HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想

●世界初公開!脳科学+知的生産の技術+価値工学(VE)=高価値(愛、調和、自由、喜び、幸福など)を生産〜
第3部 楽しい生涯学習により、日々、高価値を生み続ける仕組みを作ろう!

■次に図のフローチャートの第二列目のB)脳内生産工程であるが、

★1)工程1、2【学習・研究工程】は、心の食事、生涯続く楽しみ
人間の脳の構造として、一人一千億個の脳細胞を持ち、学習によって、脳細胞から神経線維が伸びる脳ネットワークが形成するように出来ているから、生涯にわたって学習と研究を行い、進化、成長することが人間生涯の生きがいであり楽しみといえよう。学習、研究をやめることは、人間の生きがい探求を辞めることであり、脳不使用症候群による脳の機能低下になり、認知症や様々な老人病につながっていくだろう。従って、生涯学習、研究は若さを保つ基本技術だ。

★2)工程3、4の【訓練と実践工程】により、心の栄養が心の血となり肉となる
学習、研究によって、心の栄養を吸収しても、それを何度も試行錯誤しながら、訓練し、練習し、修練し、実行し、実践する時、はじめて、自分の心の血となり肉となり骨となり、自分の脳と心は著しく進化、強化される。
従って、良いことを学んだら、それを実行してみることが高価値の生産の要諦の技術だ。

★3)工程5の【実現工程】は最終仕上げの重要工程
訓練、実践を経て、最終の実現工程に入る。こうなると自己の意識、脳、身体、行動、人格に内側からの新しい変革が起こる。これは創造であり進化である。これは、自分にも気付かないほど穏やかな変化であるが、自分の人格や行動が、内側から自然に、愛の人、調和の人、自由の人、喜びの人、幸福の人になっている。これを価値の内側からの自己化と呼ぼう。

■次に図のフローチャートの第三列のC)生産品(収穫)はどのように生み出されるか

★1)心の内(EQ,IQ)なる効果、変化:
その人の心の内側に、高価値(愛、調和、自由、喜び、幸福など)が増えてくるから、愛によって自分や他人や周りの動植物がますます好きになり、心の中の調和によって、気持ちは落ち着き、不安や心配は少なくなり、心の自由によって、ストレスや制約から解放されて、気持ちが自由に楽になり、集中力が増して、やりたいことをやれるようになり、心の内側から深い喜びが生まれてくる。これらの総和として幸福や喜びが増す。

★2)眼に見える外側(BQ)の効果、変化
上記のように心の内側が安定充実して、変化すると、自然に、自分の周りが良い方向に変化してくる。つまり、人間関係が著しく改善し、周りの人から愛されるようになる。これは自分が自分と周りへの愛が増した結果である。

★3)経済事情や健康福祉の向上:
また、自分の生活経済事情も著しく改善されていく。これは、心のうちが安定、充実し豊かになるとうぜんの結果として、自分の生活設計もしっかりできるようになるからだ。それと心の内側(SQ,EQ)が健康になれば、その統制化にある脳(IQ)頭がよくなり、や身体(BQ)も健康になるのは当然の結果である。

★4)FQ(場、環境)への高価値の波及効果:
このようにして、こころの中(SQ,EQ)の充実、高付加価値の増加は、脳(IQ),や体(BQ)に波及し、さらに心身の外側の隣人や周辺、環境にも波及していく。つまり、自分だけでなく周りにも幸福が増大するということだ。
その結果、自分の価値や他人、周辺の動植物の価値にも気付くようになり、自己、他人、周辺環境の動植物の尊厳、品格をますます大切にし、尊敬するようになる。これが自己や周りの価値と意味の再発見である。

■【まとめ】全生産工程は、周期的に、生涯にわたって、らせん状に生産性向上:
大切なのは、これで終わるのではなく、この図の生産工程は、日々、繰り返され、一回ごとに、質的に、らせん状に上昇していくことだ。
従って、学習、研究、訓練、実践、実現の工程は、年取っても生涯終わることなく、日々、質的レベルを向上させながら、継続していく。かくて高価値は生涯終わることなく喜びと楽しみは尽きることなく、高価値を生み続けていくのである。
結論として、一番大切なのは、その入り口となる楽しい生涯学習を続けていくことだろう。これが高価値を生み続ける強力なエンジンとなるのだから。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治