HOME 株式会社  (代表 斉藤英治)

私(斉藤英治)の日常生活

私は、今65歳。5年前に自分の会社を起こし、かなり自分に自由にやりたいことをやる憧れの気ままな生活をすることができるようになった。会社の拘束から離れて。

生活リズムの基本は、分割睡眠だ。これは、別の拙著で詳しく述べるが、夜の8時に早々と寝てしまう。その前に、またレンタルのDVDビデオで世界の映画を毎日、30分ほど見て、8時に寝る。約5時間寝て、そして自然に深夜1時に起きる。暖かいコーヒーを飲んで、1時から5時まで4時間たっぷりと、自分の最も興味がある部分の勉強し、読書をし、そして気が付いたとこの文章を書いたり、絵(速考マップ)を書いたりする。英語や独逸語の原語で原著も紐解く。この時間が最も自分の楽しい黄金の時間である。

それから5時から6時まで寝て仮眠を取り、朝6時からは仕事ビジネスを始める。
朝7時からニュースを見ながらラジオ体操をする。

朝6時から朝10時までの4時間仕事をする。朝10時頃になると疲れてくるので、10時から11時まで朝食と昼食を兼ねた食事の時間。そして午前11時から12時まで仮眠をとる。

こうして睡眠時間は7時間である。正午12時からニュースを見ながら仕事にとりかかり3時まで仕事をする。つまり仕事時間は7時間である。自分の朝の黄金時間の研究時間は4時間であるから、合計11時間、仕事と研究していることとなる。

午後3時からは自由時間にしている。週に2回はスポーツセンターに行く。その中で、週に一回は、入念な柔軟体操の後、水泳500メートルを泳いでサウナに入る。そして、20分の電動椅子マッサージで全身をマッサージ。
週に一回は、スポーツジムで、ストレッチ、バイク、8種類の筋肉トレーニング、5種類、マッサージ、サウナで汗を流す。
また週に1回はカラオケ喫茶に行き喉と音感を鍛える。

週に1回は、自宅で電子ピアノを弾き、ショパン、モーツアルト、バッハ、ベートーベンの曲を電子ピアノで弾く。作詞、作曲もパソコンで練習している。将来は、シンガーソングライターになり、歌手デビューしたいのが夢である。

毎週、土曜日はワイフと近くの映画館に映画を見にいく。
毎月一回、小旅行にワイフと出かける。
友よ、これが私の一週間のメニューです。

HOME 株式会社  (代表 斉藤英治)