HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

●天国と地獄は、場所ではなく、心の状態を言う。
従って、天国も地獄も自分で創り出す事ができる。



先に、斉藤論文180号(2008/8/2)にて下記テーマで書いた。

『天国と地獄は「場所」ではなく、
人間が作り出した「心の状態」である。』
http://esaitou.c.ooco.jp/080802tengoku.html

従って、天国も地獄も自分で創り出す事ができる。

この理論を応用して、私は毎朝の散策中に次の詩を
歩きながら頭の中で考えた。
それを編集したのが下記の詩である。
貴方が天国を創るのにお役に立てば幸いである。

・・・・・・・・・・・・・・

深呼吸して
大きく息を吸う時
新鮮な空気を吸う時
天国の風が心の中に入ってくる。

大きく息を吐き
汚れた空気を
外に出す時
地獄の濁りが心から去っていく。

大きく息を吸い
希望や自分の可能性を捜し求める時
天国は心に入ってくる

周辺は暗くとも
一生懸命努力する時
天国は心に満たされる。

仕事を夢中で達成する時
天国のさわやかな風がこころに
入ってくる。

人に優しい言葉をかけたり
親切にすると
天国の風が心に入ってくる。

自分を大事にして
自分の特長を
掘り起こそうとする時
自分を慰めようとするとき
天国がその人に入ってくる。

嘘をついたり
人を妬んだり
うらんだり
憎んだり
する時、地獄の風が心に入ってくる。

自己否定、自己嫌悪、自虐、厭世、自殺願望
こんなとき地獄の風が心に吹き込んでくる。

こんな時は内なる価値観を
取り戻せ。
自分と言う人間がこの世に生まれてきた意味
自分と言う人間がこの世でいかに貴重な存在であるか
を考えよ。
そうすれば天国の風が
心の中で地獄の風を追い出す。

大きく息を吸って
大気にある自由、愛、幸い、平安、調和、知恵
自立心、自尊心、プライド、自己防衛心
などの元気の気を吸い込め。
そうすれば天国の風が心に舞い込んで来る。

大きく息を吐いて
身体に溜まっている
邪気を吐き出せ。
邪気とは、貪欲、嫉妬、貪り、恨み、憎しみ
虚偽、利己心、不正などだ。

これがエスカレートすると
不正、虚偽、暴力を用いても、
他人、他国のものまで掠め取ろうとする
強欲心にまで繋がっていく。

地獄の心を持ったまま
それを増大させる人の末路は悲惨だ。

これらの邪気を小さいうちに吐き出せ。
そうすれば地獄の風は外に出て行く。

激しい試み
激しい試練
激しい訓練の時もある。

これによりて激しく試され
心の天国は見事に修復され
貴方の天国は堅固となりゆるぎないものとなっていく。

正気を吸い、邪気を吐き出す
これらの深呼吸をしっかりして
天国を心の中に創っていこう。


HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治