HOME 株式会社  (代表 斉藤英治)

脳と心の健康医学

●人間の三大知能指数、知性(IQ、EQ、SQ)を向上させるには
────────────────────────────────
■IQ:左脳的知能指数 Rational intelligence
合理的な知性(理性)左脳的IQ(我々はモノとカネの世界で生きている。モノの多くはカネで買うことができる。食べ物もテレビも新聞も本もパソコンも、情報や知識を運ぶとはいえ、モノであり、カネで買うことができる。逆に言えば、カネがなければ我々の文化を支えることも出来ないし、これらのモノも買うこともできない。したがって、現代文明の恩恵を受けるためには、これらのモノやカネを賢明に獲得し、扱う知恵を習得しておかなければならない。この知恵が、IQである。つまり、合理的な、論理的な、左脳的な知恵である。

■EQ:Emotional intelligence感情的な知性(感性)右脳的
これに対して、EQは、人間関係、人間で構成される社会関係を良くする知恵ともいえよう。つまり、企業や社会、地域、国家などのグループや組織での共通の目的に対して共に働き、互いに信頼して、共通の利益のために共に働く能力である。そのためにはお互いを理解して、信頼しあい、そして互いに責任を負いあい、他人を理解する能力を持たねばならない。これがEQである。

■SQ: Spiritual intelligence精神的な知性(悟性)全脳的
これらの根底にあるのが、SQであり、我々の人間の究極の目的や価値の探求という根底に立っている。究極の目的や価値が分からなければ、カネやモノや人間関係なども本来の意味や価値を失う。このSQがあってこそ、IQもEQも大きな意味と価値を持ってくる。IQやEQだけでは、人類は地球の資源を食いつくし、やがては滅びるモンスターに過ぎなくなる。
我々が持続可能な、しかも日々進化向上する社会をつくるためには、SQを根底とし、EQとIQの三つの知性を調和させながら、この三つの知性を総合的に引き上げていくことが必要となる。

※上記のIQ,EQ,SQの関連スライドと斉藤英治講演要旨は下記ホームページにあります。
http://esaitou.c.ooco.jp/050224igaku.htm

HOME 株式会社  (代表 斉藤英治)