HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

●自分のことをすべて解決するパワー(知力)は自分に与えられている。
宇宙英知学から学ぶ宇宙の法則の一つ。

日本、世界の政治、社会の劣化状況に慄然とする毎日である。
つまり、自分さえ良ければ他人、国、地球など
どうなってもいいという利己主義、貪欲主義の蔓延である。
日本人のモラルはここまで劣化したかと慄然とする毎日である。

そのような時、私の第三の師匠、ビリー・エドアルド・マイヤー氏の
次の言葉が私を慰め励ましてくれる。

斉藤和訳(英語原文は後述)
『もし災難が、あなたを打つなら、つまり、あなたの内なる世界(意識)や
あなたの考え、あなたの感情、及び、あなたの心を、一重、二重に、災難が打つなら、
それはあなた自身から来る(あなた自身が原因である)ことと認識しなさい。
なぜなら、あなたはあなた自身のすべてのことを解決できるパワーを
本当に持っているからである。』
(真理の杯 第3章210節)

つまり、私が心の中でいろいろ悩むとすれば、それは、私が原因なのである。
なぜなら、私には自分自身のことですべてのことで
すでに解決できるパワー(知力)が与えられているからだ。
この内なるパワーを活用できないから私は悩むのだ。

このすべてを解決できる内なるパワー(知力)を私は賢者の石と呼んでいる。
この賢者の石はすべての人に与えられている。
賢者の石とは、宇宙英知の一片であり、すべての人の中に入っている。
人が悩み解決策を見出せないのは、
自分の中に既にある賢者の石の存在を知らず活用もしていないからだ。
どのような問題でも、冷静に考えれば、すべて短期的、
長期的解決策が与えられているのだ。
つまり、人間は自己の努力によって
自分の運命を良い方向に創ることができる。
これが宇宙英知学、宇宙の法則の中でも
重要な法則の一つだ。

そして私に与えられた解決策は次の通りである。

結局は、これらの精神的な劣化現象は
戦後、いつまでも立ち直れない、
自立できない我々日本人の責任であり
今の日本人の精神的レベルの劣化が
集合して表面に現れたものと見た。

そして私自身がまず精神的モラルの向上と研究に努め
その成果をこのメルマガで人に伝えること。
それが私に出来る最良の選択だ。
そして一から研究と啓蒙をやり直さねばならないと。
その決意を固めている。
日本、世界の崩壊を防ぎ、素晴らしい日本、世界を未来に遺す為に。

英語原文
210) If a calamity strikes you in your inner world (consciousness)
as well as in your thoughts and feelings and in your psyche in a simple or double way,
then consider that it comes from you yourselves,
because you truly have the might in yourselves over all of your own things.

★2.参考、注記 マイヤー氏の原文はいかがでしたか
「真理の杯」原著(ドイツ語版、英語版一部)は無料ダウンロード可能です!

いかがでしたか。
以上の引用はマイヤー氏の文章のほんの一部です。
これからも時折紹介していきたいと思います。
この原文は全巻無料でダウンロードできます。
最新著書「真理の杯」(Goblet of Truth)とは
マイヤー氏の膨大な著書、30数冊以上の中でも、
直近の最新著書であり、彼のこれまでの著述の総括集です。
「真理の杯」は、ドイツ語原著でもA4版、全447頁、28章の
膨大な著書であり
そのうち、1〜4章が英訳されています。
次々と英訳、無料公開予定のようです。
ドイツ語原著も英語版も無料でダウンロードできます。
(和訳版はまだありません)

◆1.「真理の杯」ドイツ語全巻1〜28章)無料ダウンロード
FIGUスイス本部
http://www.figu.org/ch/

◆2.「真理の杯」ドイツ語・英語対訳版(1〜4章)無料ダウンロード
FIGU Society USA
http://us.figu.org/portal/Default.aspx

◆3.マイヤー氏の入門書(和訳版)については

「真理の杯」の和訳版はまだありませんが
入門書としてはマイヤー氏著「宇宙の深遠より
〜プレアデス/プレヤール人との
コンタクト」(全480頁、フィグ・ヤーバン監訳、水瓶座時代出版、有料版)
がお勧めです。ご興味ある方は下記から購入できます。
FIGU Japanフィグ・ヤーパン公式ウェブサイト
http://jp.figu.org/


HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治