HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

S 180●いのちの時を活用する

自分に与えられた今生のいのち、それは有限であり、限られた時間しか無い。
だから何物にも代えがたい貴重なタカラのいのちだ。このいのちは、時間を伴
っている。
だから、いのちの時を最大限、活用することが重要となる。

私の場合、いのちの時の活用の最大目標は、一言にまとめると、「本当の真理
と天の法則を探求し、学び、これに従い、実行、実践する」ことである。

といっても、この目標のためのいのちの時の過ごし方は、多岐にわたる。仕事
を一生懸命している時も、趣味や娯楽の中で、リラックスしている時も、学習
や食事や睡眠の時にも、それぞれ、重要な役割を持ち、その中で、上記の最大
目標を追求することは可能であろう。

それから、このためのいのちの過ごし方は、個人差があり、人それぞれ、経験
や個性、性格、趣味嗜好、進歩レベルが異なるので、多種多様である。これを
すべて同一に合わせようとしても、無理がある。

私はこのメルマガを、上記の最大目標に焦点を絞って、書いているつもりであ
るが、私の書き方も不完全であり、正しく伝わっているか分らないし、また、
受け取る側も上記のように個人差があるので、喜びになる人もいるかも知れな
いが、現時点で苦痛になる人もいるかも知れない。これは書く者にとっては、
何とも悩ましい問題である。

ただ、今生の中では、「渡る世間は鬼ばかり」と言えば極端であるが、鬼のよ
うな人や物事、天使のような人や物事が、玉石混交のように入り交じっている
というのが今生の世の中の実態であろう。

それらとの出会いを通して人間は訓練されて行くのであろうが、いずれにして
も、従来の哲学、イデオロギー、科学、宗教、思考習慣の中にも、自分の意識
の正常化する正しいこと、自分の意識を混乱させる誤ったことが玉石混交のよ
うに、入り交じっているのが実態であり、それを賢明に見分けて行くことがポ
イントになると思われる。
つまり、今生のいのちの活用のポイントはここにあると思われる。


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html