HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●誇りと英知ある日本国民に告ぐ。大震災、哀悼とエール

この度の甚大なる大震災に、心からの哀悼とお見舞いとエールを申し上げます。
誇りと英知ある日本国民に告ぐとしたのは
弊メルマガの読者24,082名の大半は、自ら勧んで、英知を伝える弊メルマガを選んで
継続購読されている方々だからであり、誇りと英知ある日本国民を代表していると思うからです。

報道によれば、海外からの支援申し出は、14日現在、91か国・地域と6国際機関になったという。
世界各国は、日本国民の冷静、沈着な行動に驚きと敬意を以て見守っているという。

これまでの経緯を見るに、次のような哀悼とお見舞いとエールを申し上げます。

★1)地球を含む宇宙の普遍の法則の一つ、原因と結果の法則、により
その根本原因をたどれば、最大原因は、間違いなく、地球人類全体が起こした人災である。
従って、この責任は、私自身、我々を含む地球人類全体にある。

★2)先報の如く、我々地球人類は、我欲を増進させ、地球人口を過剰に増加させ、
(地球の適正人口定員5億人、最大耐用人口30億人)であるのに、
その12倍以上の70億人以上にも過剰増加させ、自然の秩序を大幅に破壊している。
この人口過剰を食い止めるためには、避妊による自然で正しい人口調節を行うのが唯一最善の方法である。
詳しくは弊論文368号に紹介されているフィグ・ヤーパンの人口過剰関係冊子。
http://esaitou.c.ooco.jp/1103jinkoukajou.html

★3)特に日本のような地球の自然資源を搾取、破壊してきた
(宇宙の法則と秩序に違反してきた)先進国の責任は大きい。
この点、何もできなかった私自身としても大きな責任と反省を感じている。

★4)と言っても、日本が特別、悪いため、天罰を受けたと考えることはできない。
むしろ、その逆であり、日本国民が持つ天性の誇りある英知、(宇宙、自然、人間との調和)を発揮し、
世界の先進モデルとなって、宇宙、自然と調和しながら、再興を見事に成し遂げていくこと。
そのために日本が選ばれたということが出来る。
そのために、世界中が注目している所以と期待であろう。

★5)この度の現象のすべては、地球人類が一歩進化するために与えられた試練である。
多数の死者が出ており、深い哀悼の意をささげる。
と共に、過度に嘆き悲しんで気落ちしては逆効果だ。
彼らは必ず、再生して、進化を学び、日本の再興に貢献してくれるだろう。

★6)天は愛するもの(日本国民)を訓練し、鞭打たれる。
それは、日本の進化、再興のためである。
ひいては、世界の進化、再興の先駆け、モデルとなるためである。
(下記参考資料、新約聖書、参照)

従って、被災に会われた方も、これを支える全ての日本国民が
冷静、沈着に、日本人本来の誇りある忍耐心、平常心、不動心、自然との調和力を発揮し
この凛として難局を乗り越えて頂きたい。
天は愛するもの(日本国民)を訓練し、鞭打たれる。
それは、日本、世界の進化、再興のためである。
これが、自分を励ますとともに、日本国民へ贈るエールである。
進化と再興とは、宇宙、自然の法則に沿った新しい進化と再興である。

◆追伸

優秀な読者からの弊メルマガに盛り込んでほしいとの要請があり、
私も同意するので、下記のメッセージを追加します。

★追加1)深呼吸により、心の中に元気を吸い込み、怒りなどの邪気を追い出そう

宇宙と自然と調和し、宇宙と自然と一体化するには
自分の心の中から、怒り、憎しみ、嘆き、心配、不安などの邪気、病の気を排出する必要があります。
従って、私が企業研修でいつも実習を行っているようにすると効果があります。
やってみてください。必ず効果があります。

◆斉藤メソッド深呼吸・瞑想法

1)大きく息を吸いながら
宇宙、空中、天にある愛、平和、自由、調和の空気(気、元気)を大きく吸い込む

2)大きく息を吐きながら、邪気を排出する。
邪気とは、体内にたまった怒り、ストレス、憎しみ、嘆き、悲しみ、落胆、心配などです。

★追加2)
皆様の中に被災者義援金の寄付を希望される方がおられましたら、
弊メルマガでは取りまとめることが困難であるため、下記参考サイトを
ご利用いただけますと幸いです。

リンク先: http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin


★参考資料;新約聖書、

天は愛する者(日本国民)を訓練し、むちうたれる。
それは、日本の、世界の進化、再興のためである。

下記の新約聖書の言葉の中の「主」、「神」を「天(創造、宇宙意識)」と置き換えれば、
そのまま、日本国民へのエール(応援メッセージ)ととることができる。
(私は30年前にクリスチャンを卒業し、いまは、無宗教であるが、かつて、
聖書を学んだことがあり、聖書の中にも大きな教訓の言葉がちりばめられている)

わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。
主に責められるとき、弱り果ててはならない。

主は愛する者を訓練し、
受け入れるすべての子を
むち打たれるのである。

あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである。いったい、父に訓練されない子があるだろうか。

だれでも受ける訓練が、あなたがたに与えられないとすれば、それこそ、あなたがたは私生児であって、ほんとうの子ではない。
肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが、たましいの父は、わたしたちの益のため、そのきよさにあずからせるために、そうされるのである。

すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。
それだから、あなたがたのなえた手と、弱くなっているひざとを、まっすぐにしなさい。(新約聖書、へブル人への手紙12章5-12節)
My son, do not regard lightly the discipline of the Lord,
Nor lose courage when you are punished by him.

For the Lord disciplines him whom he loves, and chastises every son whom he receives.

It is for the discipline that you have to endure. God is treating you as sons;
for what son is there whom his father does not discipline?

If you are left without discipline, in which all have participated, then you are illegitimate children and not sons.
Besides this,we have had earthly fathers to discipline us and we respected tehm.
Shall we not much more be subject to the Father of spirits and live?
For they disciplined us for a short time at their pleasure,but he disciplines us for our good, that we may share his holiness.
For the moment all discipline seems painful rather than pleasant;later it yields the peaceful fruit of righteousness to those who have benn trained by it.
Therefore lift your drooping hands and strengthen your weak knees,


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html