HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治論文 ●このメルマガ、HP発行の目的は〜最も美しきもの、最も価値あるもの、最も大いなる収穫、最もすばらしい生きがいの研究成果を分かち合うことにある
あのジョン・レノンが不朽の名曲、IMAGINEを遺したように。http://www.platon.co.jp/~nowhere/flash/john.html


1)このメルマガ、HP発行の目的は、今生きている人生の意味と価値について、私の研究成果を読者に提供することにある。つまり、最も美しきもの、最も価値あるもの、最も大いなる収穫、最もすばらしい生きがいを求めての私の人生の旅の収穫を分かち合うことにある

2)それによって、各自、読者は、次のような自立的思考法を、自分で構築するための一助として、私はそれを応援したいだけである。

★1.現実にいまの時を有意義に過ごすことができる。
★2.自分の過去から有意義な教訓を得ることができる。
★3.自分の未来に備えて、いま有意義な準備をすることができる。

3)私は、これまでの68年の人生の中で、人は何のために生きるか?世の中で最も価値ある、最も収穫のある、最も美しい生きがい、しかも最も困難でもある生きがいは何だろうかを探求してきた。

4)人は誰でも切に求めし、求めてきた。世の中に生きてきたからには、最も美しきもの、最も麗しいもの、最も価値あるものに出会いたいと。

5)例えば、これを求めて、画家ポール・ゴーギャン(1848-1903)は、理想と楽園を求めて、画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)と共同生活をしたりした後、南太平洋(ポリネシア)のタヒチ島に渡り、晩年、畢生(ひっせい)の大作、下記の題名の絵を描いた。遺書代わりの終生の総決算の絵だったという。「我々はどこから来たのか,我々は何者か,我々はどこへ行くのか 」
(絵は、ポール・ゴーギャン(1848-1903) 作、『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』1897-1898年(ボストン美術館所蔵)」 http://www.salvastyle.com/menu_impressionism/gauguin.html

6)世界の代表的シンガーソングライターの一人とも言えるジョン・レノンは、これを求めて、不朽の名曲、名歌、IMAGINEを作った。彼自身の歌と歌詞はいまでもここから聴ける。この曲は、米英日でベスト1位となり、ある国々では国歌並みの扱いを受けていると言う。・・・http://www.platon.co.jp/~nowhere/flash/john.html

7)これほどは出来ないかもしれないが、私の出来る限り、私の研究した結果得たものを読者に提供していきたい。これが私の生きがいであり、使命であり、もっとも喜びとすることだ。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治