HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●弊メルマガ、月刊になって~大震災と原発事故に思うこと
「人は全世界をもうけても自分の命を失ったら何の得になろうか」


皆様、おはようございます。
弊メルマガを6月12日号より週刊から月刊にする旨お知らせして
月刊号としての初めてのお便りです。

月刊にしてから、大分、ゆっくりさせてもらった。
自分のやりたいこともある程度やれた。
聖書にあるとおり、
「人は全世界をもうけても自分の命を失ったら何の得になろうか」
  (新約聖書、マタイ16章26節)
という言葉は本当だと思います。
この年になると、自分の最もやりたいことをやる。
それが自分の命を得ることだ。自分の命を全うすることだと
特に、大震災や福島原発事故等を見て
それを取り巻く、日本、世界の状況を見て
つくづく思うのです。

私にとっては、十代から四十歳代まで
四十年間、様々な道を通り、試行錯誤、紆余曲折を経て、
五十歳になってから、私の第三の師匠ともいえる
スイスの精神科学者、ビリー・エドアルド・マイヤー氏に出会い、
それ以来、20年間、マイヤー氏の著書や文献(日本語、ドイツ語)を
毎日、少しずつでもひもとき心の糧とするのが、自分の命を得るための、
何よりも楽しみとなっています。

地球人より、技術的に3500年以上も進化している、
精神的に何万年も進化している高度文明宇宙の人たちと
幼い時から今日に至るまで交流を続けてきた
ビリー・エドアルド・マイヤー氏(スイスの精神科学者)の
文献に20年前に出会い、それ以来、20年間、毎日の如く、
それを検証しながら、読んでいるのでいまでは、
マイヤー氏、高度文明宇宙の人たち、セムヤーゼ、アシュケット、
(以上、女性)、プター、スファタ、クワッツウェル(以上、男性)
らの人たちをとても懐かしく麗しく慕わしく思っている。
今日も彼らと文献を通してであるが、出会えるのが
何としても無上の喜びとなっている。

そして、この歓びを、その準備が出来ている人と
可能な限り分かち合いたいと
弊メルマガを発行してきた。

そして、毎朝のコーヒータイムに、
約1時間、同様の目的を持つ妻と
夫々の学びの成果を語り合えるのは無上の喜びとなっている。

彼らの遺してくれた、また、今の遺しつつある文献のおかげで
それを鏡のようにして、
物事の善悪、正しさと邪悪、真理と不真理、真実と虚偽、進化と堕落
などが一つ一つ分かる様になってきた。
人は、何十万年、何十億年、再生を通して
進化していくので、
まだまだ入口の場面にたどり着いたとしか
思えないが。

特に、この度の大震災、福島原発事故の意味と
本質的原因と対策
これは何度も紹介するが下記に掲載されているので
読んで頂きたい。

下記弊論文376号
●日本再興、究極のクリーンエネルギー政策
~ネット内閣、経産大臣としての私の提案
http://esaitou.c.ooco.jp/110529new-energy.html

(なお、ネット内閣、経産大臣については
私は都合により、先月、辞任させて頂きました)

上記の根拠となるビリー・エドアルド・マイヤー氏の下記論文と
マイヤー氏とプター氏とのコンタクト記録は
下記通信に書いてあるので、読んで頂きたい。
フィグヤーパン通信46号(マイヤー論文:PDFファイル)

上記フィグヤーパン通信46号(マイヤー論文:PDFファイル)入手先は:
フィグヤーパントップページ⇒ http://jp.figu.org/
又は、フィグヤーパンダウンロードページ⇒ http://jp.figu.org/dl.html

(ドイツ語原文もダウンロード可) ⇒FIGU スイス本部 公開書簡10号(PDFファイル)
http://www.figu.org/ch/verein/periodika/offene-briefe/2011/nr-10

この論文はPDFファイルなので、無料でダウンロードも印刷もできるので
お手数ながら、印刷して、熟読して、丹念に読んで頂ければ幸いである。
それだけの価値は十分ある。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

【リンク、参照】
★マイヤー氏の日本語書籍、文献、情報は
→FIGU-Japan(フィグ・ヤーパン) http://jp.figu.org/

★マイヤー氏のドイツ語書籍、文献、情報は
→FIGU(スイス本部)http://www.figu.org/

★マイヤー氏の英語書籍、文献、情報は
→FIGU Society USA(米国研究会) http://us.figu.org/

注:FIGUとはドイツ語で下記の略です。
Freie Interessengemeinschaft fur Grenz- und Geisteswissen-
schaften und Ufologiestudien
(境界科学・精神科学・UFO研究の自主共同体、
つまり、非営利、無宗教の有志ボランティア研究団体)

OME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html