HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

●ワクワクする時代がやってきた!
日本衰弱から治癒へ、激動の時代、自分の素晴らしい世界を作り方


★1.日本を衰弱させる複合汚染とは何か

まず、先週、当メルマガのおさらいをしよう。
日本という人体(国体)が最近、日々、衰弱している。それを診断すると、

第一の原因;精神力、道徳力、気力の衰え
第二の原因;日本国内の複合汚染による体力の衰え、

先週は、第一の原因の解決法を述べた。今週は、第二の問題、日本の複合汚染の対策について考えてみよう。

日本の複合汚染とは、どんなものか、その一例を、フランスのテレビ局の美人キャスターが親切にも、下記の動画で教えてくれている。四谷怪談のように恐ろしくて一晩眠れないかもしれない。

◆ごく普通のおばさんのひとりごと (Yahoo!ブログより)
 〜平凡な一市民がこれからの日本に不安を感じて

http://blogs.yahoo.co.jp/hazuki73ry/54434728.html

【追記】フランス語の映像に別の日本語の字幕をつけたもののようですので誤解のない様。

★2.日本を衰弱させる複合感染症の治療法

一番手っ取り早い、誰でも出来る、治療法は、いうまでも無く、衆議院選挙で、この複合感染症を悪化させようとしている候補を落選させることだ。そして、この複合感染症を防止しようとしている候補に投票し、当選させることだ。上記のビデオを参考に、各自の選挙区で調べて欲しい。

例えば、この複合汚染を必死になって防ごうと努力している、当選させたい候補として、大阪では、大阪17区(堺地区)で、西村慎吾氏(近畿比例選挙区では改革クラブ)、岡山では、平沼赳夫氏などだ。

それに、日本国民が一日も早く、これに目覚め、精神力、道徳力、抵抗力、免疫力をつける事だ。自分に精神力、道徳力、抵抗力、免疫力をつけるには下記の方法がある

★3.ワクワクする時代がやってきた!激動の時代、自分の素晴らしい世界を作り方

ところで、上記の映像のように、今の世の中を見ると、正に激動の時代だ。このような時に、もちろん、様々な現象を正確に観察し、自分で出来る範囲のことをやっていかねばならないが、一つ一つの現象に心配し、右往左往するのは、暴風雨の海上で小船に乗ったときのように、大波にいつも晒され、不安の連続である。

そんな時には、思考して、飛行機で海上から1万メートル上昇し、成層圏を飛んでいるつもりで世の中を上から大局的に時代の潮流を眺めることである。

そうすれば、いまの時代の潮流が見えてくる。前述の通り、今は水瓶座時代(英知の時代)の過渡期の後半なのである。これは2029年まで続き、水瓶座時代黄金期を迎える。
http://esaitou.c.ooco.jp/090412ougonki-Japan.html

つまり、過渡期においては、旧勢力(魚座:旧概念の時代)と新勢力(水瓶座:英知、知性の時代)が激しいせめぎあいを行っている。破壊と創造。暗闇と夜明け、旧勢力の最後のあがきの強さもある。逆転も再逆転もある。

しかし、どのように激しい嵐が来ようとも、自分は自分と言う偉大なる人体の小宇宙を作ることが出来る。自分という小宇宙を創れるのは自分自身に任されている。つまり自分自身が、非常に安定した平和な幸いな小宇宙を確実に作ることができる。自分の運命は自分で作ることができるのだ。これは宇宙の大原則だ。一人の人体の小宇宙と言っても、60兆個もの細胞の大集合体であり、その思考力は、大宇宙の果てまでに及ぶ偉大な宇宙なのだ。

それでは、具体的に、自分のうちに静かで充実した平和な小宇宙を作るにはどうしたらいいだろうか。

それは、誰でも出来る、とても地味だが堅実な方法だ。それは、自分と言う小宇宙の構成要素である自分の五大知能指数【脳IQ・心EQ・体BQ・精神SQ・場FQ】を自分の手で日々向上させていくことだ。「休みすぎると錆が出る」、「仕事や有意義な活動をすればさびは出ない」ということだ。
それでは、自分の五大知能をどのように向上させるか。

1)精神の知能指数、SQ:Spiritual quotient(英知、良心、志、精神)
とにかく上記のような問題について、自分なりに観察し、思考し、自分としての対策を考えることだ。そうすれば、精神にサビは付かない。そして自分なりの解決法が必ず見つかるのである。

2)心の知能指数(EQ:Emotional)
人との交流をやめず、面談、メール、インターネット、書籍などで絶えず自分の心、他人の心、人類の心、天の心など理解し、交流し、人間関係を良くする。

3)脳の知能指数(IQ:intelligence)と 4)体の知能指数(BQ:Body)、
仕事や有益な活動などによって脳と体を動かすことである。あまり休みすぎると錆がでる。

5)場の知能指数(FQ:Field)
絶えず、場(周り、環境)の空気を読み、場から、エネルギーやインスピレーションを吸収する。
場から、エネルギーや知識を吸収したら、自分で消化し、周りに良いエネルギーや良い知識を提供して、自分の出来る範囲で周りに良い影響を与える。

以上のように努めれば、確実に静かな満足した充実した小宇宙をどんなときでも作ることができる。このような変化が激しいときに、この静かな自分で作った小宇宙(船)に乗って、世の中の目まぐるしい変化を見つめていくのはなんとワクワクすることだろうか。

このメルマガの読者はそのワクワクした世界を体験する所の最も近いところにいる人たちだろう。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治