HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 

最も価値ある仕事は自分を助け教育すること

1)自分が出来る最も価値ある、しかも、困難な仕事は、自分を助け、自分を教育し、自分を前向きで良心的な価値ある立派な人間に育てることだ。

2)生涯にわたって、親身になって、自分を助け教育して、立派な人間に育て上げることが出来るのは自分しかいない。親も学校も友人も、一時的に助けるのみで、都合で、すぐに見放す。

3)だから、まず、自分を見放さず、自分を助け、教育していこう。そうすれば、他人を助け、教育していくことができる。

4)それにしても、もっとも「身近で身内の自分」を助け、教育していくのは、至難の業だ。自分はなかなか御しがたく、自分勝手で言うことを聞かないからだ。

5)従って、忍耐強く、自分を見放さず、持続的に生涯にわたって、自分を助け、教育していく人が、人生で価値ある成功を収めるのは、当然の成り行きである。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治