HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想

●脳科学シリーズ(4)原因からの根本解決で [失敗・悲しみ・不幸]を、[成功・喜び・幸福]に変換できる

★1.脳科学や人間、自然界に働く重要法則、[原因と結果の法則]を活用しよう


人が成功して幸福を獲得する場合でも、失敗して、不幸に陥る場合でも、それは結果であり、その結果を作った原因が必ずある。原因が結果を生み出すのだ。これが原因と結果の法則である。この法則は、人間や自然界に働く重要法則である。
愚かな人は、表面的な結果だけを見て、右往左往し、表面的な結果だけを取り繕うとする。原因が治っていないから、次から次へと次の問題が噴出してくる。これを表面ソリューションと呼ぼう。医学で言えば、対症療法である。

賢明な人は、結果が出たときは、その表面的な結果だけに一喜一憂せず、冷静に、その原因を探求し、その原因を改善、改良し、育てる。そうすれば、焦らずとも、自然に不動の良い結果が次々と生まれてくる。これが原因ソリューション、医学で言えば原因療法、根本治療である。

★2.憎しみ、犯罪、争い、戦争、環境汚染、うつ病、苦悩など次々と起こる現代

人間の場合、どうであろうか。科学や技術が飛躍的進歩した現代でも、憎しみ、病気、犯罪、争い、戦争、環境汚染、精神錯乱、苦悩など次々と問題が起こってきている。これは結果であり、原因を辿らないといつまでたっても解決しないだろう。つまり、表面ソリューションでは解決しないだろう。
この原因を、マクロ的に言えば、デカルト、ニュートン以来、近代科学や医学は、物質や肉体の研究に偏重し、これに大きな影響を与える精神的分野の研究を軽んじてきたと結果と言えよう。原因は眼に見えない所に潜んでいるからだ。賢明な読者と共に、その原因を辿っていこう。自分の幸福のためにも、同胞の幸福のためにも。

図のように、人間の場合、氷山に例えれば、表面的に結果として表れるのは、この図の最上部のBQ(体)による行動や人格である。このBQ(体)による行動や人格とは、その下にあるIQ(物質意識、表面意識)が生み出す思考(thinking)が、考え(thought)となり、それが、行動(behavior)や人格(Personality)となる。つまり、BQ(体)による行動や人格(結果)の原因は、IQ(物質意識)が考える思考である。

★3.IQ(物質意識)による利己的な思考の誤りが人の悲劇の根本原因

ところが、このIQ(物質意識)による思考というのは、脳という重要ではあるが有限の物質が生み出す思考であり、心理学的用語で、EGO(エゴ)と呼ばれるように、コンピュータのように論理的計算は得意だが、非常に利己的であり、自己中心的である。したがって、自分が良ければそれでよい。他人や周辺、自然、環境も考慮せずに暴走する場合が出てくる。ここに争い、憎しみ、犯罪、内乱、戦争、環境汚染、失敗、不幸、ストレス、苦悩などの根本原因がある。
つまり、IQ(物質意識)による利己的な思考の誤りが人類の悲劇の根本原因といえる。

ならば、このIQ(物質意識)による利己的な思考の誤りは、どのように防止して、正しく出来るのだろうか。そこで、人間には、心(EQ)が与えられている。心は、感情、情緒といわれているもので、自分だけでなく、他人や自然の心も理解できる力を持つ。

★4.EQ(心)やSQ(英知・良識)の脳科学的研究が進み根本的解決策が見えてきた

最近になって、ようやく、このEQ(心)の研究も次第に行われるようになり、米国の心理学者、Daniel Golmanよって、EQ(心の知能指数)という本も出され、世界的ベストセラーにもなり、この分野に関心が持たれてきたのは良いことである。
ただ、このEQ(心)は他人の心も分かり、従って、周囲の人間関係も良くするが、ともすれば、自分の所属する会社や国だけが良くなればいい、他の会社や国はどうなろうと無関心、と言ったグループエゴになる危険や限界もあることが指摘された。
そこで、その限界を乗り越えるために出てきたのは、意識の脳科学的研究と臨床をしてきた英国の精神科医のIan Marshalや物理学者のDanah Zoharらであり、SQ(spiritual Intelligence)の本を出して、これも世界的ベストセラーになった。このSQは心を活性化し、心に正しい指針を与えるとした。
これがEQ(心)を豊かにし、IQ,BQの行動を正しくしていく。これが人間を幸福にする原因と結果である。

★5.すべての人間が持つSQ(英知・良識)を豊かにしていくことこそ根本解決の道

さらに、脳科学と心身の健康医学の研究をしてきた、筆者、斉藤英治は、SQとは人間の内奥にある最も崇高な部分である英知・良心の内奥意識であり、この中に宇宙からの英知の一片(CSQ:Cosmic SQ)が入っていることを見出し、これを[賢者の石]と同定した。この賢者の石は人間が誰でも持っており、これがEQ(心)に正しい指針とエネルギーを与え、EQ(心)がIQ(脳:物質意識)を良い方向に活性化し、その結果、IQ (脳:物質意識)が正しい思考が出来、その結果、正しい行動が出来るという、相互補助関係にある、つながりを発表した。

★6.まとめ〜脳科学に働く[原因と結果の法則]を適用すれば、人間の氷山はくずれない

従って、結論として、人生を氷山と例えれば、図の右側の氷山のように、海面下のSQ部分、EQ部分の育成を忘れ、貧弱なままにしておくと、IQ、BQを支えるものがないから、氷山は、いつか、音を立てて崩れ去る。これは、犯罪、事故、自殺などの最大原因である。
従って、対策としては、図の左側の氷山のように、その原因となる海面下にあるSQ部分、EQ部分を良く養い大きくして行けば、氷山は安定し、崩れることはない。つまり、犯罪や事故を起こして人生に誤ることはない。なぜならSQ(良心、良識)がEQ(心)を支え、育て、EQがIQを育て、IQがBQ(行動、人格)を立派に育てていくからだ。これが結果として、強力な自己実現、健康、調和、平安、幸福に繋がっていく。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治