HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治論文  ●KSF(キーサクセスファクター:成功するための最も重要な要素)とは?
〜誤り、苦悩、悩み、悲痛から解放されるためのKSF(キーサクセスファクター)は、【正しい知識の習得】にある!〜


1)人は、誤りやすい。悩みやすい。諺にもあるように、 To err is human:誤りは人の常。人は悩み、悲しみ、苦しむ。これらから解放される方法はあるのだろうか?

2)その方法のキーワード(鍵となる重要語)を言えと言われれば、それは「正しい知識の習得」と答える。

3)ビジネス用語でも、KSF(キーサクセスファクター:成功するための最も重要な要素)という言葉があるが、ビジネスでも、プライベートでも、成功のKSFも、「正しい知識」である。人は、誤り、苦悩、悲痛などから解放されて身軽になって初めて、本格的な仕事ができるからである。

4)だから正しい知識に出会うことは重要だ。それ故、人は、勉強する。しかし、残念ながら、いまの世の中には、正しい知識もあれば間違った知識もある。場合によっては、ある人たちによって、意図的に間違った知識が流されている場合もある。

5)誤った知識に出会いこれに固執している限り、人は誤り、苦しみ、悲しみから解放されず、いつまでも、くよくよ、じくじく、もやもや、苦しみの中をさ迷うこととなる。

6)この論文を書く目的は、私が、試行錯誤を繰り返してきた中で、現時点で、正しい知識と思われることを紹介することにある。思えば、私自身も、若い時から、ずいぶん、試行錯誤を繰り返し、悩み苦しんできた。

★誤り、苦悩、悩み、悲痛から解放されるKSF(成功要素)を発見し、紹介するのが社会貢献の道

1)それでいて、若い時の悩み、苦しみ、悲しみが無駄であったかといえば、いま考えると、そのときには、それなりの意味があったのだと思う。

2)それでも、68歳のいま、若い時よりはずいぶん身軽になってきた。とは言え、もちろん、完全とは言えない。ただ正しい知識への精度が高くなっていると言える。それに従い、誤り、悩み、苦しみ、悲しみによってぶれることが少なくなり、立ち直りまでの時間が早くなって来たといえるだろう。それが進化、進歩と言えるだろう。

3)ただ、言えることは、正しい知識に早く出会う方がそれだけ、進歩も早いということであろう。それだけ有利である。特に、正しい知識に出会わなかったばっかりに、犯罪を犯したり、悲劇に出会ったりするのを、テレビや新聞などで見るに付け、心を痛める。マスコミの記事にならなくても、潜在的に苦しんでいる人も沢山いるだろう。かつての私がひそかにずいぶん苦しんだように。したがって出来るだけ広く多くの人に誤り、苦悩、悩み、悲痛から解放され、思い切って本格的に自分のやりたいことに取り組みができる方法を私自身が探究し、発見したことを伝えたいのである。それが私の出来るのわずかばかりの社会へ恩返しである。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治