもです。

Der Mensch kann im Älter - werden oder im Alter nicht um diese
Faehigkeiten bitten,
人間は 年を取って、又は、老年期に、(労せずして)、能力・素質を願うことは
できません。

denn er muss sich diese ebenso selbst erarbeiten,
何故なら、彼は、厳しく努力して(働いて)、それを獲得せねばならないからで
す。

wie auch die Kraft und die Befaehigung, das Klagen der Mitmenschen ueber
ihre wirklichen oder eingebildeten Leiden mit nie versagender Teilnahme
anzuhoeren und ihnen ratgebend Hilfe zu leisten.
同様に、実際に起こる、又は、思い上がりで起こった苦しみについての、仲間
の嘆き・不平・不満についても、関心を失わずに聞いてあげたり、助けを与え
たりする力や才能も同様で、厳しく努力して、獲得せねばならないものです。

So muss der Mensch aber im eigenen Altern und im Alter viel mit Geduld
ertragen
それで、しかしながら、人間は、夫々、年を取り、老年になっても、多くの忍
耐をもって、耐えなければなりません。

und dort den Mund oeffnen oder versiegeln koennen, wo es die Not, das
Elend, die Kuemmernisse und die Gebrechen usw. erfordern.
そしてそこでは、苦境、悲惨、悲嘆、障害(病気)などがそれを必要とした場
合に、口を開くか、あるいは口を閉めることができます。そこに多くの忍耐が
いるのです。

Diese Faktoren nehmen naemlich mit den Jahren zu,
これらの要因はすなわち年と共に増加します。

wobei die Neigung, sie aufzuzaehlen und darueber zu klagen mit ihnen
waechst,
それによって、その傾向は、数え上げるほど増加し、それ以上に嘆きが増加し
ていきます。

wenn das Bluehen, Frisch- und Fruchtbarbleiben und die Selbstsicherheit
sowie die Selbstwertgedanken verlorengehen.
もし、【花が咲き、元気で、実り豊かで、自己信頼や自己の価値思考】が失われ
る場合には、そうなります。(嘆きは増大します)

Auch das Gedaechtnis muss gepflegt werden im Altwerden und im Alter,
sonst geschieht es, dass ploetzlich die Erinnerungen nicht mehr mit denen
von anderen Menschen uebereinstimmen.
また、記憶力は年取っても老年期にも、手入れされ、耕されなければなりませ
ん。さもないと、突然、記憶が他の人の記憶ともはや合致しないことが起こり
ます。

Natuerlich muss dabei auch die Einsicht Fuss fassen,
もちろん、下記のような場合には、洞察力を働かせなければなりません。

dass eigens gelegentlich einer Irrung anheimgefallen werden kann,
例えば、一つの誤り(失敗)を特に何度も繰り返す場合です。

wie auch, dass in allen Dingen einigermassen mild geblieben werden kann,
um niemanden zu verletzen.
同じく、誰をも傷つけずに、全ての事で、穏やかに処理するような場合です。

Also muss gelernt werden, dass auch noch im Altern und im Alter eine
teilnehmende Weise gepflegt werden muss,
従って、年を取っても老年になっても、思いやりのある親切心を耕し、手入れ
する方法を学ばなくてはなりません。

wie auch eine angemessene Hilfsbereitschaft,
同様に、適切な貢献心、助ける心をも。

jedoch niemals eine Sentimentalitaet und auch keine Aufdringlichkeit und
Hypochondrie.
しかしながら、それは、決して感傷性からでなく、厚かましくもなく、
心気症から来るものでもないように。

In jeder Beziehung muss das Altern und das Alter also so sein,
年を取った人、老人は、すべての関係で、

dass es blueht, frisch und fruchtbar bleibt, dass unaufhaltsam gelernt wird
花が咲き、元気で、実り豊かであるべきです。
それは、間断なく、絶えず、学ばなければなりません。

und eine gesunde, bluehende, frische und fruchtbare Entwicklung
stattfindet.
そして健康で、花が咲き、元気で、実り多い発展が起こってくるようにしなけ
ればなりません。

SSSC, 18. Juli 2010, 23.55 h, Billy
2010年7月18日23時55分、ビリー SSSC にて。

********************************
★上記文章のドイツ語原典は、下記にあります。
⇒ http://beam.figu.org/
★マイヤー氏のホームページは下記にあります。
⇒ http://www.figu.org/
★上記文章の著作権、翻訳権関係は、下記に記載しております。
上記文章の取扱いにご留意ください。
http://esaitou.c.ooco.jp/023chosakuken-honyakuken.html
★私のドイツ語の学び方は下記にあります。
斉藤論文383号●最重要言語(日本語、英語、ドイツ語)の学習法と活用法
⇒ http://esaitou.c.ooco.jp/111106deutsch.html

********************************
────────────────────────────────
●【解除や登録、配信先の変更】(本号は、第1無料メルマガ)
配信先の解除や読者登録はこちらからお願い致します。
★マグマグの場合:http://www.mag2.com/m/0000146702.html
★このメルマガは携帯でも読めるようになりました。携帯からの登録
http://mobile.mag2.com/mm/0000146702.html

HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html