HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 
◆基調論文 その2 (先週号の続き) 貴方の心の内にある【賢者の石】(マイSQ)の高め方、磨き方〜地球村住民(人類)の興亡を左右する!?

●1.賢者の石を高め、磨けばどうなるか〜地球村住民(人類)調和、発展、進化の道


先週号で述べたように、賢者の石、SQ英知には、宇宙の一員として宇宙に調和することの出来るパワーと英知がある。従って、この賢者の石、SQ英知を磨き、高めるならば、人体の中の正常細胞と同じように、強力な自己実現・調和・健康・幸福の道を歩むことができる。これが先週号で述べたシナリオ2、英知SQを資本とする英知SQ資本主義、地球人類、調和、健康、幸福、進化への道である。

逆に、賢者の石、英知SQが弱くなれば、宇宙の一員であるとの自覚を忘れ、宇宙との調和を忘れ、自己本位、利己的に自己増殖を続け、人体の中の癌細胞と同じように、異常増殖、分裂、崩壊、苦悩の道を歩み、やがては免疫細胞により破壊され自滅していく 。これが先週号で述べたシナリオ1、カネとモノの利己的な古い資本主義、自分自身を食い尽くして滅びていくモンスター(怪獣)のような、地球人崩壊への道である。

●2.賢者の石[SQ(英知)]の高め方、磨き方のプロセスを知ろう

1)貴方の内にある人類の至宝、賢者の石[SQ(英知)]はどのようにして高め、磨いていけばよいのだろうか。
2)それは、賢者の石[SQ(英知)]が生成するプロセスを理解すれば、おのずと、解けくる。

3)脳科学、情報科学、精神科学を長年研究してきた私の知識と経験から図解すると生成プロセスは、図のようになる。とても地味で堅実で誰でもできる方法だ。

4)まず、第一段階として、図の下段のように、人間の外側FQ(場)に溢れるデーター(data)の中から、人間は、眼、耳、脳などの感覚器官を使って、選別、洗練し、情報(information)として脳に送られる。

5)脳に送られた情報は脳内で加工、精製、洗練され、脳内で、知識(Knowledge)となる。この段階では、不合理も含んだIQレベルの知識である。

6)この知識は、EQ(心)に送られ、精製、洗練されて、知恵Wisdomになる。知恵は、知識よりは、精製され、合理の純度は増し、量は少なくなるが、まだ、不合理の比率も大きい不純な状態である。EQレベルの知恵と言えよう。
7)このEQレベルの知恵は、厳しい検閲と選抜、精製を受け、僅かな微量の純粋な論理的知恵のみが精製されて、SQ(精神)領域に入る。
8)これがSQ領域に到達したSQレベルの英知(Highest Spiritual Wisdom)である。精製に精製を重ねた100%純度の英知SQ、賢者の石である。これのみが永遠の生命として、中核となっていく。
9)これが、SQ領域内にあるそれまで蓄積した既存のSQ(マイSQ1)と結合し、賢者の石、英知SQを増強させる。

10)以上のプロセスが、賢者の石、SQ(英知)が高まり磨かれ、大きくなるプロセスである。このプロセスから、おのずとSQ英知、賢者の石の高め方、磨き方が分かってくる。主に次の三つである。

●3.賢者の石の高め方、磨き方 (1)選択と集中、学習、努力
上記に述べた賢者の石の生成、精製、加工プロセスを理解し、良質、高度な知識の選別と吸収に努める。良質高度な思考、経験、行動を行うよう努める。それにより、より純度の高いSQをSQ領域に送り込むことが出来る。 つまり、良質、高度な知識、知恵、英知獲得に向けての地道な努力、学習、選択、思考、行動、経験である。

●4.賢者の石の高め方、磨き方 (2)英知SQを支える心・脳・身体(EQ,IQ,BQ)の総合管理

賢者の石、英知SQへの加工、創造、抽出、純化を行う主な加工工場である心、脳(IQ,EQ)や脳を支える身体(BQ)の健康管理向上に努めること。

●5.賢者の石の高め方、磨き方 (3) FQ場のエネルギーの活用

1)以上述べてきたことを、別の言い方をすれば、賢者の石、SQ英知の磨き方は場FQからのエネルギーを活用することだ。
2)FQ(Field :場の力の活用技術・知能)とは何であろうか。それはField(場)、つまり、我々の住んでいる宇宙の力である。我々を取り囲む宇宙、地球、周囲の環境からは、様々な場の力、エネルギー、情報、知識、知恵などが入ってくる。特に、ITネットワーク時代にはそれが容易になってきた。
3)宇宙の一員として宇宙に調和し、このエネルギーを選別し、キャッチしうまく活用できるようにすれば、自己のうちにある賢者の石、英知SQを高め磨くことができる。なお、現代においては、英知時代への過渡期にあり、良いエネルギー、悪いエネルギーが玉石混合している時代だから、その選別に注意を払わねばならない。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治