HOME 健康英知研究所 (旧称 ㈱ 健康英知研究所)代表 斉藤英治 http://esaitou.c.ooco.jp/index.html

●日本サッカーチーム、日本人の魂を持って戦ってくれた
今度は日本国民チームの番、参議院選挙投票


★1.日本サッカーチームの健闘のあと

W杯サッカーも日本チームはベスト16に進んで終わった。
ベスト8はあと1歩だった。
帰国後の岡田監督は次のように語った。

「日本チームは素晴らしいチームだった。
脈々と受け継がれている日本人の魂を持って
戦ってくれたことを誇りに思う」

日本チームご苦労様。お疲れ様でした。

こんどは我々の番だ。
我々が乗っている日本という巨大な船「日本丸」を引っ張っていくのは
我々、日本丸の乗組員だ。
日本丸がどの方向に行くかは、我々、日本丸乗組員全員の責任だ。

特に、7月11日は、参議院選挙の投票日
日本のために心から献身できる人や党に投票しよう。
日本を破壊するような人や党に投票してはならない。
誰に投票するかでこの国の運命は決まる。

岡田監督の言うように

「日本丸チーム(日本国民)は素晴らしいチームだった。
脈々と受け継がれている日本人の魂を持って
戦ってくれたことを誇りに思う」
と後世から言われるように、
努力していこう。

日本丸の乗組員のなかで
最も頼りになるのは日本の若いネット世代だ。
つまり、このメルマガを読んでいるような
優秀な若いネット世代の人たちだ。

斉藤論文294号
「日本の若い人たちから復興しつつある大和魂(ジャパン・スピリット)
これで日本の復興は見えた!」
http://esaitou.c.ooco.jp/100627Japan-spirit.html

この論文に書いているように
大和魂(ジャパン・スピリット)の中核は
次の明治天皇の御製に濃縮されよう。

「敷島の大和心の雄々しさはことある時ぞあらはれにけり」

また京都大学・中西輝政教授によれば
日本人の本来、持つ素晴らしき大きな底力(実力)は
日本人の得意な心・技・体を鍛えることによって現れると言う。

心技体の強化法については下記参照
斉藤論文237号「心技体の強化法
~人間の五大要素【脳・心・体・精神・場】から見た
人間の心身・精神向上の医学概論(斉藤式)」
http://esaitou.c.ooco.jp/090308godai-youso.html


★2.日本丸の航路

このようなときに
日本丸の航路を指し示す素晴らしい本が現れた。

◆「日本のグランドデザイン
世界一の潜在経済力を富に変える4つのステップ」
三橋貴明著(講談社)
アマゾン書店での詳細はここ
http://esaitou.c.ooco.jp/091011book-shoukai.html

その骨子は次のようなものだ。

日本が蘇る4つのステップ

1.日本の繁栄を妨げるものを知れ

2.国家のグランドデザインを描け

3.文明フェーズを移行せよ

4.世界唯一の大衆知識社会を深化させよ

これについて、
特に、重要と思われるのは

4.世界唯一の大衆知識社会を深化させよ

だろう。日本を世界唯一の大衆知識社会にする
というヴィジョンは、
全く私と同じであり、日本は
グローバルブレイン(世界頭脳)の中核になり
世界に貢献する
という日頃私が主張している考えと共通している。
私はそのためにこのメルマガを書いている。

実際に世界に貢献する国のアンケートを取ると
いつも日本は最上位にランクされている。
世界もそう見ているのだ。

そこで、もう少し、この箇所に関する三橋著の説明部分を見てみよう。

『・・何でも器用に使いこなしてしまう日本人のことであるから、
インクーネットも世界一有意義に役立てることになるだろう。
というか、それが現実になりつつある。

日本人の突出したコンテンツ創出能力と、
インターネットが効果的な融合を果たしたとき,
人類史上はじめての「真の意味での大衆知識社会」が実現することになる。
現在のところ、この「大衆知識社会」を実現する可能性が高い国は、
日本以外にはほとんど存在しない(辛うじて、台湾は可能かもしれない)

「石油文明から電力文明へ、文明フェーズの移行」

「高齢化社会へのソリューション提供」
に加え、
「真の意味での大衆知識社会の実現」

これこそが、現代に生きる日本人に与えられた最大の使命であると、
筆者は信じているのである。』

不思議なことに著者の三橋氏は
私と共通の考えをもっており、
読者の中にも同じ考えの人も多くおられると思うので
なにか共同意識、シンクロニッシティ(共鳴現象)を感じるのだ。

三橋氏の著書の中に、私の愛唱句(サミエル・ウルマンの詩)が二度も出てきたので
この点でも大いに共鳴した。

サミエル・ウルマン

『青春は心の若さである。
・・・
理想を失うとき人は老いる』

いつまでも大いなる理想を持って
前向きに進んでいこう。
その時燃えるような若さが生まれ
道は開かれる。

HOME 健康英知研究所 (旧称 ㈱ 健康英知研究所)代表 斉藤英治 http://esaitou.c.ooco.jp/index.html