HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

S 195●総選挙で試される国民の英知度

英知(Weisheit )とは何だろうか?それは、物事の本質を見抜き、本物か
偽物か、本当か嘘かを見抜き、正しい判断と選択をすることである。正しい
選択をすれば、良い結果が生まれる。誤った選択をすれば、悪い結果が生ま
れる。

本日は総選挙だが、まさに、日本国民の英知が問われる時である。大マスコ
ミ(新聞、テレビなど)がどのように言おうとも、その記事が、本物も偽物
もある事を冷静に見抜き、大マスコミに左右されず、正しい判断と選択をす
ることである。

3年前の総選挙から、本日の総選挙に至るまで、国民の英知度をつぶさに観
察してきたが、私の観察では、この3年の間に、国民の英知度は、格段に上
昇してきたように思う。

3年前には、WEB が未熟な時代で、大マスコミ(わずかな数の新聞社、テ
レビ局)から発信される圧倒的な情報が本物か、偽物かを多くの国民は、見
抜くことが出来なかった。そしてマスコミが囃し立てる「政権交代」の大合
唱に乗せられ、3年前の総選挙で、国民の多くは、マニフェストで嘘を言う
政党に投票し、悲惨な結果を生んだ。この時は、マスコミの情報力が、一般
国民の英知力よりも強かった。

しかし、国民は、この3年間、それを反省し、情報の選択を自由にするWEB
を発展させ、今回の総選挙で、危機を乗り越えることが出来そうな期待と予
感がある。これこそ、マスコミの情報力を一般国民の英知力が凌駕した望ま
しい時代の到来である。

つまり、最近になって、WEB の進化により、メルマガ、ブログ、フェイス
ブック、ツイッターなどのソーシャルネットワークで、国民の中の一人一人
の個人が、自分の考えを発信出来るようになり、無数の個人発信・放送局が
生まれ、その中から、国民は、本物か偽物か見抜き、本物の情報を獲得し、
本物を選択する事が出来るようになった。そして、それによって、マスコミ
の流す情報が本物か偽物か見抜くことができるようになった。これこそ、マ
スコミの情報力を一般国民の英知力が凌駕する歴史的瞬間であり、筆者の常
に述べている水瓶座(透明で自由な知性)の時代の本格化のしるしである。

総選挙の結果は、明日にも分るだろうが、それは国民の選択の結果であり、
国民がその英知度で、勝利することを期待している。

そして、日本国民の英知度の上昇が、世界の英知度の上昇の起爆剤、モデル
となっていくことを期待している。なにしろ、ブログの発信件数では、日本
はダントツ世界一なのだから。

HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html