HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 ●地球温暖化、環境破壊などで破綻しつつある地球社会への処方箋(3)〜地球を救う白馬の騎士になろう〜

1)しからば、どうすれば良いでしょうか。それを立て直すには、人間が本来持っている精神的資本、SQ(英知力)を豊かにして増やすことです。そうすれば、精神的負債は減少して行き、つまり、自然環境への負債を減少させ、精神的資産を増加させていきます。

2)つまり、前述のダナー・ゾーハーやイアン・マーシャルによると、カネやモノを資本とする従来の資本主義を、SQ(英知・良心)を資本とする資本主義にすれば、世界、地球の方向は、下記のように変わり、世界は、新しく生まれ変わり、進化していくといいます。即ち、人類は資源の乱獲、搾取をやめて保護するようになり、そして新しい資源を次々と発見し、生まれてきて、精神的資産が上昇してきます。

3)将来世代を大切にして将来世代に多くの有意義なもの、正の遺産を遺していくのです。地球は満足感と充足感に満ちて、幸福と平和を味わうのです。人々は利己主義からのがれ、献身的に、自己と世と人のために貢献するようになります。そこに希望が生まれ明るく楽しい生活ができるようになります。

4) 人々は英知と良心で満たされ、それによって将来が約束され、生き残り、愛と創造に満たされて進化を続けていくのです。このようにして地球環境は改善し、さらに良くなり、人類は進化を遂げ幸福になっていくのです。これが、物質資本主義から英知資本主義へ進化させるシナリオです。つまり、英知という資本を増やせば、精神的負債は減り、精神的資産価値は増大し、精神的にも物質的にも豊かな生活が実現します。

5)このように現在の地球から、SQ(英知・良心)を資本とする資本主義を理解し実践して、地球を救って行こうと考える人が、人口の2%から5%になれば、地球は救われると、ダナー・ゾーハーらは言っております。私は、これらの2%から5%の人たちを「地球を救う白馬の騎士」と名づけ、その騎士の養成を開始しました。皆さんも、地球人類を崩壊から救うこの白馬の騎士運動に加わりませんか。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治