HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

S 197●年末のご挨拶~光の武具で新年も勝利を!

親愛なる読者の皆様へ
本年も弊メルマガをご愛読くださり、まことにありがとうございました。
感謝をこめて、次のような言葉を贈ります。

先週述べた如く、いまは(今年に続いて新年も)、水瓶座時代(知性、英知
の時代)の過渡期にある。過渡期とは、善と悪、光と闇、が激しく交錯する
時代である。光の輝きも増す代わり、闇の抵抗も激しくなる。従って、新年
も確実に勝利するため、下記のような光の武具を身に着け、新年に備えよう。
(丁度、南総里見八犬伝で、八徳の水晶の玉「仁・義・礼・智・忠・信・孝・
悌」(悌は兄弟愛)で、勝利した如く。)

今年の締めくくりとして、【絶対に勝利する強力な光の武具】を下記のよう
に10か条にまとめてみた。現代版10徳と言えようか。これらの光の武具
を身につけ、新年も勝利しよう。これらの強力な光の武具を弊メルマガの読
者に贈り、本年の締めとしたい。

★1.【愛力(日本語)、Liebe(ドイツ語)、Love(英語)】変わりやす
い情愛や恋愛ではなく、自分や他人、人類、そして大自然を普遍的に愛する
本当の愛のことである。これが最も強力な光の武具(パワーとエネルギー)
である。なぜなら、全宇宙の本質(本源)は、本当の愛であり、本当の愛は、
どのような悪や闇にも光を当て、これに打ち勝つからである。

★2.【平和力: Friede, Peace】和の精神。自分と和し、相手、自然と和そ
う。平和の反対が、争い、憎しみ、暴力、戦争である。自己・自国防衛以外
は、決して戦争を行ってはならない。

★3.【自由力:Freiheit, Freedom】貴方の思考を拘束し、奴隷化するあら
ゆる束縛、古い慣習、カルト宗教、セクト哲学、イデオロギーなどから解放
され、全く自由な思考、発想、自由自在に考えることの出来る思考を獲得し
よう。そこから素晴らしいビジョンや希望が生まれてくる。

★4.【英知力:Weisheit,Wisdom】本質を見抜く洞察力、理解力、判断力
のことである。真実か嘘かを見抜き、真実を選び、真実を実行する時に、間
違いなく、成功の正道を歩むことが出来る。

★5.【真理力:Wahrheit,Truth】本当の真理は、決して外部にあるのでは
なく、自分の心の内にある。それを、貴方の心の中で、発見し、確認し、実
感した時に初めて、本当の真実、真理となる。
真理の反対が、虚偽、嘘、謀略、策略、詐欺、捏造などであり、悪の最たる
ものである。

★6.【努力:Bemuefung,Effort】日々のたゆまぬ努力によってこそ、目的
をなすことが出来る。努力の反対が怠慢、堕落である。何もしないで、目的
を獲得することは出来ない。

★7.【勉強力:Studieren,Study】人生とは、日々、天(大自然、宇宙)の
法則を探求し、勉強し、思考をし、それを実践することである。この世には
それと反対の悪の法則が沢山蔓延しているから、それに従って行ってはなら
ない。それは、間違いなく破壊と破滅に繋がって行くからである。

★8.【実行力:Aktion,Action】
上記の光の武具は、人間が正しい行動を起こすための源泉となるパワーとエ
ネルギーだから、あらゆる分野で応用できる。そして、行動に移すことがで
きる。

★9.【調和力: Harmonie, Harmony】
偏ることのない中庸、バランス能力である。
左に傾いたら右に力を入れ中間点の中庸に戻す。
右に傾いたら左に力を入れ中間点の中庸に戻す。

★10.【観察力:Beobachtung,Observation】:
世の中に蔓延する偽情報に惑わされることなく、多数の情報源と選択肢を持
ち、客観的で正確な観察眼で世の中を観察しよう。そうすれば、道を誤るこ
とはない。

★【応用例】ちなみに、上記の調和力と観察力を応用すれば、次のようにな
る。
私の観察では、日本の社会を擬人化してみると、戦後の大マスコミ(新聞、
テレビ)は、余りに左に傾いてきた。現在の国民の動きは、右に力を入れ中
間点の中庸に戻す正常な働きである。
左に固執すれば、今の世相を右傾化と見えるかも知れないが、そうではなく
左に傾きすぎたので、右に力を入れ中庸に戻す正常な働きである。
なぜなら、自分や自分の国を守り、防衛するのは、正常な中庸の働きだから
である。

それでは、読者の皆さん、本年もご愛読、ありがとうございました。
新年も良いお年をお迎えください。


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html