HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想  ●人間関係の基本:自分とすべての人間に敬意を持たねばならない理由〜すべての人のいのちはなぜ重要か?これが分かれば、世界の諸問題は解決に向かう

★1.暗いニュースが続発する根本原因は人間のいのちの軽視

1)最近、テレビや新聞を見ていると、暗いニュースが余りにも多い。殺人、自殺、強盗、災害、環境悪化、地震、食品汚染、官僚の腐敗、汚職、族議員が平気で道路などの巨大権益を主張する。

2)国民の年金や医療を誰かの怠慢や悪意で、または強欲で食い物にする。殆ど人が通らない、使わない道路や箱物に国民の何兆円、何千億円もの血税を平気で投入する官僚や政治家。

3)時代と共に、科学技術は進歩し、世の中は進歩していくはずなのに、ますます退化、堕落、腐敗していくように見える。どうしてこのような事が次々と起こるのだろうか?その根本原因は?

4)よく観察すると、これらの多くの暗い出来事の原因は、結局は、人間の心の方向の問題に起因することが分かる。つまり、人間が他の人間を軽視しているためだ。

★2.なぜ、自分とすべての人間に敬意を持たねばならないか、なぜいのちが尊いか、説明できない学校

1)いま、自分自身を尊敬できない人は多い。他人を尊敬できない人も多い。だから、平気で、自殺したり、他人を傷つけたり、殺したりする。他人のものを奪ったりする。人の住む地球を汚染したりする。

2)世の中で、犯罪や内乱、戦争が絶えないのも、結局は、自分の価値、他人の価値、人間の価値、自分を含め人間の生きている意味と価値が分かっていないからだ。

3)新聞やテレビなどを見ると、子供への犯罪などが発生すると、学校では、全生徒を講堂に集め、校長先生などが、「いのちの大切さ」などを説く。しかし、なぜ人間のいのちが大切なのか、説得力のある答えをまだ聞いたことがない。学校の先生でさえ、説明できないのだ。

4)自分とすべての人間に敬意を持たねばならない理由。なぜ?この問いに正確に答えることができない世の中。これがいまの世界の現状であり、犯罪、争い、環境汚染などあらゆる問題が噴出している根本原因だ。

5)その答えは、端的に言うと、物質文明の偏った発達によって、目に見える物質やその象徴のお金や物質経済のみが強調され、目に見えない調和のつながりや関係を見ることができなくなり、人間の生きている意味と価値が分からなくなってきているからだ。詳しくは、斉藤論文「未来の最も美しいすがた〜世界は分裂から調和へ」
   http://esaitou.c.ooco.jp/080518beautiful.html

★3.自分とすべての人間に敬意を持たねばならない理由、人間のいのちがなぜ尊いかその理由

1)それは、画家ポール・ゴーギャン(1848-1903)が切に求めた人間最大の問題集『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』の問いの答えにも深く関連している。

2)その答えは、端的に言えば、自分もどのような人間も、宇宙の中で創造された宇宙の中の重要構成員の一員であり、宇宙英知の一片(賢者の石)を自分の心の奥底に保有しているからである。

3)それゆえ、自分も他人もすべての人間は尊い、尊敬できる、敬意を持つことができるのだ。また敬意を持つべきなのだ。

4)これが分かった時、自分の中にも世の中にも平和が訪れるだろう。

5)これが分かった時、自分と他人が生きていることの大切さが分かる。自分の中に清らかな自尊心と自信が生まれる。他人に対しても、敬意の念が生まれる。そして、平和と調和、自由が生まれる。

6)他人を蹴落としても自分だけが・・・という傲慢や利己心が消えていく。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治