HOME 健康英知研究所 (旧称  )代表 斉藤英治

斉藤英治随想 

斉藤メソッド速読・速観術ver.5はあなたの自己実現と進化の速度を10倍速にする

こんにちは。斉藤英治です。
私は、今から22年前の1985年に速読術に初めて出会った時、知識の宝庫である本を速く理解して読める技術があるんだと感動し、それ以来、自分の必要に迫られて自分自身の速読技術を改良し、この22年間に何千冊という多くの本を読んで、実践してきました。

そして、アウトプットとして、著書34冊、累計64万部(日本、中国、韓国版)を出版し、いま、速読の第二ステージの境地に入りました。それは速読・速観術ver.5です。「速観術」とは、私が創った造語で、書籍を通してだけでなく、世の中の本質や流れを鋭く速く読んで観て、素早く対応、先取りしていく技術です。

第一ステージの斉藤メソッド速読法ver.1-4が科学的速読法のパイオニアとして、全国に普及するのに、数年〜10数年を要したように、
第二ステージの斉藤メソッド速読・速観術が普及するのに、これから、数年〜10数年を要すると思っています。

この第二ステージの斉藤メソッド速読・速観術は、あなたの自己実現と進化のスピードを10倍速にし、いま混迷する日本、世界の進化に貢献する必須の技術と確信していますので、粘り強く、その普及に努めてまいりたいと思います。この読者の中から、世界初のこの画期的な新技術への共鳴者が続々と出てくることを期待しております。

●速読第二ステージ、速読・速観術ver.5はあなたの自己実現と進化のスピードを10倍速にする!

前述の通り、私は、今から22年前の1985年に速読術に初めて出会って以来、この22年間に何千冊という多くの本を読んできました。その中から、自分を非常に進化させるような、何十冊かの素晴らしい本に出会いました。それが速読術を学び、実践してきたことの一番の成果です。

なぜなら、速読術の目的は、本を速く理解して読むことではなく、(これは手段)、速読術によって、多くの良書に出会い、自分の思考を鍛錬し、自分自身を進化させることに、速読術の目的があると思うからです。その意味では、速読術に出会って本当に良かったと思っています。

このようにして、斉藤メソッド速読術は、この22年間の内に、自分自身の必要に迫られて、改良し、ver.1からver.4まで進んできて、技術的にも、世界最先端の速読技術である米国発フォトリーディングを技術的にも超えたので、狭義の速読術としては、一応の完成を見たと思っています。
(フォトリーディング速読型は一種類のみだが、斉藤メソッドは目的別に20種類の速読術がある)

このような速読の研究と実践の中で、書籍や情報などの文字を対象とした速読(つまり、狭義の速読術)の長所も多々ありましたが、同時に、その限界や短所も見えてきたのです。

書籍や情報などの文字を対象とした速読(つまり、狭義の速読術)の長所としては、先人が残してきた膨大な素晴らしい知識にアクセスできるということです。

書籍や情報などの文字を対象とした速読(つまり、狭義の速読術)の短所と限界については、その書籍や情報には、その著者のレベル以上のものが入っていないということです。

いまや、情報洪水の時代、書籍でもインターネットでも、メルマガでも、多数の知識、情報が満ち溢れ、その中には、くず情報、誤った情報などが多数あります。
それらを片っ端から速読していたのでは、時間がいくらあっても足りず、全く時間の無駄になってしまいます。これでは、一見速読のようであっても、非常に効率の悪い遅読です。

つまり、速読の目的が、自分の人生を進化させることにあるならば、世の中や自分の本質や流れを鋭く速く観察し、何がいまの自分にとって価値があるのか価値判断をし、いま、自分に最適な書籍、情報を選別し、吸収し、応用実践する速読術が必要となってきます。これを、広義の速読術、私は速読・速観術と名づけました。これにより、あなたの自己実現と進化、進歩の速度を10倍速以上にすることができます。

HOME 健康英知研究所 (旧称  )代表 斉藤英治