HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治

斉藤英治随想 

人生は学びの登山

1)人生とは今より高い高嶺を目指して学び、歩み、進歩する登山のようなものだ。

2)その道には、山あり、谷あり、困難あり、障害物あり、苦労あり、楽しみあり、喜びあり、疲労あり、失敗あり、その人が学び、鍛えるための様々な学びの材料が待ち構えている。
それらは、あなたを教育し、訓練し、強く豊かにするための学びの材料である。だから避けてはならないし、避けることもできない。

3)これらに出会ったなら、それに挑戦し、その対処法を学ばねばならない。学ぶ度に、その人は強くなり進化する。これらを避けると人は進歩することができない。

4)山や谷をいかに切り抜けるか、考え、挑戦し、実践している間に、自分自身の素晴らしい可能性や長所、短所、限界など自分自身が見えてくる。つまり、人生とは、自分自身の発見の旅であり、登山である。
また、周辺の素晴らしい世界も見えてくる。高度が高くなるほど、広い世界が見えてくる。

5)また、目の前に様々な道が現れるが、その中から、高嶺に至る正しい道を選ぶことを学ばねばならない。誤った道を選べば、危険な崖や泥沼、迷い道に入り込むからだ。

6)このように、人生の目的を学びと進化と考えると、登山やハイキングのように、苦労や苦痛も、爽快さ、楽しさに変えることができる。

HOME 健康英知研究所 (旧称  健康英知研究所)代表 斉藤英治