HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 

災難を防ぎ、豊かな人生の収穫を得るメカニズム

1)人は、[無病息災、家内安全]を神社などで祈る。しかし、祈っただけでは、その祈りは実現しない。実現させるためにはその実現のメカニズムを知らねばならない。それを知れば、実現は容易に付いてくる。

2)人は、思考したり、行動したりすると、それは原因となり、時が来れば、必ず、結果が出てくる。

3)良い思考や行動をすれば、良い結果を生むし、悪い思考や行動をすれば、悪い結果が出てくる。

4)それは、原因としてのマッチの小さな火が、結果としての、大火となるように、小さな種が、大きな樹になり、実を結ぶように、小さな雨の一滴が集合して、大河、大海になる自然の法則とまったく同じである。
5)思考や行動の中のどんな小さな種でも、やがて、芽となり、樹となり、実を結ぶ。悪い種が悪い実を結び、良い種は良い実を結ぶ。
6)従って、良い結果を生むためには、自分の思考や行動を細心の注意をもって観察、吟味し、手入れし、悪い種は種や芽のうちに、摘み取れば、大事に至ることはなくなる。
7)自分の思考や行動の中で、良い種を見つけたら、よくそれを手入れし、育てよう。それは良い実をたくさん実らせてくれる。
8)これは人の生涯の中で延々と続く。従ってその人の人格は、種の結果に他ならない。

(スライド図解)

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治