HOME 健康英知研究所 (旧称 ) 代表 斉藤英治

斉藤英治随想 随想の目次

●知能指数の最高峰、英知指数(SQ)を上げる最高のツールは読書、速読

────────────────────────────────
知能指数の最高峰、英知指数(SQ:Spiritual Quality)を上げるその第一は、良書を読むことだ。書籍が人類が集積してきた知恵の集大成である。本が、廃れてきたということも言われるが、それはうそである。書籍の中にこそ、ダイヤモンドのような素晴らしい高度な知識が入っているのである。

このスピードと情報過多の時代、読書技術の中でも、短時間で良質の知識を獲得できる速読技術は知性ある現代人に必須のツールといえる。


国会図書館には、1200万種類の書籍が集積されているという。その中から書籍を選び、ダイヤモンドのような知識を入れると、いまさまざまなダイヤモンドのようなアイデアが脳より出てくる。

テレビ、インターネット、最近では、メルマガ、プログなどなど、多数のメディアがあるが、その中で本ほど、高度にまとまった知識が集積されているものはない。だから、賢いものはまず、本で、専門性を養い、その上で、メディアを見ると、メディアの中に宝物が見えてくる。私自身も新しい考え、SQ、に出会ったのも、この本によるものではないか。

書籍は、人類が、これまでに遺してきた知識の宝物である。
本は、その分野の専門家が、自分の知識を集約して、多大の時間を総動員して、書いたものであるから、その分野での専門的知識が、整理されて、一冊の本にまとまって描かれている。230ページ程度の形になるのである。

テレビにしても、新聞でも、確かに、いろいろな情報が入っているが、多数の人が、記事をまとめたものであり、散漫情報なのだ。インターネットもそうである。本は知識の塊であるから、まず本で専門知識を養い、そのあとで、インターネット、新聞などを見れば、その中には、クズ情報の中から、宝物に見えてくるわけである。したがって、多数の書籍の中から良書を選び、それを吸収するとき、SQがあがるのである。

それは栄養の体の吸収、異化、同化、排泄、運動に似ている。
体の健康は栄養と運動により上げられるように、SQは良質の知識の吸収、異化、同化、それに基づいた運動(表現)によって高められる。


随想の目次

HOME 健康英知研究所 (旧称 ) 代表 斉藤英治