HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 

人生は問題集:苦しみの根源は[無知]、苦しみの唯一の解決法は、学びによる[有知]




1)あらゆる苦しみの根源は無知にある。つまり、その原因も対処法も知らないために苦しみや混乱が起こる。

2)だから苦しみの解決法は、学びにより多数の無知部分を一つ一つ解消し、知恵部分[有知]に変化させることだ。

3)この無知部分は人生の中で多数ある。この一つ一つの無知部分を有知部分に変えていく作業が学びである。この学びによって人間は一歩一歩賢明になって進化していく。この解決法は必ずあるから、この意味を知り、忍耐強く一つ一つ解決していく人は、希望があり、必ず成功する。つまり、人生の問題集を一つ一つ焦らずに解いていくことだ。

4)この苦しみと学びの意味が分からないと、人生は不可解になり、希望を失い、苦しみ多く、失敗する。

5)ここで、カナダの素晴らしいサスペンス映画、”CUBE”を思い起こす。人間が、立方体(CUBE)の小部屋が約1万7千もある大きな建物の中に迷い込む。小部屋からの出口は六つある。どの出口が安全か、危険か、知恵を出し合いながら、この大きな建物から脱出するのだ。この映画はサスペンス映画なので、結末は意外だが、実際の人生においては、希望を持って一つ一つ知恵を出して解決していく人だけが生き残り、希望を失ったものは破滅していく。人生もこれと似ていると言えよう。(この映画は息子がビデオを送ってくれた。実に良い映画だった)

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治