HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 

●うつ病を防ぎタフな心を作る〜高速仕事術(速考・速行術)その1

1)先般、[うつ病を防ぐ思考法〜脳科学から見て]という私の論文の中で、触れた高速仕事術の中の[速考・速行術]について説明しよう。

2)速考・速行術は、読んで字の如く、速く考えて速く行動し、短時間で目的に到達できる技術だから、これを仕事や私生活に応用すれば、ルティンワーク(生活に必要な基礎的仕事)の達成時間を短縮し、その結果、自分だけの心を豊かにする時間を確保できる。これを黄金時間(ゴールドタイム)の確保と名づけよう。この黄金時間が、心を豊かに強靭にして、うつ病など様々な病気を防ぐことができる。

3)例えば、仕事の質を落とさずに、仕事の速度を2倍に高速化すれば、60分の仕事を30分で出来るので、余裕ができた30分を黄金時間にすることができるというわけである。

4)速考・速行術の基礎理論として、私は、優れた工学公式、バリューエンジニアリング(VE)の技術を使用している(下記の公式)。これは効率的な生産をするための技術だが、これを生活に応用しない手はない。

V(獲得価値)=F(必要機能)÷C(コスト・時間)

V(Value:獲得価値)=F(Function;必要機能)
              ÷C(Cost:必要コスト・時間)

5)つまり、上記の公式のように、多くのV(獲得価値)を獲得しようとするならば、F(必要機能)を出来るだけ多く、C(必要コスト、時間)を出来るだけ少なくすれば良い。

6)例えば、F(必要機能)を二倍に、C(必要コスト、時間)を短縮して、2分の1(50%)にすれば、獲得価値は2×2=4倍に跳ね上がる。

7)このような公式を日ごろ意識して、日常の仕事や生活に応用すれば、獲得価値はますます多くなり、充実した密度の高い価値ある心豊かな生活をすることができる。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治