HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 ●〜地球温暖化、環境破壊などで破綻しつつある地球社会への処方箋
   新バランスシート(貸借対照表)の緊急提言〜


1)いま、世界中で地球温暖化、環境破壊など様々な困難と混乱の最中にある。物質の代表であり象徴であるお金を中心とした物質偏重主義が破綻しつつあるように見える。この破綻を打破するには、物質と精神のバランスを取る事が求められよう。

2)そこで、企業で使用される基本的な経営指標を表すものの一つとしてバランスシート(貸借対照表、B/S)について、考えてみよう。(右の表の中の黒文字の部分)

3)これはこれで、企業の物質的な価値と利益を診断するものとして重要だ。

4)バランスシートB/S(貸借対照表)の公式は次のとおりである。

 1.資産=負債+資本
 2.資本=資産−負債

5)物質的価値と精神的価値は人類の進化生存のための車の両輪である。前述のように、いまの地球上の人類は物質的価値のみに偏向し、破綻をきたしつつある。
現代においては、企業も人間も、物質的価値を代表する金銭(お金)で価値が測られている。

6)即ち、出来るだけ、資産を増やし、負債を減らし、資本を増やすのが、良い経営とされる。

7)しかし、その会社、人間の方向が、我々、人間の住む環境(FQ)を破壊するものであれば、金銭的に良い経営でも、人間にとって、住む価値(場の価値FQ)を悪化させている。つまり、物質的に良いとされる経営が本質的には住環境を悪化させる悪い経営となる。

8)従って、これからの人類は、物質的バランスシートだけでなく、精神的バランスシートをも作り、精神と物質のバランスを取らなければなるまい。そこで、筆者は、精神的バランスシートを試作して見た。(恐らく、筆者の知る範囲では、世界初の精神的パランスシートであろう)。それが上記バランスシートの緑の部分である。

9)つまり、環境から借りて住まわせて頂いている環境、隣人、社会への負債を出来るだけ返済し、恩返しをし、資本としての自己の英知力(SQ)を充実向上させることによって、自己、人間、人類の資産[IQ(脳力),EQ(心力),BQ(体力),FQ(場力)]を向上させて、全体として、自己と隣人と人類と地球の価値を増していく事ではなかろうか。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治