HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

※この文章は、下記のYoutubeで斉藤英治のスピーチ動画4分間も見れます。お試しください。
http://youtu.be/4Y7pKgGnJmY

S154●思考と感情の強力なパワー

人間の思考と感情は、良きにつけ、悪しきにつけ、意識しようと、意識しまいと、
驚くほど強力なパワーを発揮する。そのメカニズムを見てみよう。

人間の持つ物質的な三要素である
1)思考、感情(物質的な粗雑度、小、精細)
2)会話、言葉(物質的な粗雑度、中程度)
3)行動(物質的な粗雑度、大、最も粗雑)
は、交互に、密接に結びついている。

まず人間が思考すると、自動的に、思考は、感情を刺激し、感情を高ぶらせる。

その結果、それらは、その人の会話や言葉を刺激し、良きにつけ悪しきにつけ、
会話や言葉の強度を強める。

その結果、それらは、その人の行動を刺激し、その行動のパワーを強める。

このようにして、人間の思考は、驚く程、加速化され、強化され、強力な行動となる。

これが人間の思考のパワーのメカニズムである。それらは、映画などで良く見る所で
ある。ある人が考え、次第に怒りや興奮などの感情を高ぶらせ、そして、暴力などの
行動に移る。

このようなメカニズムは、普通、人間は、意識しない場合も多く、
良い方向に活用すれば、極めて強力な力を発揮し、進化や改良に繋がって行く。
悪い方向に活用すれば、極めて強力な悪の力を発揮し、犯罪や、争い、暴力、ついに
は戦争などを生んでいく。

従って、この生産プロセスのコントロールを理解し、冷静に、自主的に、
自分でしっかりコントロールを行って、自分や隣人の進化や改良に繋げて行く事が
出来る。


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html