HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●【悲しみ・失敗】と、【喜び・成功】は、交互にやってくる。

1)【悲しみ・失敗】と、【喜び・成功】は、交互にやってくる。

2)人はこれを避けることができない。

3)なぜなら、悲しみや失敗は、学習や進化に役立つために訪れるからだ。

4)また現在の悲しみや失敗は過去のものとなり、必ず過ぎ去る。

5)従って、いつまでも悲しみや失敗に浸って嘆き悲しんではならない。
それは増殖し、悪化するからだ。

6)従って、悲しみや失敗が訪れたら、その中から学習と進化のチャンスと
価値を見い出し、獲得しよう。そして、増殖させないようにしよう。

7)人間には、喜びだけでなく悲しみも、両方か必要である。ちょうど、
人間が生きるのに絶対必要な呼吸において、単に吸うだけでなく、同時に、
吐くことも必要な事と同じである。呼吸で、吸うだけならば、酸素などを
吸収するだけとなり、体の中は、吸気だけで、満杯となり、体内の老廃物や
炭酸ガスを体外に排出することが出来なくなり、人間の生命機能は中止する
のである。

8)それと同じように、喜びだけを求めると、意識が膨らみ、有頂天になっ
てはならないし、悲しみだけを取り込みすぎて、沈み過ぎてもならない。

9)喜びは、人に勇気を与え、さらに前進させるし、悲しみは、その悲しみ
の原因を探って、反省し、さらに改善、向上、進化に結びつけることが出来
る。

10)このようにして、呼吸が体の細胞を活性化するように、喜びと悲しみ
は、人間の意識、思考、感情を活性化して行くのである。

11)従って喜びと悲しみが交互にやってくるから、それらを日常生活の呼
吸のように受け止め、自己の活性化、進化向上、日々の問題解決に役立てる
ようするのが良い。

12)それは、細菌と人体の免疫の関係に似ている。細菌はどこからでもや
ってくる。人体は細菌によって免疫力(学習と進化)をつけて強くなる。
無菌は人を弱くする。しかし、増殖させるままにしておくと感染し、病気に
なる。従って、健康な人体は、細菌からは、免疫力(価値)を獲得し、増殖
感染(悪化)を避ける。健康な精神も同様に処置すれば悲しみや失敗も良い
結果を生む。

HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html