HOME 健康英知研究所 (旧称  )代表 斉藤英治

斉藤英治随想 

ITの進化で見えてきた![SQ(英知)の時代]を先取りしよう!
   
〜個人が直接、宇宙の英知にアクセスできる時代〜

こんにちは。斉藤英治です。
いまや、ITの進化により、ウェブ2.0と連動して、第二の速読術2.0、世の中の本質や流れを素早く読み取る[速世(そくよ)術]の時代、英知(SQ)の時代が始まりました。
つまり、個人が直接、宇宙の英知にアクセスできる時代に突入しています。

●1)SQ(英知)とは何か
SQの最初の提唱者、英国の精神科医、イアン・マーシャルらによれば、SQのSは、スピリチュアル(霊性)のSと、サピエンス(知恵)、ソフィア(知性)のSを兼ねています。
スピリチュアルの意味は、もともとラテン語のspiritusを語源とし、人体などのシステムや組織体に、活力や生命を与える最重要の要素です。
ラテン語のSapienta(ギリシャ語のSophia)は、ホモ・サピエンス(知恵あるヒト)から分かるように、人間の崇高な知恵(英知)を表します。
従って、SQとは、人間に活力、生命力を与えている人間の心の最内奥にある中心本体【英知、良心、志、精神】そのものと言えます。


●2)個人が宇宙の英知(SQ)にアクセスできる時代に

最近のSQ(英知)の研究によって、宇宙の知恵(USQ,ユニバースSQ)の一片が、人間の心の内奥のSQの最内奥に入っていることが分かってきました。(MySQ:マイSQ,人間の内奥自己の神性、仏性)。これが内なる声であり、宇宙の英知からの個人用、携帯電話の端末とも言えます。

また、ITの進化によって、人類みんなが知恵を出し合い、共通の知恵、膨大な知識データバンクを創り上げ、誰でも無料でアクセスできるウィキペディア百科事典   http://ja.wikipedia.org/wiki/
や、誰でも検索して必要な知識にアクセスできるグーグル http://www.google.com/intl/ja/


のような巨大な知識データバンク、ネットワーク(地球規模の記憶の貯蔵庫)がここ数年できて、Web2.0時代に入って来ました。
また、このメルマガやホームページ、ブログで発信した個人の最新の研究発表でも、全国どこからでもアクセスし、獲得できます。これらの現象は、人類の歴史始まって以来の、かつて無かった出来事です。

このようにして、人間の知恵とITの進化が連動して、誰でも宇宙からの知恵とエネルギーを得ることができる時代になりつつあります。これがいま始まっている英知(SQ)の時代の本質です。
誰でも、良心のささやき、内なる声、大いなるビジョン、崇高なる志を聞いたことがあるでしょう。それがITの進化によって、より正確、精密になってきたと言うことでしょう。それが現代におけるインスピレーションであり、宇宙からの知恵なのです。

SQ(英知)を高めれば、ビジネスパースン、経営者やその会社も、宇宙や地球の流れに乗ることが出来るので、当然、宇宙はあなたや会社を支援し、地球人類とともに永続的にますます発展することが出来ます。

●3)宇宙ガイヤ(共同体)の流れに乗って発展する

このように、今は、インターネットやメディアの発達、進化により、宗教や既定概念を経由しなくとも、誰でも個人的に、自由に宇宙の英知にアクセスでき、獲得できる英知(SQ)の時代に入ってきたのです。つまり、IT技術の発達等により、地球人類にとって初めてのような壮大な宇宙ガイヤ(宇宙生命体)の構造が見えてきたのです。(上図参照)

つまり、宇宙の中心に宇宙の英知(USQ,ユニバースSQ)があり、我々個人は、MySQ(自分自身のSQ携帯端末)でつながり、ネットワークを形成する宇宙ガイヤ(宇宙生命体、宇宙共同体)というモデルです。このようにして、人類はみな兄弟、仲間になって、宇宙の方向、愛と進化と創造に向けて進化して行くのです。

ただ、地球の現状では、いまは、宗教や固定概念の古い時代から、英知の時代への移行期、過渡期ですから、英知ある人々だけでなく、様々なニセ預言者、霊媒師、占い師、利己的で悪意ある者なども出てくる玉石混交の時代でもありますから、悪者に騙されないように充分気をつけましょう。
そして、良書やネット検索など最新メディアや機器を活用しながら、日々楽しく勉強し、自分自身のSQ(英知、良心、志、精神)を強め、内なる声に耳を傾けましょう。これらに注意しながら、宇宙の英知を各自が獲得して行きましょう。

HOME 健康英知研究所 (旧称  )代表 斉藤英治