HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想

脳科学シリーズ〜思考力・集中力の強大なパワーを活用しよう。そのメカニズム

●1.誰でも持っている強力な秘密兵器:この強大なパワー、思考力

1)誰でも持っている思考力とは強大な秘密兵器だ。それは、豪華客船の舵取り室(船長や航海士が舵を取る司令室)のようなものだ。何万トンとい巨大な豪華客船が、船長や航海士の舵取りひとつで、方向を変えることができる。この客船と航路とは人格、人生行路である。到達する港が人生の到達する最終の姿である。

2)この人生という豪華客船の方向を決めるのが、舵取り室(司令室)の中の船長や航海士だ。これは脳内(司令室)の表面意識(船長)が考える思考(舵)ということになる。

3)船長が、正しい舵(思考)をとれば、正しい方向に人生と言う船を動かすことができる。間違った舵を切れば、間違った方向に人生と言う船を動かすことができる。

4)正しい舵(思考)とは、自然の法則に則った積極的で善良な思考法のことだ。善良な思考法とは、自分や他人や自然を愛する思考法だ。正しい舵(思考)を取れば、正しい方向に人生を導くことができる。つまり、人生成功、幸福、満足、健康への道だ。

5)船長が、間違った舵を切れば、間違った方向に人生と言う船を動かす。

6)間違った舵(思考)とは、自然の法則に反した消極的で否定的で悪質な思考法のことだ。悪質な思考法とは、自分や他人や自然を憎んだり、騙したり、傷つけたりする思考法だ。間違った舵(思考)を取れば、間違った方向に人生を導く。つまり、人生失敗、不幸、不満、破滅、悲惨への道だ。

7)従って、自分の船の舵(思考)を正しい方向に制御(運転)することが、人生最大の仕事ということができる。

●2.集中力のメカニズム〜成功脳科学、無気力・犯罪脳科学から見た

1)思考の集中力と言うのは、自己の心、身体、そして、周囲の環境に驚異的、決定的な影響力を発揮する。どのような思考でも、それに集中すれば、その思考は、表面意識から、潜在意識に沈潜し、自動的プログラミングが形成され、これが、心、身体を通して、性格、人格、運命、人生に決定的な影響を与えていく。

2)つまり、ある人が、その思考を、復讐、憎悪、憎しみ、騙し、などに集中させると、それは、犯罪、殺人、詐欺行為となって、その人の行動、人格の中に表れる。これが犯罪脳科学のメカニズムだ。

3)また、ある人が、その思考を、愛、成功、進歩、進化の考えに集中させると、同様のメカニズムで、これが自動的プログラミングのように、潜在意識に埋め込まれ、心、身体を通して、その人の人格、性格、人生に、成功、幸福、進化を形成して行く。

4)また、ある人が、その思考を、自己憐憫、自己否定、自己軽蔑などに集中させていると、同様に、その人は、うつ病、自殺、無気力、ニートなどの空虚な人生を形成して行く。これが無気力脳科学とでも言えようか。

5)それは個人に限らず、特定の思考に集中させる民族、国、会社、グループでも同じメカニズムが働く。ただの金銭的儲け主義、物質主義、利己主義に思考を集中させた国家、民族、会社、グループは、それ相応の結末を辿る。

6)愛と成功、進化、進歩に満ちた思考を持っている民族、国、会社、グループは、それ相応の民族、国、会社、グループの姿を形成する。

7)このように思考の集中力は、驚異的、決定的影響力をもっているから、思考を何に集中させるかが最も重要となる。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治