HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

●私の宗教遍歴、今は、無宗教

こんにちは。斉藤英治です。

私の人間観や宇宙観を述べて行こうと思いますが、
その前に、それらに決定的影響を与えました
私の宗教遍歴について述べて見たいと思います。
いまは全くの無宗教ですが・・・。
思えば、これまで、69年間の人生の中に
いろいろなことがありましたね。

以前の私のメルマガに私の宗教遍歴について
こんなことを書いています。

「私事で恐縮だが、
いまから、45年前の1963年、23歳のとき、
自分の生き方に自信を失い、近くのキリスト教会に行き、
キリスト教(プロテスタント)に入信し、クリスチャンとなった。
それ以来、1980年、40歳の時に、退会するに至るまで、
17年間、熱心なクリスチャンとして、
教会学校教師や教会役員(長老)も務めた。

その間、旧約聖書から新約聖書までの
1700頁を超える分厚い聖書も暗記するほど読んだ。
私の論文に聖書の言葉が時折でるのはそのためであろう。
プライベートになるが、妻も当時、神学校に入った程の
熱心なクリスチャンで、教会が縁で出会い、
教会で結婚式を挙げた。

17年間の信者生活で、良い点もあった。
毎週仲間と会える事や、賛美歌という歌を歌えること、
世界的視野、特に、聖書を基本とする西洋の考え方に
目が開けたこと、などである。

しかし、教義という思考の枠(フレームワーク)内で
満足できるうちは良かったが、自分の思考が、
それを超えたとき、自由な発想や思考ができなくなり、
非常な窮屈さと制限を感じた。

妻も私より先にそれを感じていたようだ。
妻からの提案で、私も同意し、
キリスト教会からの退会を決意し、
1980年、いまから28年前に40歳の時に退会した。

そのとき私は感じた。教会の良いところも悪いところもあるが、
私は宗教を卒業したのだと。
それ以来、私は無宗教である。そしていま私も妻も、
無宗教の良さと自由を味わっている。・・・」

明日は、このような経験の上での、現在、私が抱いている宇宙観、
人間観について述べて見たいと思います。


HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治