HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 

●期待されている人ほど、厳しい訓練を受け、純金のような素晴らしいひとに成長していく

1)金の原石は、精錬されなければ金の原石のままであるが、火の中、水の中で、何度も精錬されると、不純物は取り去られ、純粋な部分のみが残され、見事な純金になる。

2)これと同じように、人は、人生の中で、様々な試練の中におかれ、試され、鍛えられ、純金になって、貴い器、貴い人材、貴い人物となって、人と世に貢献出来る価値ある人間になって行く。
このためには世の中で、試練の中を通り抜けなければならい。特に若い時からこのような試練の中を通り抜け克服したものが、この純金になることが出来る。

3)つまり若い時から様々な苦しみの中におかれても、それを乗り越え、この苦しみの中から新たな知恵を得て行く者は、大きな人間、英知あるものになるのである。

4)だから、苦しい時に出会っても、簡単に「自殺するとか」、「死ぬ」などと言ってはならない。その苦しみの中に、自分を鍛える大きなものが入っているのだから。
純金は非常に貴い稀な貴重な貴金属であるように、純金のような人間になるのも、非常に貴重でまれなのである。従って、この稀なるものになるために細心の注意を払っていかなければならい。

5)英知あるものになるためには、様々な段階を克服しなければならない。まず自分なりに真理の言葉を発見すること。しかしこれだけでは足りない。これを消化すること。実践、実行、経験することである。このような様々な試練や経験を経て、人は英知あるものに育って行くのである。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治