HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治論文  ●誰でもいつでも出来る人間力向上シリーズ
〜自分を良くし、周囲を良くし、そして人類を良くする方法


1)「成すべきことを成そうと思え。そうすればその通りになる」
これが自分を良くし、周囲を良くし、そして人類を良くする方法のキーワード、KFS(キーサクセスファクター:最大成功要因)である。

2)自分で、自分を制御し、良くすることなど難しいのに、ましてや、自分の周り、日本、世界を良くするなんて、到底、出来るわけがないと考えがちだ。とくに、複雑化、多様化、悪化、凶悪化、情報化、ネットワーク化、良化、知識社会、英知社会などが入り混じっている現代社会においては・・・・!!

3)しかし、あきらめる必要はない。あわてる必要も無い。パニックに陥ることもない。うつになり落ち込む必要も無い。きちんと、整然と、貴方への道は準備されているからだ。

4)その手順は、近代科学、哲学の父とも言われるルネ・デカルト(フランスの哲学者、科学者1596-1560)の言葉

「我思う、ゆえに我あり(Je pense,donc je suis. )“I think, therefore I am”」
別の言葉で言えば、
「成すべきことを成そうと思え。そうすればその通りになる」

を銘記しよう。まず、このように思うことだ。

5)思うこと(think)は、自分の行動(behaiviour)を変える。自分の表現を変える。そして、周辺にも良い影響を及ぼしていくのである。それが自分のいま生かされている役割である。自分を悪くし、周辺を悪くするために自分は生まれてきた訳ではない。自分を良くし、周辺を良くするために自分は生まれてきたのである。

6)世界は混乱、悪化しているように見える。しかし、いまは、知識社会から英知社会への過渡期だから、いまは、悪の勢力も最期の悪あがきをしているのだ。善の勢力も確実に増大している。油断してはならないが希望もある

7)あせらずにあきらめずに希望をもって上記の道を進もう。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治