HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

●映画「おくりびと」(アカデミー賞)の美しき死生観 その2〜21世紀型老化モデルの提唱、生と死の尊厳の意味が分かった時、人生観が変わる〜

★1.はじめに〜美しき死生観を三段階に分けて考える: 

前回のレポートで、私は次のように述べた。
吉田松陰はじめ優秀な門弟(武士)3000人を養成し、明治維新の新しい日本の礎となった一人と言われる、江戸後期、第一の学者(名メンター、武士)佐藤一斉も述べているように、生と死は、覚醒(活動)と睡眠に似ている。生と死は、表裏一体であり、お互いに助け合い、人を進化させることができる。
人間も死ぬことは、その与えられた着物を脱ぎ捨てることだ。そして、睡眠に入り、次の別の着物を着て生きる。これを繰り返し、進化して、やがては我々を生み育てた荘厳、偉大な大自然、宇宙と一体化して進化して行く。
これが荘厳、華麗で美しい人間のドラマだ。だれでもどのような人でも、この荘厳で華麗で美しいドラマの主人公の一人だ。従って、生の意味は、この中で、生に与えられた学び、仕事、生活、役割、使命を全うし、その責任を果たすことである。

上記のような先週の私のメルマガ論文について、がん患者に対する心理療法(サイモントン療法)を学んでおられる癌の専門家の読者の方から下記のコメントがあった。ありがとうございます。(詳しくは読者の声1参照)

> サイモントン療法では死について
> @今から死までについて
> A死の瞬間
> B死後
> に分けて考えています。

なお、 サイモントン療法とは、1970年代にカール・サイモントン博士によって開発された精神神経免疫学(PNI)に基づく「生活・生命の質(QOL)向上」を考慮した心身医学療法の一つで、私も熱心に学んだことがある。日本では同様の療法として、森田療法も開発されている。

そこで、今週は、先週の続きとして、健常者の前向きな読者の皆さんのために、いまの死生観が、@いまから死まで、A死の瞬間、B死後のイメージの三ステージに、どのような変化を与えるか、私は独自に時系列のグラフを作っているので、それを元に、この三ステージについて説明してみる。自分の未来を良い方向に変える事ができるのは、「いまの自分」しかないからだ。

★2.新しい死生観を基礎にした21世紀の老化モデル(斉藤式)の開発: 

先報のように、私は死生観を考えるようになってから、長期間かけて、約5年前に、私は、グラフ図のような21世紀老化モデル(斉藤式)を開発したのだった。 このモデルは5年前、京都大学時計台記念講堂で開催された健康医学会で、私、斉藤が講演、発表して、反響を呼んだ。このような21世紀型老化モデル(斉藤式)を研究し、提唱しているのは、私の知る文献の範囲では、世界初と自負している。

このグラフ図は、横軸に時間軸(誕生から、@いまから死まで、A死の瞬間、B死後のイメージの三ステージ)、縦軸に心身の健康度を示したものである。(以下、先報の斉藤論文集の中から、今回のテーマに合わせて、要点抜粋、再編集して、述べる)

図のように、老化モデルは、三つの型に分かれる。

■タイプ1)成り行き任せ:ケセラセラ型(成る様になる)→PPaK(ピーピーパーコロリン)型

自分の今後の生き方、死生観について、前向きな未来の思考や構築、準備を考えず、その日暮らし、食っちゃ寝、食っちゃ寝、欲望のまま、本能のままに動物的に生きる人。

明るい未来と自分の進化のため、勉強すべきこと、なすべきことが見えてこないから、目先のからだの調子や経済などが気になり、日ごろ、ピーピー文句ばかり言って、だんだん、心身が衰えて行き、寝たきりになり、やがてパーと痴呆症になって、コロリンと行く従来の生き方。

グラフでは、三角ケーキを倒したように、横軸の年齢と共に、縦軸の健康度は逆比例して、衰え低下していく。死への準備が出来ていないから、死ぬ時の健康度レベルは最悪気分、死んだ後も、死ぬ瞬間の進化レベルからスタートせねばならないので不利。

■タイプ2) 今流行のからだ元気型→PPK(ピンピンコロリ)型
成り行き任せ型よりましな、いま流行の生涯現役型。からだの健康だけに気を使う。終末低下型とも言い、死ぬ間際まで元気。死んだらおしまい。生や食にしがみつきやすい、死んだらハイそれまーでーよ、と一見さわやかだが、死後はお構いなしの無責任な生活になる。
また肉体の死は敗北と考えやすく、死ぬ瞬間は敗北感で惨め、さびしい幕切れ。死後のためもうちょっと研究、勉強し準備をしておけばよかったと臍をかむかも知れない。死の瞬間の精神レベル(SQ)で次の再生はスタートするため、それだけ、死後の進化レベルは遅れてのスタートのなる。

■タイプ3)21世紀の老化モデル(斉藤式)→PPP〜K!(ピンピンピーン これから!)型
私の提唱する21世紀型老化モデルPPP〜K!(ピンピンピーン これから!)。
身体も、心も、精神も日々鍛えていくから、人間レベルは年を経るとともに上昇、進化。若返る。
そして、死んだ後も、死んだ時点の精神レベルからスタートできる。だから死ぬ間際まで勉強する。死んだ後もすばらしい次の生がまっている。
「コロリ」とせずに「これから!」とした意味は、死後の希望ある「これから!」があるという意味だ。
まさにPPP〜K!(ピンピンピーン これから!)なのだ。
このメルマガの継続的読者のような前向きな人は、きっと、このタイプ3かタイプ2の人が多いだろう。

以上のようなわけで、私は講演や研修をするとき、いつも最後の締めとして、下記のように述べるのを常とする。

「皆さん。ご静聴ありがとうございました。私の後について、PPP〜K!(ピンピンピーン これから!)と唱える人は、かならず、唱えたとおりになります。これを唱えない人は、タイプ1、PPaK(ピーピーパーコロリン)のようになります。
はい!PPP〜K!(ピンピンピーン これから!)
一同、元気にPPP〜K!(ピンピンピーン これから!)
はい、結構です。あ!まだ唱えない人は、わずか数人いました!もう一度唱えましょう。」
と言うと、落ちこぼれなく、全員が唱えてくれる。かくて目出度く、全員がゴール、合格となる。
読者の皆さんもやってみましょう。はい!PPP〜K!(ピンピンピーン これから!)

★3.21世紀型モデル:PPP〜K!(ピンピンピーン これから!)型の深い意味
〜生と死の尊厳の意味が分かった時、人生観が変わる


このような死生観・生命観モデルのイメージを持って生活することは、人に前向きな希望を与え、生活・生命の質(QOL)向上に必要・重要なことではなかろうかと思っている。そこで、このモデルについて、若干、詳しく説明する。

それは、「覚醒と睡眠」(一日のサイクル)と「生と死」(一生のサイクル)を重ね合わせると良く分かる。睡眠(死)の後、朝、目覚めたら、睡眠(死)でリフレッシュされたさわやかな早朝から始まる一日が待っている。昨日の一日より更に進化したすばらしい一日が。睡眠(死)によって、前日の疲労もすっかりとれ、新しいエネルギーで充電され、新調されたピッカピカの新しい服を着て、疲労もすっかり取れ、新しい人や出来事、場所、経験に出会い、一日一歩前進、進化する。そして、日々、一生一生、進化していく。明日も明後日も、その次の日も、日々、新たにされ、前日よりも一歩進化し、一歩前進し、理想の完成に向けて近づいていく。

そのような時に何が起こるだろう。まず、睡眠(死)への恐怖は無くなる。人が、充実した活動を終えて、快い睡眠(死)を待ち望む。誰も睡眠(死)に恐怖や不安を覚える人はいない。一日を過ごした快い充実感を持って、布団に入る。それは、熟睡(死)の後に、さわやかな翌朝がまっているからだ。

その日一日学んだことや経験が、次の日に生かされて、前日のレベルから上昇できると分かれば、当然、その日一日、次の日も想定して、着実に、堅実に、あせらずに、その日なすべきことをなすようになる。つまり、その日の使命、生き方が分かる。希望の明日とそれ以降があることが分かれば、とうぜん、今日のもっとも充実した生き方が分かる。なにをすればよいかがわかる。

そして、すべての人が協力し合い、宇宙全体の完成に向かっていることが分かれば、自分のことだけでなく、周りの人も、世界中の人々も、動物も、植物も、自然も、完成に向かう一体、地球ガイヤ(地球共同生命体)、宇宙ガイヤ(宇宙共同生命体)、グローバルブレイン(世界頭脳)の一員(重要構成員の一員)であることが分かり、自分だけでなく、他人も仲間であり、兄弟であることがわかり、そこに普遍愛が生まれる。他のすべてのものへの共感が生まれ、他人を蹴落としても自分だけという利己主義は自然に消える。

もはや、そこには睡眠(死)やそれに連なる病気への恐怖や不安はなくなる。生の間、肉体的健康に気をつけて、精一杯生きるが、生への執着はない。もう夜がきて寝る時間が来ているのに、いつまでも夜更かしをして、薬まで打って、マカロニパイプまで蛸のように付け回って、苦痛にあえぎ、医師に拝み倒してまで、夜更かし(延命)をする必要はない。次の日のさわやかな朝と活動に向けて、もっとも楽しみな睡眠に入るのだ。

かくて、正しい死生観を持って初めて、画家ポール・ゴーギャン(1848-1903)が切に求めた人間最大の問題集『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』を解く事ができる。(絵は、ポール・ゴーギャン(1848-1903) 作、『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』1897-1898年(ボストン美術館所蔵)」http://www.salvastyle.com/menu_impressionism/gauguin.html 

それでは、読者の皆さん。お読み頂きありがとうございました。私の後について、PPP〜K!(ピンピンピーン これから!)と唱える人は、かならず、唱えたとおりになります。
はい!PPP〜K!(ピンピンピーン これから!)・・・、はい!全員合格です!ありがとうございました。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治