HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●謹賀新年、拙著、累計百万部間近!今年も読者と共に前進!
宇宙時代(水瓶座:知性の時代)に突入した今、
読者の皆様と共に、知性の時代を先駆けて進んで参りましょう。

読者の皆様、新年明けましておめでとうございます。
弊メルマガをご愛読いただき誠にありがとうございます。

新年度も、皆様にとって良い年でありますように。
皆様が、心身、精神、とも健康、前向きに進化、向上を目指す
一年でありますように願っております。
そして、読者の皆様を中核として、健全で高い知性、精神性が
自己の中に、隣人に、国に、地球社会に拡がる様に願っております。

思えば、昨年は、私の思いが拡がった年でありました。
昨年4月、私の42冊目の拙著「世界一わかりやすい速読の教科書」(三笠書房)を
出版し、25万部ベストセラーを達成できました。
これは、国民が多くの良書を読んで
一層知性が高まることを願って書いたものです。

今年も、三笠書房さんから43冊目の拙著、
語学(英語)向上の拙著(仮名)を出版する予定です。
これは、国民の知性の国際化に寄与するために
執筆したものです。
同社は、本書も前著と同様に
ベストセラーを目指すと言っておられます。

従って、現時点で、拙著は、累計、42冊、90万5,500部となり、
今年で恐らく念願の累計100万部(ミリオンセラー)に到達することでしょう。
今年は、私も微力ながら、ミリオンセラー(百万部)作家の一人に仲間入りしそうです。
これも、愛読者の皆様のおかげです。
まことにありがとうございます。

これは今の時代の流れに関係があると思っています。
いまの時代とは、前述の水瓶座(知性)の時代
つまり、地球人の宇宙への目覚めの時代なのです。

近年、高度文明宇宙社会(地球外)の存在については
宇宙学の世界第一人者、スティーブン・ホーキング教授
(英国ケンブリッジ大学)がその存在を断言し、
東京大学宇宙学の佐藤勝彦教授、
中国科学院天文学王思潮(ワン・スーチャオ)教授ほか、
世界の宇宙学の権威らがそれを追認しています。
いまや、その存在を否定できる科学者はいません。

それを地球人が通信飛行技術や望遠鏡で
いまだ、確認できていない理由は簡単です。
ハーバード大学物理学リサ・ランドール教授の述べている五次元の世界。
地球人の視界外にある五次元の世界に高度文明宇宙があるために
地球人の四次元の飛行通信科学技術レベルでは、高度文明宇宙がある
五次元の世界を確認できていないだけの話なのです。

上記の宇宙学研究者らに先行して、
宇宙英知学(宇宙の英知を地上で応用)
を提唱している、筆者、斉藤は
これまで20年間の研究により
高度文明宇宙社会(地球外)の存在有無よりも先の
同社会の実態に迫り、実際生活を先行して研究し、
それを地球人の進化向上のために
応用、寄与しようとするものでなのです。
それは、迫りくる地球社会の危機を防ぐための
重要な対策でもあります。

筆者斉藤は、そのような宇宙の最新情報を
全世界(地球社会)に先駆けて、弊メルマガで
どんどん発表していきたいと思っています。
お陰様でこれらの最新テーマに関心を持つ人々を中心に
次々と弊メルマガの購読を申し込み、
弊メルマガの読者も、23,000人を突破しました。

いずれ、弊メルマガで発表したものは
拙著書となって、出版されていくと思います。
従って、これまで、
100歳・100冊・100万部
の著書出版の目標を立ててきましたが、
今月71歳になる私はいよいよ意気盛ん、
100歳・100冊・200万部
に目標を格上げしたいと思っています。

つまり、弊メルマガの読者は、
全世界に先駆けて、宇宙時代の幕開けの
最新情報をこの弊メルマガで獲得していけるのです。

さあ、宇宙時代(水瓶座:知性の時代)に突入した今
知性を磨き、地球人類の進化と向上に貢献し
直面する危機を防ぐ対策を一緒に考えていきましょう。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。


HOME 健康英知研究所 代表 斉藤英治  (旧称 株式会社 健康英知研究所)
http://esaitou.c.ooco.jp/index.html