HOME 健康英知研究所 (旧称 ㈱ 健康英知研究所)代表 斉藤英治

●高度文明人の教育、政治、経済、防衛、平和とは?
弊論文「高度文明宇宙人の政治・経済・社会」を基に
政治・経済専門家B先生との討論、質疑応答


★はじめに

先般、弊メルマガとHPで、弊論文「高度文明宇宙人の政治・経済・社会」を
(A4サイズで14頁の論文)を発表した。
http://esaitou.c.ooco.jp/100514uchuu-shakai.html

この論文については、様々な反響があったが、弊メルマガ5月23日付けにて、
政治経済専門家A先生との質疑応答を紹介したが、今回は別の政治経済専門家B先生
との質疑応答の内容を公開する(編集上、一部改定)

このように、我がメルマガの読者には、各分野で非常に優秀な専門家や科学者
が多いことは、我がメルマガの誇りである。このような真摯な討論を経て、読
者の間で、お互いの思考が深まり、このような前向きな相互思索を積み重ねて
世界は進化、向上していくのだと思う。
従って、メルマガの読者の皆さまも上記の論文を読んで
感想や質問などありましたら、ぜひお知らせください。

★高度文明宇宙人とは(初めての読者への解説)

高度文明宇宙人とは、地球人より、はるかに進化したプレアデス/プレヤ
ール人のことである。科学技術面では3000年以上、精神面ではそれ以上、地
球人より進化している人たちだ。地球上の人間とほぼ同じ人体を有している点
では、宇宙において最高進化クラスに位置する。

だから、私は親しみを込めて、彼らを、高度文明宇宙人と呼ばず、高度文明人と
呼んでいる。なぜなら、彼らも我々も同じ宇宙に住む同様の人体を持った
人間同士だからだ。

プレアデス/プレヤール人とは私の第三の師匠、
ビリー・エドアルド・マイヤー氏(スイスの精神科学者)
がいまなおコンタクトを続けており、9600頁の膨大なコンタクト記録を残して
おり、斉藤が20年にわたりこれを分析、検証、研究中である。

★長寿、寿命、環境について
(以下、質疑応答QA形式、質問、感想Q>はB先生、A回答は筆者、斉藤)


(B先生)
>貴論文「高度文明宇宙人の政治経済社会」 を読みました。
> 平均寿命1000歳とは、長寿ですね。

(回答:斉藤)
そうです。これは地球人の遺伝子の問題です。
ただ長生きだけしても問題がありますので
精神性の成長と調和させながら
寿命を長くしていく研究が必要と思っています。

> 動物達も地球上より長寿なのでしょうか?

かの地では環境が地球よりはるかに良好にしてきたため
動物達も地球上より長寿と考えられます。
また地球人のように動物を隷属化しないので
動物達も野生でのびのびと生活できていることでしょう。

> そうだとすると、如何に今の地球で生きる事が生命にとって悪環境であるか
の証左になりますね。

おっしゃるとおりです。

> でも、それだけ、魂にとっては、学びの場であると言えますが。

学びの場でもあり、地球人が真剣に環境を改善していかねばならないと思いま
す。

★食生活

> 食生活は、『成功の9ステップ』で有名なジェームススキナーの主張する果
実・野菜をメインとするのに似てますね。

かの地の果実野菜は環境が良いため
栄養も味も地球よりはるかに豊富のようですので
必ずしも地球と同様に考えられませんが
かの地では酪農製品や動物性たんぱく質の工場での製造が
あるようですので、動物性たんぱく質もバランスよくとっているようです。
ただ牛以上に大きな動物は虐待してはならずその肉を食べることができないよ
うですが

チキンなどの小動物は食べることが許されているようです。
やはり栄養バランスの関係でしょう。
また人口の最適調節をしているため
(これが環境問題の最大解決ポイントですが)
人口過密でなく高層住宅はなく
みな一戸建てで庭が広く家庭菜園で自家栽培、自給自足が原則のようです。

★高度文明社会では貨幣経済は無くなる

> 貨幣経済、これは必要ないでしょう。特に中央銀行は。
> これらを溶かす思想を今、模索中です。

これも重要ですが
これも精神性の進化を伴わないと
制度だけ変えても無理が出てきます。
つねに精神性の進化を並行して考える必要があると思います。

★政治形態、英知メンター制度

> 政治は、リーダー論、不可侵性、神々と呼ばれる様な聖なるもの、
自由などと深い関係がありますが、やはり、民意の向上なくして、新しい政治
形態&統治方法の確立はなしえないと 思います。

おっしゃるとおりです。民意の向上(政治家、官僚、マスコミも含め)
全体の民意の向上が絶対必要です。
そのために我々は研究と思索と啓蒙により努力していきましょう。

> 個人的には、民主主義が最高の政治形態だと思っていないので。

確かにいまの民主主義は愚民主義になる危険がありますね。

> 状況によっては、有能な独裁政治の方が必要な場合が有ります。

有能な独裁政治は愚民主義よりも良いかもしれませんが
素晴らしいリーダーが出た時に限りますし
恐ろしいものに変質する恐れもあります。
リーダーも含めて民意の向上が絶対に必要です。
そのために我々は研究と思索と啓蒙により努力していきましょう。

プレアデス/プレヤール人の高度文明宇宙社会では
弊論文にもありましたように
崇高な英知あるメンター(真の教育者)が
何層にも分かれて英知教育をし
みんなが自然に自発的に協力していく
そこに政治や独裁も民主主義もなくなります。
それが遠い将来の理想ではないでしょうか。
政治と言うよりも英知メンター制度でしょうね。
そのためにも我々よりも先に進化した
高度文明宇宙人の文明を真剣に学ぶ必要があると思います。

★スポーツ

> 貨幣経済がないのだから、プロスポーツが存在する訳ないでしょう。

スポーツで巨額のお金を稼ぐといったことはなくなるでしょうが
健康向上と楽しむためにスポーツは残るのではないでしょうか。

> 個人的には、テニスが過激なスポーツに分類されていない事を願います。

テニスはからだと神経を知的に鍛えますし
充分楽しい知的なスポーツですので、残っていくのではないでしょうか。
ご安心ください。

★教育と学習
>
> 質問としては、
> 1 教育と学習について
>  子供達への教育の第一法規は「他人の自由を損なうな」で合ってますか?
子供達への第一法則は
宇宙や自然の法則(善悪の道徳律を含め)を学ぶことだと思います。
江戸時代の寺子屋の方が現代の教育よりも
優れていた点もあるでしょう。

> 自己学習する為の教材は、やはり本なのでしょうか?

本もあるでしょうが
子供の頃は親を離れ寄宿舎に住み
優れた教師に宇宙の法則を徹底的に学ぶようです。
各個人にあった個性を伸ばすきめ細かい教育もするようです。

★行政(法)府と軍隊、防衛について

> 2 行政(法)府について
>  行政(法)府及びその特殊形態としての軍隊は存在するのでしょうか?

とても良い質問ですね。
政治がないので政府と言うのはないようです。
前述の英知教育メンター制度のようです。
ただし、一千以上惑星に住む高度に進化した住民は
お互いに高めあう友好同盟を結んでいるようです。

しかしこれは高度に進化しているからできることであって
そうでなければお互いに侵略しあっているでしょうから。
私は我が地球もこの同盟に入りたいと思ったりしましたが
地球内でも侵略しあっている現状のレベルでは加入は無理で
進化を急がねばならないと思っています。

それから軍隊ですが
政府がないのですから軍隊はないと思います。
もちろん、強力な防衛システムはあります。
防衛技術は常に研究を怠らず磨き抜かれていると思いますよ。
つまり、彼らの防衛力は極めて強力です。
つまりスイスのようにいざとなると全国民が防衛武装するのです。

例えば彼らの宇宙母船(乗員一万人規模)は
敵が来れば宇宙戦艦に早代わりするのでしょう。
自分からは絶対に攻めませんが
敵の侵略や攻撃からは強力に防衛します。
レーザー光線、遮蔽技術、航空技術など
強力な防衛技術を備えています。

宇宙にも、侵略性や野蛮な中程度宇宙人が沢山おりますから。
地球もその程度の段階でしょう。

精神的にも技術的にも進化途上の地球において
某国の前首相は友愛の海とか言っていましたが
自分の国の防衛をしっかりしないで
友愛とか平和とか言っても
それは本当の平和ではないでしょう。
自分の国が侵略されて文化や自由を失います。

本当の平和とは、自分から侵略や攻撃、戦争をしないが
自国の防衛力はしっかりと強化し、自国を守る所にあるのです。

それは丁度人間の健康と同じです。
人間は強力な免疫力(自己防衛力)が保たれる時、健康を維持できますが
免疫力(自己防衛力)を失うと病気になり、死に至るのです。
その典型例が、免疫不全症候群(エイズ)です。

自分の国を無防備にして
自分や自分のグループだけの利益や権力のために
国民を犠牲にするような危険な指導者は
国民として良く観察して、
選挙、投票などで
そのような国民にとって危険で有害な指導者は排除して
いかねばなりません。

地球の現状では
戦争や侵略は絶対避けなければなりませんが
防衛力も経済力も強化して自国を守り
国民のために政治を行う真っ当な政治家に投票し選んでいかねば
なりません。
そういう意味で国民の英知や民意レベルが試されるのです。
しかし、ここ一年、国民の民意レベルはずいぶん高まったと思いますよ。

以上、より良い未来に向けて
有意義な討議が出来たと思います。

★地球の未来学者の未来予測は正確か?

ジャック・アタリやアルビン・トフラーなど地球の未来学者が
いくら地球で優秀であろうとも
あやふやな推測や恣意が入り
若干は参考になっても実際的ではありません。

実際に進化を実現している高度文明宇宙人などをモデルに
これらの真剣な討議の積み重ねが必要だと思います。

この点真剣に研究、思考しているB先生にも非常に期待しているのです。
こういったエリート達が数人、数十人と出てくることを
願っています。

このような真摯な討論を経て、読者の間で、お互いの思考が深まり、
このような前向きな相互思索を積み重ねて
共同意識となり、グローバルブレインとなり、
世界は進化、向上していくのだと思う。

従って、メルマガの読者の皆さまも弊論文を読んで
感想や質問などありましたら、ぜひお知らせください。

より良い世界に向けて真剣に討議して参りましょう。
より良い世界は、運命に任せるのではなく
我々が創り上げてべきいくものですから。


HOME 健康英知研究所 (旧称 ㈱ 健康英知研究所)代表 斉藤英治