HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

●さわやかな清涼気分になる3つの小話〜1)ベランダで始めたミニ家庭菜園、2)『都会育ちの田舎暮らし』、3)知的なネット国民がマスコミの閉塞空間を破った瞬間

しばし、殺伐とした世の中の雰囲気から離れて、ちょっとのどかな風景に戻ろう。

★1.一つ目の話題は、ベランダでミニ家庭菜園を私が始めた話である。

誰でも心の奥底で生命の基本である食物を生産する農業を一度はやってみたいと思うのではなかろうか。農業というほど大げさではないが、数ヶ月前、私は妻とともに、近くの市民会館で、種屋さんから家庭菜園の3時間の研修を受けた。その後、テレビで、ベランダで家庭菜園が手軽にできるという番組を見て、自分もやってみようと思い立った。

早速、ベランダでコマツナなど5種類の野菜をミニ栽培し始めた。これまで、観葉植物や花の手入れは少しやっていたが、ベランダでの野菜栽培は初めてだ。

極めて小規模のミニ栽培ではあるが、種を植えて、一週間後に少し成長した野菜を撮影した写真が下記である。野菜の名前は、左側から、コマツナ(小松菜)、つまみ大根、ミニ白大根、フレンチブレックファスト(サラダ用)、かいわれ大根の五種類だ。(写真)

とにかく植物という生命は、種まきから始まって、芽を出し、葉や茎が伸び、やがて、収穫を迎えるのを眺めるのは、生命の本質の成長を眺めているのだ。成長するたびに小さな植物への愛しさに感動を覚える。これらの野菜が我々のいのちを育んでくれるんだと。まだまだ始めたばかりであるが、とても楽しみ、毎日朝水撒きをして、観察を続けている。
いずれ、収穫の時を迎えるのも楽しみである。

★2.都会育ちの田舎暮らし

心の奥底で誰でも生命の基本である農業をやってみたいと思うのではなかろうか。昔から晴耕雨読、晴れたら畠を耕し、雨の日は読書をするというのが、理想とされるのだから。

私は、いま研究や仕事で超多忙のため、上述のように、ベランダでのミニ野菜栽培や、観葉植物や花を育てること程度しか出来ないし、本格的な農業はやれていない。しかし憧れはある。
自分の汗水たらして作る作物。種から芽、芽から葉や茎、収穫と育つ姿をてみたい。これが労働の基本的な姿と思うからだ。

自分が憧れながらできない農業の体験をなんと、毎日を送りとどけてくれるメルマガがある。しかも、このメルマガ作者の農業を見る目は驚くほど明晰でさわやかだ。いつも感動させられる。

とても明快な目で、農業を見て観察し、とても新鮮な優しい気持ちで作物や自然や農家さんを見ている。東京から高知の山奥に引っ越して農業をやっている加藤のどかさんの下記メルマガだ。
非常に頭脳明晰な方である。農業、人に対する優しさ、自然に対する優しい目で見てくれる。そして教えてくれる。最近の作品『水源の森』など、まるで宮崎駿の名作アニメ『風の谷のなうしか』を見ているようなさわやかさだ。自分は体験できなくとも農業に憧れている人たちへ、ぜひ、お勧めしたい逸品である。

■ 「都会育ちの田舎暮らし」  発行者 加藤のどか さん、発行部数 4,293
東京から高知県へ移住した男が送る農業・田舎暮し等々のコラム。Uターン・Iターン・家庭菜園・有機無農薬・マクロビ・食育などの話も時々。08年まぐまぐ大賞【ニュース・情報源部門賞3位】受賞しました。
読者登録・バックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000246354/index.html

★3.ネット国民がマスコミの閉塞空間を破った歴史的な瞬間に出会う。

以下は【6月25日付「夕刊フジ」】(6月24日発行)より

『視聴者ら8300人NHKを訴え 「虚偽の事実捏造。極めて悪質」
台湾統治で偏向報道

日本の台湾統治を取り上げた、NHKスペシャル「アジアの“一等国”」(4月5日放送)
の偏向・歪曲問題で、8300人を超える視聴者らが25日、放送法や受信契約に違反する番組
で精神被害を受けたとして、NHKを相手に計約8300万円の損害賠償を求める集団訴訟を
東京地裁に起こすことが分かった。・・・』(引用終わり)

N.H.K.(ネット界では日本反日協会、捏造反日協会と揶揄されている)の偏向放送、NHKスペシャル「アジアの“一等国”」の反日偏向番組に対し、日本国民の怒り爆発、日本の裁判史上最大の8300人による集団訴訟、27人の弁護士による大弁護団結成。

上記のように、世の中の大変化の流れ(マスコミの情報独占⇒知的なネット国民の情報フラット化)の象徴的出来事が起こった。知的なネット国民が、情報を独占してきたマスコミの閉塞空間を破った瞬間である。知的な国民は、良質の情報や知識を、マスコミからだけでなく、ネットや書籍から得ていることをマスコミはまだ知らないのだろうか。

こんなゆがんだ偏向反日番組を流されては視聴料を払う国民はたまったものではない。

しかし、これらは一部の上層部がやっていることで、NHKやマスコミの中には、とても良心的な人も沢山いて、内部でも動揺が広がっているようだ。彼らの公平な判断、良心的思考と行動を信じ、期待したい。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治